FC2ブログ

トルコ旅行記 2011 03 24 7日目 イスタンブール 2

街角や観光地の屋台や立ち売りで見かける、ゴマ付きパンの「スィミット」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

かじりながら歩いている人結構見かけました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

これも名物の100%の絞りたての「ざくろ」のジュース。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この日の午後からは「トプカプ宮殿」へ。

入口の「皇帝の門」の前には自動小銃を持った兵士が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

15世紀にイスタンブール(当時はコンスタンチノーブル)を征服したメフメット2世が建設し、歴代のスルタン(オスマン帝国の皇帝)が増築しながら約400年にわたって居城とした。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

小学生にしては少し大きめなので、恐らく中学生の「社会科見学」のグループがあちらこちらに。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「アヤイリニ教会」、「バービュス・セーラム」、「陶磁器展示室」、「アフメット3世図書館」、「衣装展示室」、「聖遺物の間」とかあり、中にはすごい装飾品、家具などがありましたがすべて撮影禁止。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここも本当は撮影禁止だったらしいが、ついうっかりとという事に。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「ソファ・ジャミ」の前がテラスと屋外レストランになっていて、「マルマラ海」から「ボスポラス海峡」、そこから「アジア側」、「新市街」が一望に眺められます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

うっすらと見えるのが「ボスポラス大橋」、船が右が「アジア側」から左の「ヨーロッパ側」にゆっくりと横断しています。

今この下に「海底トンネル」工事中。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

バスに乗る前に、カメラを向けると子供達が笑顔で・・・。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

こっちは小学生の高学年ぐらいか・・・。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

続いて「グランドバザール」へ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

色々なお店が所狭しと並んでいます。

随分前の上野の「アメ横」を規模を大きくしたようなもの。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

様々な商品を隙間なしに並べているのは見事です。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

入口の「焼きトウモロコシ」、買って食べたがちっと固かった。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この日の夕食は、早めに店の前にテーブルが並んだレストラン街にて。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

シーフード中心に石焼鍋に煮込んだもの。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

名物の「トルコアイスクリーム」おじさん。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

最後のホテルは、イスタンブール新市街のちょっと離れた場所。

GRAND CEVAHIR HOTEL ( グランド ジェバヒル)

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

場所は中心街から離れていますが、建物は新しいので部屋の内装もきれいです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

今回トルコのホテルは、どこも外れがなくどのホテルもそれぞれ特徴があって良かったです。

5星でもシャワーのみの処もありましたが、ちゃんとガラスの扉とかがあって問題ありません。

バスタブがどうしてもとか、必ずリクエストするのは日本人ぐらいだそうです。

あとどうしてもツインベットというのも日本人のみ。

特にヨーロッパのホテルは、どこもダブルベッドの比率が多いので現地の旅行会社は事前にホテルにリクエストを上げるのに苦労しているようです。

ちなみに韓国人は、仲の良い女性同士、男性同士でもごく普通にダブルベッドに一緒に寝るのがあたりまえの風習ですので、それがどうしてもいやなら部屋を別々に取らなくてはだめです。
Category: 2011トルコ旅行
Published on: Sat,  25 2011 22:41
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.