FC2ブログ

「ランブットリー ヴィレッジイン ホテル(Rambuttri Village Inn Hotel)」~カオサンに宿泊するなら、何故か落ち着くこのホテルに決まり!!

 

DSC_0672_1.jpg

 

 バンコクの宿泊地を決める場合、やはり選択してしまうのはここ「カオサン」。

 

そして今度も宿泊したここ「ランブットリー ヴィレッジイン ホテル」、2015年の「バンコクマラソン」に参加した時から3回目。

 

「カオサン」に宿泊するのは、これで5回目だが何故か此処にくると落ち着き、最低3泊は必ずします。

 

 

 

 

「ランブットリー ヴィレッジイン ホテル (Rambuttri Village Inn Hotel)

 

 

 

 

 

■ ランブットリー ヴィレッジ ホテル (Rambuttri Village Hotel)

95 Soi Ram Buttri, Chakkra Phong Road, Phra Nakorn, カオサン, バンコク, タイ, 10200 

 

ジュニアダブルルーム 1泊朝食付き 2,550円 税金・サービス料込

 

*朝食なしだと2,200円の価格で出ていたが、ここは350円の違いであれば朝食は絶体に付けた方がよい。

 

 

予約を入れたのはこのサイトから

↓↓↓

 

「カオサン」での宿泊だと皆さんゲストハウスに宿泊するようですが、ゲストハウスの個室だと1部屋料金も同じ2,000円ぐらいは取られるので、それに比べれば断然お得で内容も充実。(但し料金はシーズン、色々nサイトにより料金は異なる様)

 

場所もランブットリー通りの、通称「寺裏」という処にあり、ホテルの宿泊建物は通りからも入った処にあるので静か。

 

 

1、入口、レセプション、ロビー

 

 

入ってすぐ先がレセプション、口コミではスタッフが不親切との書き込みがあるが、普通に対応してくれるので全く問題なし。

 

デポジット1,000バーツ必要なので、チェックアウト後に帰国とかの時には注意が必要。

 

昼過ぎのチェックインだったが、すぐに部屋に入れてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間いて、日本人らしき人は全く見かけず、ファラン(欧米人)中心で、カップル、ファミリーが結構多かった。

 

 

 

 

2、部屋、設備等

 

 

ジュニアダブルルームという、一番低いランクの部屋だが、そんな広くはないが充分。

 

ベッドはセミダブルという大きさ、エアコン、TV、冷蔵庫、小さいながらもテーブル、椅子、ドライアーもあり。

 

バスルームはシャワーのみで、トイレとの仕切りはなし、手動ウォシュレット付。

 

でもこの部屋に入ると、帰って来た~という感じで落ち着きます。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

3、プール、屋上からの眺め

 

 

このホテルの特徴として、建物ごとに屋上のプールが2つあること。

 

利用している方も大変多く、時間帯によってはベットチェアが全部使われている場合もあり。

 

その場合は、もう一方のプールへ行けは良い。

 

プールのある屋上からは、目の前のお寺「ワット チャナソンクラーム」が一望。

 

もう一方のプールからは、モスク寺院が眺められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、レストラン、朝食

 

 

朝食のレストランは1Fのフロントの隣、メニューはすべてバッフェ。

 

朝食付きの条件でなくとも、その都度の支払いで食べれるが、その場合は250バーツ。

 

今回朝食付きと朝食なしのプランは、日本円で350円の違いなので絶対に朝食付きプランがお得。

 

バッフェの内容もいいし、色々なメニューも豊富なのでいつもここでの朝食はガッツリ食べてしまう。

 

なのでほぼ昼食が食べれないのが、玉に瑕でカオサンでは屋台、通りの食堂で朝食が食べれないのが残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、レストラン、夕食、他食事処

 

 

通り沿いには、ホテルが運営しているレストランがあり、今回初めて利用「レストラン ランブットリー」。

 

トムヤンクンカレー、オムレツ、ライス、バナナシェイクを注文、330バーツ。

 

味はまあまあ美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャオプラヤ川と並行に走っている「プラ アーチット通り」沿いにあるベトナムヌードルのお店、ここは前に入ったことがあるお店。

 

つみれが載ったフォー、70バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

ホテルの目の前にあるパッタイの屋台、以前はおやじサンがやっていたが、今回は奥さんなのか切り盛り。

 

シュリンプ、エッグ載せのパッタイと春巻き、テイクアウトで部屋で食べました。(両方で90バーツ)

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの前の一角にはセブンイレブンがあり、2つ買うと割引価格のスイカジュース(100%)..。

 

 

 

 

 

 

*カオサンでは、他にD&Dホテル、ロイヤルホテルに宿泊しましたが、いずれのホテルと比べてもコストパフォーマンスが良く、施設、設備、特に朝食の内容、プールが2つあるのが申し分ない。

 

ゲストハウスに宿泊するより断然いい!是非お勧めのホテルです!!

 

 

**この記事は2019年12月に訪問したものです。**

 

 

 

www.tranning.site

 

 

***これをマスク替わりにジョキング、ウォーキングをされる時に着用すると、息苦しくなく、ご自身、他の方へのソーシャルディスタンスエチケットです。。。***

↓↓↓

 


 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずさらにブログを開設しました。

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!


   ↓↓↓

   「tranning's diary」



今迄10年間ブログを続けていた「アメブロ」の記事をこちらのブログに引っ越しを

して過去の記事も見やすくしています。(ただまだアメブロも引き続きやってます)

 

 是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓ 

「Tranning World」

 

 

tranning5.blog.jp

 

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

 

凝りもせず、もっと色々な方に見て貰おうと思って開設したブログ!!

 

ここ最近のすべての集大成がここで見ることが出来、デザインも気にいってますのでこちらもご覧ください。

 

↓↓↓↓↓ 

 

tranningcom.me

 

 

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

 

  

 

 


「日本ブログ村」

ご覧になりましたらこちらをクイックしてください!!

↓↓↓


 

にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

海外、国内の個人旅行、マラソン大会等の航空券、ホテルの手配は下記サイトから検索してみてください。

⇓ ⇓ ⇓

 

<ホテル予約サイト、海外、国内も超格安ホテルから高級ホテル迄部屋の在庫が豊富>

↓↓↓

 

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割

 

 

 

 

 

 

 <国内のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊に最適>

↓↓↓

楽天トラベル

楽天トラベル

 

 

 

 

 

 

<地方のマラソン大会への往復、安上がりでゆったりな移動に最適>

↓↓↓

高速バスWILLER EXPRESSのシート一覧

 

<現地参加のツアー、空港からの送迎バスの予約迄>

↓↓↓

 

VELTRA

 

 

 

 

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Category: 2019 タイ西部 カンチャナブリー サンクラブリー他
Published on: Tue,  02 2020 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

バンコク タイ

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.