FC2ブログ

トルコ旅行記 2011 03 21 4日目 パムッカレ~コンヤ 2

パムッカレ観光後、約410kmの行程をバスで「コンヤ」の街を目指して。

車窓は牧草地帯がどこまでも。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

遥か向こうの山々にはまだまだ雪景色が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

途中のドライブイン兼レストランで昼食。

入口の前でおばあさんと孫という感じですが、この日多少寒いという感じだったのですが、何か厚着しすぎでいまにも転がってきそうな、ロシアのマトリョーシカを彷彿させるかわいい女の子。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

今日の昼食はトルコ風ピザ(ピデ)

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

レストランの前の駐車場の先にロバに後向きに乗ったこのような像が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

コンヤの市街に入ってまず訪れたのが「メブラーナ博物館」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

コンヤは11~13世紀セルジューク・トルコの首都が置かれていた町。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

イスラム神秘主義教団「メブラーナ教」の発祥の地。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

旋舞教団として有名なメブラーナ協の始祖「メブラーナ」が祀られている。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「コンヤ」の街中、市電も通っていて大きい街です。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「インジェ・ミナーレ」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

外からのみだったが、インジェ・ミナーレとは「細い尖塔」の意味。

イスラム教の神学校で、細かい浮き彫りの彫刻が繊細。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この日の宿泊 「ホテル デデマン HOTEL DEDEMAN KONYA 」

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ホテルの入口に、ぐるぐる回るメブラーナの踊り「セマー」の回転ドア。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ホテル内の照明も豪華。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

客室もゆったりと広め。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ホテルの目の前にはショッピングセンターが。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

日本のショッピングセンターモールと全く変らない規模。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

むしろ野菜、果物、肉などの食料品は、日本より豊富にあったみたい。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ホテルに戻って夕食、この日はコース料理。

メインを撮るのを忘れたが、メインの前のパスタ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

デザート。

バッフェよりか1品ずつだされると、甘いケーキでもしっかりと食べてしまう。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn
Category: 2011トルコ旅行
Published on: Fri,  22 2011 21:43
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.