FC2ブログ

第46回六無月東京喜多マラソン大会 vol.2

相変わらず町内会の運動会的な、北区体操連盟会長さんのだんだん聞いてくると思わず

笑いをさそうようなアナンスの後に、ラジオ体操第一、第二をこなした後にフルのスタート

です。


その後、ハーフ、10kmと15分おきにスタート。



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


コースは、江北橋から荒川の河川敷をまずは下流方面(東京湾)に向かい、「堀切橋」の手前

で折り返し今度は北上して、赤羽方面の「新荒川大橋」の手前を折り返し再び南下。


ハーフは、このコースでフルはこれを2周します。


天気はほぼ快晴で、気温もジリジリ上がってきますが、下流に向かう時は海からの風が

心地よく、多少暑さを和らげてくれます。



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


「北区ラジオ体操連盟」のステッカーを貼った車がゆっくりと巡回して、リタイアする人などを

拾っていくのでしょう。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

もうすでにこの辺からは、フルの折り返しタランナーが続々と。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここで、下流方面の折り返しの手前で写真を撮って走っている姿を見て、おやじランナーさんが

声を掛けてくれました。


暫く話をしながら一緒に走り、近くにいた同じくアメブロランナーのneneさんを紹介してくれました。


この後おやじランナーさんは、前日のブログでも書いていたように、ハーフで終了しますとの事。


その後ハーフのペースでどんどん先に行かれました。


ただneneさん、この辺からはず~っと後にいて、後半の折り返しでもすれ違ったのですが、最後

の35kmから一気に抜かれてしまいました。


最後の粘り、アップはすごいビックリマーク


ゴールでは、待ってハイタッチ出迎えてもらいました。


ブルーのTシャツ(PARACUP)にバックパックを背負ったおやじランナーさん。

(今日はオレンジではない)ピンクのワンピースウェアのneneさん ↓

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ただエイドの給水の用意が少なく、あっても水が常温異常に上がっており、最初のうち

は飲めましたが、喉が渇く感覚は常にあるのですが、お腹には水分が溜まってそれ以上

飲むことが出来ません。


ハイドラパックに詰めたシークワサージュースに氷を沢山入れていたので、暫くはまだ冷たさ

が残っていたので、貴重な水分でした。


後500mℓボトルにもアクエリアスを入れて、バックパック背負っていたのですが、重たさは

最初は多少感じましたが、本当にこれに助けられました。


途中何人かの人が倒れていて、救急車で運ばれていましたが、この暑さでは水分補給が

一番大切だとつくずく実感しました。



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


おやじランナーさんに撮って戴いた写真です。↓

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


今日は全部行けなかったのでもう1回後半へ続く・・・。

関連記事
Category: 六無月東京喜多(北)マラソン
Published on: Mon,  07 2010 22:24
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 旅のフォトコラム ~旅の記録を画像中心で!! All Rights Reserved.