FC2ブログ

「のぼうの城」上、下

「のぼうの城」上、下二巻を読み終わりました。


戦国時代の本は、結構読んだつもりでしたがこの本の主人公「成田長親」(なりたながちか)

は今まで全く知りませんでした。


舞台は地元のさいたま市からも近い、最近やたらTVとかで有名になった「行田市」にある

忍城です。


今のこの忍城は、行田市郷土博物館として見物も出来ます。


戦国と言えば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人が必ず絡んできますが、この物語も

秀吉が天下統一の最後の戦い、小田原攻めの一環としたものです。


当時秀吉の家臣であった「石田三成」VS当主と主力の兵が小田原に、加勢して残った兵を

率いて城を守った城代「成田長親」の戦いです。


この成田長親が、「のぼう様」と呼ばれていて「でくのぼう」から取ってそう言われていました。


大男で、のんびりしていて行動も機敏でなく、発言もしないのですが、領民からは慕われて

いて、いざという時にとんでもない行動に出ます。


結局は三成軍2万に対し、1千にも満たない数で立ち向かう城を攻防する戦いを色々な角度

からストーリーにしたものです。


来年映画にもなるようで、ここでストーリーを詳しく言うのはやめますが、おもしろい物語でした。


今の時代でも会社でもこんな感じに慕われ、普段仕事は出来なそうだけどいざとなったら

率先して解決するような、口先だけでなく行動で示す上司がいたら最高ですね!!



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

Category: 読書
Published on: Fri,  12 2010 23:25
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.