FC2ブログ

磐梯山 登山(猪苗代登山口ルート) 山頂到達 

「磐梯山」は、活火山。

「猪苗代」側からの南の表磐梯から見る山体は整った形をしているように見えるが、北の裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しい姿を見せてます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


「黄金清水」、この清水が冷たくておいしい。

ただ飲みすぎて帰りの下りでは、お腹が痛くなってしまった。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「天狗岩」付近ここから「渋谷登山道口」、「川上登山口」、「裏磐梯登山口」との合流点。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

いままでほとんど人がいなかったのが、急に登山者が増えてきた。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「弘法清水小屋」、この先に「岡部小屋」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「八方台登山口」とここで合流して頂上ルートへ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この辺から雲がどんどん下から湧いてくるような感じ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここの頂上ルートは渋滞、「猪苗代ウルトラマラソン」Tシャツ着てたランナーとすれ違い、やはり同じ考えの方がいた。

声掛けようと思ったら、あっという間にすれ違い。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

そしてやっと「磐梯山山頂」に到達。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

正確な山頂ポイント。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

山頂からの風景、雲が覆われてきたのでここから「猪苗代湖」の全景が見えず。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

山頂にも小屋があって、飲物とか売っています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


山頂までは、4時間以上かかってお昼過ぎでしたので、昨日レース後に貰った「黄粉の餅」と菓子パンで昼食。

下りは同じルートを引き返したので、同じ光景。

上りよりは多少時間短縮できたが、下りもきつかった。

下りですっかりと足の爪をやられてしまい、今でもズキズキ痛む。

筋肉痛は直に回復しましたが、やはり登山には本格的なトレッキングシューズと下りに重宝しそうなストックが必要だとつくずく感じました。

やはり山はゆっくりと周りの景色を楽しみながら、歩くものだと認識した登山でした。
Category: 登山、トレッキング、トレイルラン
Published on: Thu,  20 2012 23:56
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.