FC2ブログ

9回裏の大逆転劇

日曜日の午前ランで、大宮公園を走っていると「県営大宮球場」で秋季高校野球の埼玉大会が、

開催されていました。野球



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この間夏の甲子園が終わったばかりと思ったのですが、もうすでに春の選抜の選定対象の

秋季大会が始まっています。


すでに出場校も絞り込まれており、今年は埼玉が関東大会の会場と言うことで上位3校までが、

関東大会に出場で来ます。


関東大会でベスト4に入れば、春の甲子園選抜大会は確実という事になります。


各校2年、1年生中心の新メンバーですのでどの高校も実力は、そんなに変わらないのでは

と思いますが、今までの経験、監督の指導、采配がちょっとした事で勝負が分かれるよう

です。


今回の大会は球場の入場料は無料でしたので、たまたま大宮公園の外周を2周走った後、

球場の中に入ってバックネット裏から試合を見る事が出来ました。


「埼玉栄」VS「市立川口」です。


どちらも甲子園常連校という訳ではないのですが、県予選では常に上位に入っている高校です。


「埼玉栄」は、西武の大島裕行の出身校で、「市立川口」はかの有名な元ジャイアンツの3本柱

の1人斉藤雅樹投手の出身校です。


すでに試合は9回の表、「市立川口」の攻撃で2-0と「市立川口」がリードしていました。



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


そして残すは9回の裏の「埼玉栄」の攻撃。


簡単に1アウトを平凡なフライで捕られ、後2アウトで「埼玉栄」もこれまでかと誰もが思っていた

ようです。


2人目も少し深めでしたが、ショートゴロと思われたのですが、ショートの送球がワンバンドで

ファーストに、間一髪のセーフでした。


続く3人目のバッターは、センター前のヒットでしたが1塁ランアーはセンターとセカンドベースの

距離がそんなに離れていなかったので3塁に行けず、1アウト1塁、2塁です。


その続の4人目のバッターの打った打球がファールと思ったのですが、ベースラインぎりぎりで

ライト方向に痛烈にヒットしました。


ライトが捕球をちゅうちょしている内に、ランナー2人が生還し同点です。


打ったランナーは3塁へ、スリーベースヒット。


そこで5人目のバッターが仕掛けたのは、何とスクイズビックリマーク


見事スクイズが成功して3塁ランナーがホームへ、2-0の9回裏1死からの大逆転サヨナラの

3-2で「埼玉栄」の勝利でした。


思わず声を上げてしまいました・・・。


「市立川口」のナインは茫然としています。


何分前までは、勝利を確信していたのでしょう。


これが高校野球の醍醐味、何があるか分からない。


つい興奮してしまい、強烈な印象で頭から離れませんでした。



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

Category: ランニング
Published on: Mon,  27 2010 19:59
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.