FC2ブログ

第2回大阪マラソン 「浪速」地区~「西成・住之江地区」

20km、ハーフの距離を過ぎると以前は30km過ぎに必ずやってくる、倦怠感に必ず見舞われます。

前はペースが落ちても何とか我慢をして耐えしのんだのですが、フル以上を走るようになってからは、必ずエイドで止まって少し休みながら、無理に走らずにゆっくりと歩くクセがついてしまって、これを脱却することは出来ません。

30km過ぎると不思議に、前回の「湘南マラソン」でもそうでしたが復活してきます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

3回目の折り返し地点。「恵美須町駅」付近、本来はこの辺から「通天閣」が目の前に迫ってくるのだが、ビルがじゃましたのか自分でもウッカリ気がつかなく通り過ぎてしまった。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

今回どこのエイドでもボランティアのスタッフには、励まされ、元気を貰う事が出来た。

特に女子高生、女子大生風のスタッフに声を掛けられると、おじさんランナーは思わず鼻の下が長くなります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「新今宮駅」付近から「JR環状線」を過ぎると、周りの雰囲気もガラッと下町風に変わります。

「南海高野線」のガードの下をくぐり、この辺りは30km手前のず~っと直線コースなので特にめげてしまいますが、下町の商店街の買い物帰りのいかにも「大阪のオバチャン、オジチャン」という感じの方が沿道から応援してくれて、励まされます。

普段のレースでも飴は、かえって喉が乾いたり、息が詰まったりするので舐めないのですが、「おにいちゃん飴持ってって~」と強引に手渡しされると、受け取らずにいられなく「お父さん」でなく「おにいちゃん」という声掛けに、つい手を出してバックパックのウエストポケットについ10個近く溜まってしまった。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

国道26号線、西成区。

この辺は雰囲気が良く、大阪のディープな雰囲気が味わえそうな感じの界隈。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

パチンコ屋も多いが、その先の「スーパー玉出」の看板、これはこの界隈にある有名な激安食料品のスーパーマーケット。

この辺の地名が「玉出」という事で納得。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここから国道から離れます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

30km過ぎ地点。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この辺から、かなりのランナーは中央分離帯、ガードを使って立ち止まりストレッチをしている風景が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

32km地点、不思議とこの頃から膝、脹脛の痛みが消えてきますが、周りのランナーが歩いているのでつい釣られて歩いています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

続きます・・・・・・。
Category: 大阪マラソン
Published on: Sat,  01 2012 23:20
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.