FC2ブログ

トルコ旅行記 2011 03 21 4日目 パムッカレ~コンヤ 1

「サーマル コロッセオ」で朝を迎えて朝食前にホテルの敷地を散策。

昨日暗くなってからのチェックインでしたので、残念なことに外の露天風呂に入ることが出来ず、元々そんなに温度も高くなさそうなので、今の季節は外は無理かも。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

お湯も日本の温泉のように、濁り湯、透明などがあります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ホテルを出発してすぐの「パムッカレ」の観光へ。

一瞬何かスキー場に来たという雰囲気。

上の入口から入場、こんな立派な建物まで出来ている。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

中に入ると「ヒエラポリス遺跡」の跡が所々に。

カルスト台地の草原に色々な草花が咲き、春の訪れを・・・。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

パムッカレとはトルコ語で「綿の宮殿」という意味。
石灰岩の台地を雨水が浸食し、長い時間をかけてまるで雪の棚田のような光景を作り上げました。
ローマ時代に栄えたヒエラポリスと呼ばれる温泉都市の遺跡と共に、世界遺跡に。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

見事な石灰棚が下まで続いています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

大小100以上の石灰プールがあるが、お湯を満たしているのは上の方だけ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ひっきりなしにお湯は流れていますが、全部の石灰棚にはこれでは足りない。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

温泉の入った石灰棚には入れないなどの情報もあったが、そんなことはなく靴を脱いで裸足で入る事が出来ます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

先に行くと結構深くなっているので、せいぜい膝までの位置の処まで。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

滑りそうな場所もあるので、足許には充分気を付けて。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

少し下の方に行くと芸術的な氷河に似た風景が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

この溝をを伝って、どんどん下に流れていきます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

石灰岩の上に結晶が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「パムッカレ テルマム」(温泉プール)

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

プールの底には、大理石の柱などのヒエラポリスの遺跡が底にゴロゴロ転がっています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn
Category: 2011トルコ旅行
Published on: Tue,  19 2011 21:10
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

oyanini  

2. Re:パムッカレ

>♪KUMI♪さん

なかなか平日は、仕事から帰っても時間がなくてブログのupが出来ないんですよ~。

いつもしっかりと見させてもらってます。

2011/04/21 (Thu) 23:07 | EDIT | REPLY |   

♪KUMI♪  

1. パムッカレ

石灰棚、感動でしたね!
思ったより地面はごつごつしていてびっくり!
遺跡めぐりはとっても楽しかったですよね♪

2011/04/21 (Thu) 09:43 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.