FC2ブログ

「チェンマイ発 Train No 8 バンコク ファランポーン駅行き」 特急列車 スプリンターに11時間乗車!!

DSC_8079_1.jpg 

 

チェンマイ」からの帰りも行き同様に鉄道で、行きは「バンコク ファランポーン駅」から夜行列車に乗って来たので、帰りは途中の車窓を楽しみたいので、昼間の時間帯で走っているTrain No 8の特急列車スプリンターを選択。

 

但し「チェンマイ」を8:50に出発して、予定では「バンコク ファランポーン駅」に到着するのは、19:25 約11時間の列車の乗りづくめで、勿論昼間の列車なので座席車のみです。

 

 

 

 

チェンマイ駅」~「バンコク ファランポーン駅」

 

 

 

1、Train No 8 8:50発 特急列車 スプリンター

 

 

出発の30分前には、3番線ホームに3両編成のディーゼル特急スプリンターが入線。

 

車両は不動の3両編成。(これ以上車両を増やすと早く走れない様)

 

なので結構どの日の列車も混んでますので、予約は早く入れる必要があります。

↓↓↓

タイ国鉄時刻表

 

このスプリンターに乗るのは、これで3回目で最初は、スラタニー~バンコクへ9時間乗車、2回目はバンコク~フアヒンへ3時間ちょっと。

 

今回が3回目だったが、さすがに11時間乗車は初めて。

 

チェンマイ~バンコク間の運賃は、641バーツ(約2,165円)。

 

ちなみに6:30発で、もう一本昼間の時間帯で快速が走ってますが、これはバンコクまで85バーツ(約287円)、但し所要時間は15時間。

 

飛行機と較べると、寝台列車とLCCを比べると今は列車の方が高いが、この昼間の特急を比べると列車の方が安いと思います。

 

バスと較べると分からないが、自分はそこに鉄道が走っている限りは、絶対に鉄道を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車内はこんな感じでシートはすべてリクラインイグ、冷房完備(効きすぎる)、日本の特急の席と較べ少し足元、前の席との間隔が広い。

 

フッドレストも、しっかり付いています。

 

窓が開かないのはどの特急も同じで、席の場所によって汚れが、目立つので車窓の写真を撮るのはちょっと。

 

 

 

 

 

 

車両もちょっと古めの韓国製。

 

この昼間に走る特急は、どこもこの韓国のDAEWOODのものだが、

 

同じく北線のバンコク~シアラー間を走るスプリンターは英国製のこと、是非今度乗ってみたい。

 

 

 

 

 

 

2、Train No 8 特急列車 スプリンター 車内サービス

 

 

このスプリンターの特徴として、車内でのサービスがあります。

 

まず出発してから直に、朝食としてパンとコーヒー(又はオレンジジュース)。

 

そして昼近くになると、昼食のサービス。

 

午後にはおやつとして、パンと飲み物。

 

その合間にも飲み物のサービスがあるので、自分で用意した飲み物、食べ物も全く手をつけなかった。

 

南線に乗車した時は、昼と飲み物はあったがこんなにはなかった。

 

 

 

各車両に一人づつCAがいるが、エアアジアのCAに比べると失礼だがちょっと年はいっている方が多いが、サービス、接客姿勢共全く問題なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが昼食のサービス、内容は、カレー味のスープ、カレー味ぽいガパオ、ライス、ミネラルウォーター(おかわりも出来ました)、大変満足な味でライスも結構量あったが完食。

 

これがあるのでスプリンター、つい乗っちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、Train No 8  特急列車 スプリンターからの車窓

 

 

途中「ランパーン」から「ウッタラディット」まで隣に、タイ人の若者が座ったが、後は一人で席を独占。

 

お互いに片言の英語で、たわいのない会話を、少しぐらい話すのが丁度いい。

 

このスプリンターからの車窓ですが、残念なのは窓が開かないので写真を撮ると、ガラスの反射、ガラスの汚れがそのまま映ってしまう。

 

ただこの車窓を眺めながら乗るのは、列車旅の醍醐味の一つで、寝台夜行列車も雰囲気はありますが、これを味わう事は少ししか出来ない。

 

 

 

 

 

 

「カンタン駅」

↓↓↓

 

 

 

この先には、北線、タイの鉄道路線でも珍しいトンネルがあり、その先暫くは山間部を走ります。

 

行きの夜行でも朝方この辺を通り、車窓から眺めていたが、やはり昼間に通るのとは全く違う。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

「ランパン駅」

↓↓↓

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピサヌローク駅」 ここで下りバンコク発のスプリンターTrain No 7とスライド。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

「ナコンサワン駅」

↓↓↓

 

 

 

「ロップリー駅」手前の遺跡

↓↓↓

 



 

 

 

 

「アユタヤ駅」

↓↓↓

 

 

 

車内では暑い時期でもクーラーが結構きいてますので、上に羽織るパーカーとかは絶体に必要。

 

 

 

4、Train No 8  特急列車 スプリンター 「バンコク ファランポーン駅」 到着

 

 

「バンコク ファランポーン駅」到着は約30分遅れの20時ごろ、11時間ちょっと。

 

丁度この時間帯は、各方面の夜行寝台列車が出発する時間帯だったので、新型、旧型の寝台列車が停車していました。

 

構内は相変わらずの列車を待っている方が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

 

Category: 2019 タイ北部 ミャンマー、ラオス国境周辺の旅 チェンマイ チェンライ
Published on: Thu,  21 2020 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

チェンマイ バンコク タイ

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.