FC2ブログ

「チェンセーン」~「チェンラーイ」路線バス、~「チェンマイ」までは「グリーンバス」で一気にとは行かなかった・・・。

 DSC_7629_1.jpg

 

チェンセーン」から「チェンラーイ」経由で、「チェンマイ」までは一気に行くつもりでした・・・。


「チェン」という意味は、要塞都市を表す「城」の意味でこれらの都市はいずれも古都があった街。

 

今回はパスしましたが、この「チェンセーン」から「メコン川」沿いに下ると、「チェンコーン」というラオスに行く橋が架かった街もありますが、又今度ラオスと絡めて訪問したいと思い、「チェンセーン」をあとにしました。

 

 

 

チェンセーン」~「チェンラーイ」~「チェンマイ」ーケット

 

 

 

1、「チェンセーン」~「チェンラーイ」 路線バス

 

 

「チェンセーン」から「チェンラーイ」に戻るには、路線バスを利用、途中「メーチャン」を経由してその間、乗客の乗り降りがあるので、1時間30分ぐらい。


 

 

 

「チェンセーン」のバス停は、「メコン川」沿いの道から、街の中心のT字路を曲がってすぐの左側。

 

時刻表は特にみあたらなかったので、何時に出るのかわからず。

 

丁度行った時に、グリーンバスが出発するところ、ただレンタサイクルを返却しなくてはならず、それには乗る事が出来ませんでした。

 

このバスにもし乗っていたら、チェンマイには少なくとも昼過ぎの午後に着いていたかも。。。

 

 

 

 

路線バスは、バス亭の前に2台停まっていたので、出発時間の間隔は結構短い様。

 

バスのフロントガラスに、行先も書いてあるのですぐに分かり、乗るとそんなに待たないで出発。

 

女性の車掌がいて、チェンライまで料金は37バーツを支払い。

 

相変わらずどこの路線バスも、ドアを開けたまま走行します。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チェンライバスターミナル1」に到着すると、各方面に行くバスが停まっていてボディーカラーごとに行先が決まっている様。

 

「チェンコーン」、「メーサイ」行きなどが各バスのフロントガラスに、明記されているので分かり易い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、「チェンライ」にて・・・。

 

 

「チェンライ」に着いてから、「グリーンバス」の切符売り場に行って直に乗れるバスの空席を確認したら、何と4時間後の16時過ぎのバスのチケットしかないとの事。

 

行きの「チェンマイ」~「チェンライ」の時も、ターミナルで2時間以上待った記憶が蘇った。

 

「グリーンバス」の予約は事前に、サイトとかで予約を入れた方がベター。

 

 

 

 

4時間以上時間があったので、トイレの前の荷物預かり所に荷物を預け(1つ20バーツ)、すでに行った処もあるが歩きながら寺院を中心に廻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この色っぽい「メートラニー象」にも再会。

 

 

 

 


 

 

 



 

 

3、「チェンライ」~「チェンマイ」 グリーンバス

 

 

 

「チェンラーイ」から「チェンマイ」へは、大型バスのグリーンバスにて、途中1回のトイレ休憩を挟み3時間15分ぐらい。

 

バス代は140バーツでした。

 

このグリーンバスは、路線バスとは違い車両も新しいバスで、乗り心地もいい。

 

一番前のドライバーの後の席、窓は開かないのでエアコンが低く、乗る時はTシャツだけでは厳しいので、薄手のパーカーとかが絶対に必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チェンマイ」のバスターミナルに着いたのは、すでに真っ暗ななっていて、近くにいたソウテウに乗り、ナイトバザールの近くのホテルへチェックイン。

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

 

Category: 2019 タイ北部 ミャンマー、ラオス国境周辺の旅 チェンマイ チェンライ
Published on: Mon,  11 2020 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

チェンセーン チェンラーイ チェンマイ

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.