FC2ブログ

第7回磐梯高原猪苗代湖マラソン 55km地点~ゴールまで

ウルトラマラソンの50km過ぎ、「ランナーズ・ハイ」が訪れるのもこの頃で明らかに40km手前を走っている時より体は楽です。

なのでフルマラソンは何回走っても必ず「30kmの壁」は、訪れるのでフルマラソンの苦しさからは、ウルトラをいくら走っても逃れられません。

ただ今回のレースは、最初からペースを変えずゆっくりと、山の登りはほぼ歩き、後半も歩いている方が明らかに多いのでここにきてもまだまだという感じでした。

というのも他のウルトラレースは、必ず「関門」があります。

4月に挑戦した「富士五湖チャレンジ100km」では、70km手前で強制的に収容されてしまいました。

このレースも100kmコースでは、関門が3つあるとの事でしたが、65kmコースでは56.5km地点の「志田浜」の17:00のみ、つまり12時間です。

なので今回は余裕、でも100kmコースの方でも明らかに関門の制限時間過ぎても走っていた方何人もいたような・・・。

この大会は、聞く所によると制限時間過ぎてもバス、車にはよっぽどの事が無い限り収容してくれなく、記録が出ないだけで、後はゆっくり歩いて帰ってくださいと案内されるようです。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「志田浜」エイド。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここには今回「メロン」が、「スイカ」に次ぐ好物なのでここでも立て続けに5切れぐらい頂いた。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この辺からの常に前方には「磐梯山」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この辺はあたり一面、稲穂か蕎麦畑。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

残り5km地点。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

遥か向うにゴールの「リステル猪苗代」の建物が見えてきてますが、ここからがさらに長く感じる。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この辺りではpm14:00にスタートした、ハーフの先頭ランナーにも抜かれてしまいました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

残り2km地点。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここからゴールまでは、すべて登り。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

フルマラソンのランナーの方もすべて歩いています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ゴール手前は、昨年はこんなににぎやかでなかったのに、太鼓の歓迎も。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ゴールゲート、右の電光掲示板が時刻、左がタイム、朝5時にスタートとして10時間40分でゴールです。

昨年は9時間52分だったので、相当ゆっくり、制限時間13時間でこの後も100km,フル、ハーフのランナーが続々とゴールするので、不思議に遅かったのを感じませんでした。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

着換えて(直そばが部屋なので)タワーの大浴場で一風呂浴びて、再びゴール付近に行ってみると、まだまだこれからゴールをする方が結構いる。

100kmのみならず65kmの方もぎりぎり13時間少し前にゴールされている方もいました。

制限時間13時間は、100kmの方にはきついが65kmの方にはたたっぷりなので、初ウルトラ挑戦の方にもいいレースかもしれません。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ゴールした時に気がつかなかったのか、こんな「お餅」のサービスもありました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

今年は、このようなムームー姿のフラダンサー(ちょっと人生のベテランさんでしたが)お迎えもありました。

ただ終了の30分前ぐらいには引き上げてしまいましたが・・・。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

今年はスタートから最後まで天気に恵まれ、ただ暑さはハンパでないですが、大自然を満喫出来、いたれつくせりののんびりとした温かい大会です。

少しでも東北の復興を願って、今年2回目の参加でしたが最高のマラソンレースです。

以上でコースレポート終了しますが、是非お勧めしたいレースです。

コースレポは、昨年(2011年)も含めて併用して参考にしてください。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

では、来年も会場、またコースでお目にかかりましょう!!
Category: 磐梯高原猪苗代ウルトラマラソン
Published on: Sun,  16 2012 22:09
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

oyanini  

2. Re:無題

>NICERUNtotoさん
いやぁ~あのゴールを目の前にしての折り返しは、醍醐味と言うか、「いじめに耐え抜ける根性を持っている方」でないと無理かと思ってます!!

2012/09/19 (Wed) 00:22 | EDIT | REPLY |   

NICERUNtoto  

1. 無題

レポート、お疲れ様でしたm(__)m
私はほぼ何も覚えていないので、思い出しながら読ませていただきました、が、思い出せない景色も…
流石にエイドは全て思い出せますけどね(^m^)
あの、ゴール地点を過ぎての折り返しがこの大会での醍醐味です。是非体験してみてください!

2012/09/18 (Tue) 12:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.