FC2ブログ

高尾山天狗トレイル大会2010 vol.1

「高尾山天狗トレイル」走ってきました。


トレイルだったので、走ったというより半分近くの上りは歩きです。


コースとしては前半はほぼアップで、後半はダウンに少しアップというものでしたが、走り易

かったです。


時間が途中で時計のストップボタンを押してしまったのに気付き正確ではなくアバウトですが、

3時間30分ぐらいかなというところ。


後日通知されるということでした。


前にナイトラン行った場所も通りましたので、満足です。


天気が良く、眺めも良かったのでもう少しゆっくりしたかった。


頂上とかのコースもハイカーが多いので、ほぼ迂回させられたので、すばらしい景色を見ること

が出来ないポイントが何ヶ所かあり、レースだからしょうがないかも・・・。


毎回思うが、トレランのコースは絶対に今度来た時にゆっくりとタップリ時間をかけてトレッキング

したい。


ただ会場の場所がどうしてもアクセスが悪く、増発はしているのですがバスの混みよう、待ち時間

の無駄、帰りのバスはあまりにも混雑すぎて最後は乗物酔い、帰りの電車の中もクラクラ気味で帰り

ました。


以上が先にjognoteにも記した総論です。


昨日はここでPCに向かう気力もなくなり、寝てしまいました。



続いてレポートを・・・・・・。


まずはJR高尾駅から、スタートは11:05と言うことで、余裕で9時ぐらいに高尾駅に着いたのですが、

ここからがバスに乗るのが大変、ひたすら長い列に並び乗るのに40分近くかかり、乗ってから

途中で何故かもう1台のバスを何故か待ったりして着いたのはすでに10:30を廻ってました。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここが会場兼ゴールの「日影キャンプ場」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


スタートはゴールの会場から離れていて、歩いて30分とのことでしたがすでに時間が迫って

いたのでアップがてらLSDでどうにかスタート10分前に着きました。


中央本線と中央道、圏央道のJCT。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


スタート地点。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここにこの大会の名称である天狗様がスタート前のお祓いをビックリマーク


決して仮装ランナーではありません。


さすがトレラン仮装ランナー1人も見かけず・・・。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


18kmと10kmがありますが、18kmは2本に分けてのウェーブスタート。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


天狗様とスタッフの方に見送られてユルリスタート。


トレランのスタートは全くと言っていいほど緊張感が全く」ありません。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


2本に分けてのスタートでも一斉だと多いなと思います。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


最初は緩やかな下りですが。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


2km地点でストップ。


ここから山道、暫くは全く動かず。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここから人1人がやっと通れる登山道です。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ひたすら上り。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここでは走っている人1人もいません。


先頭の方は一気に走って登れたのかはてなマーク


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この景色が見れるから登れるんです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


「堂所山」「景信山」方面へ。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


と思ったらまたまた上り。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


上りきった場所にはこの景色が必ずあります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここから下りですが、一気にはちょっと。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


また少し上りがあると、


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


やっと第一エイド。


助かった~、ただここまでどうやって水を運んできたのか。


スタッフの方におは頭が下がる思いです。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


登りを上からショット。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


こうゆう少しフラットぎみな処に出ると、やはり皆さんやっと一気に走り出します。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


前半のハイライト「堂所山」山頂」。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この景色をもう少し堪能したかったが、しっかりショットしました。


他の方はほとんどチラット見で通すぎ。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここがやっと7kmポイント。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この辺もまだアップダウンが結構きついルート。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


一般ハイカーがたくさん通るルートは避けていきます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここでアスファルトのロード。


何と「小仏峠」バス停近く、ゴール地点が近いのですが、ここから小仏峠の登り。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


さらに次回後半へ続きます・・・・・・。

Category: 高尾山天狗トレイル大会
Published on: Mon,  13 2010 21:53
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

oyanini  

2. Re:無題

>亜子さん

国際的トレッキングコースの高尾山ですから、ハイカーの多さは想定済みたいでした。

スタートが分かれていて、レース自体の人数はそんなに多くなかったのですが、前半は細い登山道の上りをひたすら歩いて、登るしかなかった・・・。
天気が良かったので景色が最高でした。

2010/12/14 (Tue) 21:04 | EDIT | REPLY |   

亜子  

1. 無題

ちょっとキャパオーバーだったんでしょうか?
写真だからそう見えるだけなのかな~?
お天気よくてよかったですね~!

2010/12/14 (Tue) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.