FC2ブログ

夜明けの「サンクラブリー」~「モーンブリッジ(ウッタマーヌソン橋)」周辺は、神聖な托鉢の光景を見る事が出来ます。。。

 DSC_9768_1_R.jpg

 

サンクラブリー」の朝は、まだ暗いうちから動きだします。

 

この冬の季節は、日本と同じく陽がのぼるのが6時30分過ぎで、常夏のタイでもここのこの時間帯はTシャツ1枚では寒く、1枚上着が必要な陽気。

 

サンクラブリー」~「モーンブリッジ(ウッタマーヌソン橋)」

 

 

サンクラブリー」のシンボル「モーンブリッジ(ウッタマーヌソン橋)」は、タイでは一番最長の木造橋。

 

世界では2番目の長さとのことで、では世界最長の木造橋を検索すると、何と行った事がありその橋を往復した。

 

世界最長の木造橋は、日本の静岡県にある「蓬莱橋(ほうらいはし)」。

 

でも迫力と造り、大きさ、神秘性、景観から言えばこちらの方に軍配が上がります。

 

 

この橋は時間によって全く違った光景を醸しだす。

 

早朝の雰囲気は、前日の昼間とは別のもの、おそらく季節によっても違うのではないかと。

 

そしてこの朝の時間帯でなければ見れないものがある、僧侶の托鉢。

 

タイのローカルの街とかでも朝みかけたが、ここサンクラブリーの托鉢の光景はどれも始めて見る光景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

Category: 2019 タイ西部 カンチャナブリー サンクラブリー他
Published on: Fri,  17 2020 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

サンクラブリー

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.