FC2ブログ

第7回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ vol.3

「奥武蔵グリーンライン・チャレンジラン 」続きます。


8月に参加した「奥武蔵ウルトラマラソン」、11月にエントリー済の「奥武蔵伊豆ヶ岳トレイルラン」

も含め、この「奥武蔵シリーズ」の主催をしているのは言うまでもなく「スポーツエイドジャパン」

です。


ここが主催される大会は、年間14本ぐらいありとんでもない距離を走る超ウルトラコース、

フルマラソン、トレイルランなどがありどれも手作りな感じがして、大変暖か味を感じます。


さらにエイド、レース後の催しなどが充実しています。


http://sportsaid-japan.maxs.jp/


↑がHPですが、昨日デビルビーム通信で知ったのですが表紙のトップページの下の写真に

注目ですビックリマーク


ランナーたちを見送るヒーローズの面々(デビルマン、ガッチャごん、赤レンジャーアフロ)と

その前に何と「邪王さん」が写っていて紹介がされています。


ちょっとコメントははてなマークはてなマークな感じですが、これ機会に「邪王さん」益々有名になることでしょう。



再びコースレポートに入ります。


「顔振峠」(こうぶりとうげ)


この名前に惹かれてこの同じコースを何回も走っているのも理由の1つ。


源義経が京から奥州平泉に落ちのびる際に、ここを通りこの景色の素晴らしさに何度も

振り返って見ながら通過したと言う言い伝えです。


何とも感動的な言われで、これに惹かれました。


確かに何度見てもここからの眺めは素晴らしい!!



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


昨年もやっていたのですが、何か甲冑を着た武者行列の催し物がこの時期にあるらしく

今年もその場面に遭遇。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


甲冑武者と一緒に思わず記念ショット。


仮装ランナーではありません。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


顔振峠第3エイド。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この辺から飲み物、食べ物もさらに充実。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


20km地点。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここですごい方発見ビックリマーク


伴走の方かと思いますが、足許をご覧ください。


なんとビーチサンダルそれも通称ロコサンというやつ、「ホノルルマラソン」でCROCSで走って

いた人は見たけど、ビーチサンダルは初めてです。


この方達登りはほぼ歩きなのですが、その歩き方が早い!?


登りでゆっくり走っている人達をどんどん追い越していました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


さらに上りが続きます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


第4エイド。高山不動尊

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここはウルトラの時も新鮮なトマト、きゅうりとかがあり助かっています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


25km地点。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


飯盛峠

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


儀峠

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

まだもう1回ぐらい続きます・・・。

Category: 奥武蔵グリーンラインチャレンジラン
Published on: Thu,  21 2010 22:17
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

oyanini  

2. Re:無題

>“邪王”さん

「安政」の時はこのような人が何人もいましたからね・・・。

でもビーチサンダルの人は凄かった。

今度はフィン付きで!!

2010/10/21 (Thu) 23:43 | EDIT | REPLY |   

“邪王”  

1. 無題

甲冑武者の写真!とても立体的に撮れていますね。
まるで合成したように^^

ハロウィン仮装の女性!私もトレラン前とトレラン中の2回お会いしました^^

私も走っているのに歩いている人にぬ刺された経験があります。。
なので、今回は20K過ぎからは、
重力のきつい登りのみ、歩く事にしました。。
ゆっくり走っている方と殆ど変りませんでしたよ。。
しかも足の負担がすくないし、下りで、また追い越せるし。。^^

2010/10/21 (Thu) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.