FC2ブログ

「曼珠沙華の花(彼岸花)」 妖しい花

彼岸花:ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。

田んぼの畦道などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるため、お彼岸の頃に咲く花として親しまれています。

「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味。

おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ている。

秋の彼岸と時を同じくするかのように開花する彼岸花は、あの世とこの世が最も通じやすい時期に咲く花でもあります。

お彼岸に咲き、昔は土葬をモグラや野ネズミなどから守る意味もあって墓地などによく植えられているため、「死人花(しびとばな)」「地獄花(じごくばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」のようなちょっと怖い呼び名もついています。

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」などと呼ばれています。

その反面、でんぷんを多く含んでいるため食用可能でして、毒は水にさらすと抜けるため、昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて食用にすることもあったそうです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn
Category: 花、生物の写真
Published on: Tue,  04 2011 21:46
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

oyanini  

2. Re:無題

>“邪王”さん
今週いっぱいが最盛期でしょう!
顔振峠とかの上の方に行けば、まだ咲いているのが見れるかも・・・です。

2011/10/05 (Wed) 14:01 | EDIT | REPLY |   

“邪王”  

1. 無題

曼珠沙華・・・私が行くころにはもう咲いてないんですよね~(´_`。)

2011/10/04 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.