FC2ブログ

大平山、晃石山トレイル&ハイク vol.2

引き続き、大平山、晃石山のコースで、昨日は大平山神社まででしたが、ここから晃石山へ

登るコースになりますが、ここからが本格的なトレランコースと言ってもいいでしょう。


来月だったら、この神社を栃木市方面に下り、紫陽花の花を見ながら「あじさい坂」を下り、

栃木市街の古い町並みを見ながらもいいなと思っています。


ここからの眺めは、栃木市、宇都宮方面、下のグランド、建物は「国学院栃木高校」。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここが大平山神社の奥宮。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


大平山山頂を目指して、このようないわがゴツゴツした登りの山道。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここが大平山山頂、「富士浅間神社」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここからは下りなので、思いっきりトレランを楽しもうと思ったら、前日の雨の影響で下がぬか

るんでいます。


地面には木の枝が這いつくばっていますので、慎重に行かないと滑って落下する恐れあり。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


大平山と晃石山の中間、「ぐみの木峠」。


この後の木がぐみ木なのでしょうか。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここからは、岩舟、佐野方面を眺めることが出来ます。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


晃石山の山頂、山の頂上には必ず神社の祠があります。


山イコール信仰、神様を奉っているという感じでしょうかね。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この下には、晃石神社があります。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この辺からず~っと下りなので、いいのですがこれが登りのコースだlったら結構キツイです。


大平山側から登ると、上りがほとんど階段状になっているので、あまりきつさは感じなかったので、

こちら側を下るコースの方が、圧倒的に楽です。


足元が滑り易いので、この手すりがず~っと設置されているのが、有り難いですね。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


ここが「桜峠」。


↑の手すりの場所からこの辺りまでが、山桜の名称との事で、桜峠と呼ばれているようです。


この辺は是非桜の季節にもう一度来てみたいものです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


こういう清水とかもあり、雨が降ったあとなので水が山道まで流れてきています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

林道に一旦出てから、再び山道に入るとこんな池が、水が湧き水が溜まっているので、

結構澄んでおり鯉が泳いでいます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


「清水寺」、せいすいじと読みます。


しみずとかきよみずとか地名によって読み方が違うのですね。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


本尊は裏手にあり、十一面千手観音が奉られています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


十三如来像。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


お寺の名前通り、山からの水が至る処から流れています。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


清水寺から大中寺までは、この舗装された林道を。


ここは気持ちよく、多少登りあり、下りありのロードで気持ち良く走ることが出来ます。


2kmぐらいでしたが、あっという間に着いてしまった。これからの季節はこの沿道がすべて

紫陽花で埋め尽くされるので、見事な景色でしょう。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


途中にこんな湧き水が、コップも置いてありましたので一口。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn
この辺から集落ですが、標識に沿って行くと民家の裏道のような処を通ります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


道路に出ると、「大中寺」までは一直線です。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


「大中寺」の門までの街道ですが、ここも紫陽花の季節は最高に良さそうです。


境内を一通り見てから、(中におもしろそうな七不思議とかの名所がありました。後日これだけ

紹介します)大平の町の方に戻ります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この溜池を過ぎて、標識に沿っていくとなだらかな山道に入ります。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この辺りはぶどう園が多く、夏以降はぶどう狩りも出来るようです。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


途中入ったところに古墳が、何と平将門の墓という説もあるそうです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


再び両毛線の踏切を渡り、一旦はJR「大平下駅」に行きましたが、本数もあまりなくJRで帰ると

料金も高いので、再び東武線の「新大平下駅」から帰りました。


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


この「大平山、晃石山」のハイキングコースはお勧めです。


もちろんハイキングでも、トレラン目的でも適度なアップダウン、舗装道路もあり走る目的

には最適です。


東京方面から電車でも東武線、JR乗り換えでも本数もあり、運賃もそんなに高くなく、

見学、参拝出来る神社、寺もあり、日帰りの旅ランには一押しのスポットです。



TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

Category: 登山、トレッキング、トレイルラン
Published on: Sat,  29 2010 15:27
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.