FC2ブログ

東京の下町散策 日暮里~谷中界隈、「天王寺」

先月走った「東京夢舞マラソン」のコースで、「東大」の脇を通り、「根津神社」、「谷中」、「上野」に抜けるルートがあり、今までこの界隈には来る機会がなく、古い町並みなんですがすごく新鮮に感じ、絶対に今度ゆっくり写真を撮りながらじっくりと廻ってみたいコースでしたので・・・。

早速「日暮里駅」の北口に降りたのは、(山の手線の外側は、「東京喜多マラソン」に参加した時に「舎人ライナー」に乗って「扇大橋」まで行ったので、すでにその時を含めて降りたことはあったのですが、)初めてでした。

まずは陸橋の上から、電車の写真を。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ちょうど「山手線」、「京浜東北線」そしてその向うから「北斗星」が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「谷中墓地」の中を通り「天王寺」へ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「天王寺」というお寺が東京にあること自体知らなかった。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

以外に大きいお寺で、中にはこんな「大仏様」も。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

実はこのお寺、以前は「五重塔」があったのですが火災で全焼して無くなってしまったのです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

今はその跡地が公園になっています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

その「五重塔」跡の隣に、「天王寺駐在所」があります。

丁度、警官の方も前に出ていました。

実はこの「天王寺」の存在を知ったのが、直木賞も受賞した佐々木譲の「警官の血」という小説の舞台になった場所なのです。

この物語はTVドラマでもやりましたが、親子3代にわたる警官を描いた物語で上下2巻、以前ブログでも紹介しました。

ちょうど1代目の警官の方が、この昭和32年の「天王寺五重塔」の火災の際にある人間に殺されてしまうのですが、その子の2代目の警官もこの「天王寺駐在所」に在職中に殉職し、さらその子の3代目が警官になりやっと犯人を追及するという物語で、他にも色々な展開があり読みごたえがありました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この駐在所の前の通りが「さくら通り」そして横の通りが「ぎんなん通り」です。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この界隈は、本当に古い家並みが沢山残っています。

これが東京の「山手線」内の景色かと思うような光景があちこちにあります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

再び「谷中墓地」の中に入って。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この辺りは、「寛永寺」の管轄。

徳川一ツ橋家代々のお墓。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここが最後の十五代将軍「徳川慶喜」のお墓。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


Category: 旅ラン,旅ウォーク
Published on: Sat,  12 2011 18:30
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.