FC2ブログ

「孤独のグルメ」Season2について~「池袋のデパート屋上のさぬきうどん」

時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たす時、つかの間、彼は自分勝手になり、「自由になる。

誰にも邪魔されず、気を使わず物を食べるという孤高の行為。

この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。


「孤独のグルメ」Season2 は、水曜の深夜23時58分から「テレビ東京」で放映していた番組。

いつの間にか12/26(水)で最終回が終わってしまったが、何かすごく共感される番組でした。

原作はマンガで、個人で輸入雑貨商を営む男“井之頭五郎(いのがしら ごろう)”が、商用で日々いろいろな街を訪れ、そして一人、ふと立ち寄った店で食事をする。

そして、言葉で表現できないようなグルメに出会う、その役を「松重豊さん」が演じています。

ひたすら主人公の食事シーンと心理描写をつづり、ブツブツひとりごとを言いながら、実際に食事をし、店も実在するお店。

決して高級料理でなく、お店も街の食堂のランチを中心としたメニュー。

この主人公、酒が飲めない下戸で、甘味処で「あんみつ」とかもいいおっつぁんの男が1人で食べている光景。

酒が飲めなくて、甘い物が好き、これもすごく境遇が似ていて好感が持てるんです。

ただ酒が飲めなくても、居酒屋風の店に入って色々な料理を注文して食べる。

これ、今迄本当に憧れていた世界なんですよ。

で、今後は同じく営業中に食べた昼食を中心に、そのメニュー、お店も今後自分なりにブログとかFBで紹介しようと思ってます。

番組は、年明けに再放送をやるようでかなりの人気番組になっているので、「Season3」として新たに放映されるのは間違いないでしょう。


コミックの16話でも舞台になっていた「池袋のデパート屋上のさぬきうどん」。

ここ職場の近くなので時々行ってます。

お店の名前は「かるかや」

この日は、午後夕方に近い時間帯でしたが、「おろしうどん」400円を。

こしがあって最高に旨い麺です。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

昼どきに行くといつも行列していますが、この時間帯は空いていました。

コミックに登場した時より、店のつくりが新しくなってます。

周りにも何件かの飲食店があったと思ったのですが、今はこの1軒だけ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ただ真冬のこの時期は、風が吹きすさぶこの屋上ではとても長い時間居られない。


この味であれば、デパートのレストラン街の中にあっても絶対に勝負出来ると思うが、我々にとってはいつまでもここにあって欲しい店の1つです。


Category: グルメ そば、うどん
Published on: Sat,  29 2012 23:52
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

oyanini  

2. Re:無題

>NICERUNtotoさん
元ボクサーと言うのは聞いた事がなかったが、今までず~っと脇役で、この番組が唯一主演になったとの事です。

2013/01/02 (Wed) 01:58 | EDIT | REPLY |   

NICERUNtoto  

1. 無題

この番組、すっごく気になってて、
一回だけ録画して貰ってみましたが、一回だけでした(;_;)
何故、一回だけかは、事情が長くなりますが、
簡単に言えば、
「チャンネル権がない」
この俳優さんすきなんです。確か元ボクサー、チャンピオンですよね(^-^)

2012/12/30 (Sun) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.