FC2ブログ

「シンメトリー」 by 誉田哲也

久々に読書の記事ですが、「シンメトリー」少し前に読み終りました。

最初は短編集と思わず文庫本を買ったが、7本の短編集でしたがやはりその中でもタイトルの「シンメトリー」が一番衝撃でした。

これで「誉田哲也」の作品「ストロベリーナイツ」、「ソウルケイジ」、「シンメトリー」と立て続に読んで、今デビュー作の「妖の華」を読んでいます。

上記はどれも結構「エグイ」描写が多い作品ですが、読み手の心をぐいぐいと牽引する力を持つ推進力、「リーダビリティ」があります。

「リーダビリティ」とは文章を読みやすくするという意味で、これを演出する為に作者誉田氏は、

1,「比喩表現に懲りすぎないこと」

2,「ひとつひとつの文章を短めにすること」

3,「キャラクターの緊迫感や焦りを、そのままのスピードで伝える配慮をすること」

この3点を解説して、本人は「毎回最高の一作を書こうとは思っていないんですよ」との事です。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


いずれも警視庁捜査一課、警部補・姫川玲子が活躍するシリーズ。

引き込まれます!!
Category: 読書
Published on: Thu,  26 2011 23:13
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.