FC2ブログ

ホノルルマラソン旅行記 3

今日も朝から雨が降ったり止んだりの天気です。


06:30ぐらいに起きてまずは2Fのラウンジからコーヒーを取って

きて、昨日買ったレイナードのマサラダと普通のドーナッツを食

べてから、アラワイ運河沿いの周回コースをランニング。


さすがに日本人のランナーが増えて


5.3KMのコースを31分25秒かけて走りました。


ホテルへ戻り、シャワーを浴びた後荷作りをしてEWA HOTELを

チェックアウトしました。


本日から大会の翌日までは、AMBASSADOR HOTELに泊まり

ます。荷物(バックパック)を背負って自転車でホテルを移動し

ました。


AMBASSADOR HOTELに着いて、荷物のみを預かってもらおう

と思い可能なチェックイン時間を聞くとNOW OKとの答えです。


早速部屋に入って荷物の整理をすると洗濯物が溜まっているの

に気が付きました。外も雨が降ったり止んだりしていたので、

ホテルのコインランドリーにて洗濯をしていました。



TRANNING


いくら天気が悪くてもずっとホテルには居られない性格ですので、

洗濯が終わり次第アラモアナ方面に自転車で向かいました。


チェックしてあったLIKE LIKE DRIVE INNにて昼食を取ろうと思い、

カウンターの席に座りましたが、隣の人がフライドライスを注文し

て食べているのが旨そうだったので、同じフライドライスとコーヒー

を注文しました。

$7ちょっとだったと思います。


TRANNING

TRANNING


昼食後は、ドンキホーテ、WAL-MARTなどを覗いてから

アラモアナ公園を一周した後、一旦ホテルに戻り、ルアウ

(マラソンの事前パーティー)が16:00からカピオラニ公園の

ワイキキシェルで開催され、日本からエントリー時に申し込

みをしておいたので参加しました。



TRANNING

TRANNING

TRANNING


受付でチケットを見せて中へ入ると、使いすての雨カッパを配っ

ていました。これが相変わらず雨が降ったり止んだりの天候で、

大変役に立ちました。


まずはテントの前で、食事券を見せると発泡スチロールのプレ

ートを渡され後はボランティアの高校生ぐらいの子が色んな

料理を盛ってくれます。クリスマスソングを歌いながら雰囲気

を盛り上げて給仕してくれています。この料理は後で何回で

も取りにいってもよいのですが、私は2回まででした。


ミネラルウオーターのボトルと缶のジュースは、会費に入っ

ていますがアルコール(ビールのみ)は有料です。買う際も

身分証明が必要で、噂によると40歳以上でないと購入でき

ないとも聞きました。


私は一切アルコールもタバコも飲みませんので関係がなか

ったですが、昨年からの禁煙法が施行されているにも関わ

らず、ホテルの部屋など室内では一切タバコは吸えないと

の事ですが、外では結構吸っている人を見かけましたので

思ったより厳しくはなってないという感じです。


むしろアルコールの制限の方が厳しく、ビーチ、公園などの

公共の場では一切だめ、購入する時も身分証明がなければ

駄目です。


レストランなどで夜食事をしていても回りはアルコールを飲ん

でいる人はあまり見かけませんでした。飲みたい人は後でバー

に行って飲んでくれという事です。


私は飲まないので批判されるかもしれませんが、アルコール

に関しての制約も日本でももっとしても良いと思います。禁煙

の制約が先にいってしまい酒は許されるという風習が根ずい

てしまい。飲酒運転などの事件が多発している原因になって

いるのではないでしょうか。


TRANNING

TRANNING

TRANNING

TRANNING

TRANNING


食べながらステージでは、ハワイアンミュージックから始ま

り何ともおじさん族には嬉しい懐かしのCECILIO&KAPONOの

登場です。学生時代ロックが好きでサーフィンを始めた頃に、

サーフミュージックといった他にもKALAPANA,PABLO CRUSE

なども良くききました。


走り初めてから、IPODなどでまた70年代から80年代のROCK,

POPSなどを最近常に聞くようになりましたので、懐かしさから

感激しました。


その後のポリネシアンカルチャーセンターのポリネシアンショ

ーも良かったですが、何といってもウクレレプレイヤー、ジェイク

・シマグクロの演奏です。ウクレレというだけでハワイアンミュー

ジックだけを想像しますが、その概念を打ち破ったむしろROCK

に近いフュージョンミュージックです。JEFF・BECKのギターの

ような演奏とビートルズナンバーのSOMETHING、WHILE MY

GUITAR GENTLY WEEPS(いずれもGEORGE HRRISONの曲)

は圧巻でした。もっと聞きたかったです。


本人も昨年はマラソンに参加されたようですが、今年は走らない

ようです。


結局最後の20:30までいてホテルに帰りました。



TRANNING

TRANNING


TRANNING

TRANNING

Category: 2007 ホノルルマラソン,旅行記
Published on: Fri,  07 2007 11:07
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.