FC2ブログ

ゲータレード GATORADE 「RUN」

より早く、より長く走れたらうれしい、もっと走れたらもっと楽しい。

「ゲータレード」と言うと、「ホノルルマラソン」の公式飲料で、2007年、2008年に参加した「ホノルルマラソン」でのレモンライム味が今でも忘れません。

個人的にはアメリカンぽくて好きなのですが・・・。

今迄、販売はしていても日本ではどうしても目立たなく、たまにあってもどうしても他の「ポカリスエット」、「アクエリアス」などには1歩も2歩遅れていた感じだったが、ゲータレード「RUN」何となくブレイクしそうな予感。

飲んで見た感じ、甘くもすっぱくもなく良かったです。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ゲータレードの誕生の歴史 (ゲータレードのサイトから引用)
------------------------------------------------------------------------------------------

1960年代中頃、フロリダ大学のアメリカンフットボールチーム「フロリダゲーターズ」は、 チームの成績不振にあえいでいました。そのためゲーターズのアシスタントコーチは、 同大学泌尿器科専門医教授で友人でもあるロバート・ケード博士に「成績向上のためにはどうすれば良いのだろう?」と相談を持ちかけました。

その後約2年間、ゲーターズの選手たちはロバート・ケード博士の研究に全面的に協力しました。 ケード博士は、運動中に失われる成分とその量を幾度となく測定し、それを補うための試作品を完成させました。

世界で初めてスポーツドリンクが誕生した瞬間です。

ロバート・ケード博士はゲータレードの組成を完璧なものとするために、 数え切れないほどのテストを行いました。その結果、ゲーターズは後半に逆転勝ちをおさめることで有名になり、 「Second-Half Team」と呼ばれるようになりました。

1967年、約73000人もの観客が詰め掛けたオレンジボウルの決勝戦においては、見事後半戦で点差をつけ優勝を勝ち取りました。 決勝で対戦したジョージア工科大学のヘッドコーチ ボビー・ドッド氏は、スポーツ イラストレーテッド誌において次のように述べています。

「私たちにはゲータレードがなかった。それが敗因です。」と。

------------------------------------------------------------------------------------------
Category: ランニング
Published on: Wed,  23 2012 22:47
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.