FC2ブログ

「サムイ ベルティカラー ホテル(Samui VertiColor Hotel)」~サムイ チャウエンビーチで、カラフルで目立つリーズナブルなホテル!!

 

DSC_8598_1.jpg

 

サムイ島ではチャウエンビーチに、6泊、ナトンに1泊しましたのが、チャウエンビーチで最初に3泊したホテルは、すでに紹介しましたが、次に3泊したホテルがこちらです。

 

「サムイ ベルティカラー ホテル」、名前の通り色に凝っていて、外観、内装もカラフル、おまけに料金も手頃なので事前にサイトから早決めの予約を。。。

 

普通実際宿泊してみると、たいしたことないというのがほとんどだが、この想像していた以上にすべてにおいて期待以上だった。

目次

[:contents]

 

サムイ島~「 サムイ ベルティカラー ホテル(Samui VertiColor Hotel)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所はチャウエンビーチの南側で、もちろんオンザビーチでなく、メインのチャウエンビーチロードからも少し入った処。

 

前に紹介した北側の「ロータス フレンドリーホテル」からは、滞在中に場所を確認しておいたので、荷物を背負って歩いてチェックイン。

 

ターミナルからでも荷物を持っている時は、5㎞ぐらいでしたら歩いてチェックインします。

 

タクシーとかは極力使わない、その分ホテル代に使った方がいい。

 

このホテルの予約を入れたのはこのサイトから

↓↓↓

 

1泊朝食付きで2,500円ぐらいだったと思います。

 

 

■ ホテル レセプション ロビー周辺

 

 

建物の中に入った瞬間になんとカラフルな色彩が、目に飛び込んでくる。

 

きらびやかという感じでなく、色彩も調和がとれている感じ。

 

レセプションの対応も良く、ホテルの受付というよりサポートデスクという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 部屋の様子、設備

 

 

部屋もカラフルで、派手さはないが落ち着いた色合いがマッチしている。

 

ベットもゆったりのキングサイズ、窓際のソファが少し横になるのに丁度いい。

 

必要最低限なものは、すべて揃っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスルームもきれいで、シャワーオンリーだが固定式、ハンドシャワー両方が備わってました。

 

ガラスドアの仕切りありで、トイレもビチョビチョにならず、ハンドウォシュレット付き。

 

 

 

 

■ プール、およびその周辺

 

 

ここのホテルのポイントとして、解放的な大き目なプールがあり、子供用のプールもありました。

 

プールサイドには充分すぎるほどのデッキチェアが揃っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ レストラン、朝食

 

 

ここのレストランもカラフルで、明るく、昼間、夜はドリンク専用で提供しているみたい。

 

そして何と言っても朝食、種類、量も豊富なバッフェ形式。

 

ルームチャージに入っていたので、毎回思わずガッツリ食べてしまった。

 

なので、昼は抜きまたは軽くで、早めに夕食を取れば食事代の節約になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今は変っていると思いますがご了承ください。。。

 

 

 

 

関連記事
Category: 2018 タイ タオ島 パンガン島 サムイ島 スラターニ パタヤ バンコク
Published on: Fri,  14 2022 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

タイサムイ島

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 旅のフォトコラム ~旅の記録を画像中心で!! All Rights Reserved.