FC2ブログ

「アンコールワット遺跡群」ではまずは、「アンコール・ワット Angkoor Wat」から見にいくのが常道でしょう!!

 

f:id:tranning:20180328211735j:plain

 

 

アンコールワット遺跡群を見るには、やはり最初に訪れる場所としては「アンコール・ワット」。

 

アンコール・ワット」は、この周辺にある遺跡の中の1つでしかないのです。

 

 

 

シェムリアップ 「アンコール・ワット

 

 

 

 

「アンコールワット遺跡」というと必ずここを指し、必ずここの場所はそれこそ1日券だけしか持っていない方もここに来ます。

 

シェムリアップから約7km、でもここが街中からは一番近い場所。

 

ツアーで来ている方はバスで、個人で来ている方はトゥクトゥクでの方がほとんど。

 

でも何人かは自転車で来ている人もいるようで、何台かの自転車は濠の前に停まっていました。

 

シェムリアップからの道が濠に突き当たると、左に曲がり、さらに角を右に行くと入口があり、ここではチケットのチェックをしてから濠を渡ります。

 

 

f:id:tranning:20180328211755j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180322222132j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328211858j:plain

 

 

橋は工事をしているみたいで、濠に架っている仮の浮き橋を渡って寺院に入ります。

 

色々な国から訪れている人が多く、ここは完全に人種のルツボ状態。

 

ただやはり多いのは中国からのグループ、団体客。

 

 

f:id:tranning:20180328211916j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328211936j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328212021j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328211955j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328212101j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328212122j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328212142j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180328212201j:plain

 

 

*「アンコールワット」他の遺跡もそうですが、画像を大量に撮りすぎてなかなかアップが出来ません、今回紹介したのは、入口から少し入った「西参道」からの一部のみ。。。

 

 

 

 

 


「日本ブログ村」

ご覧になりましたらこちらをクイックしてください!!

↓↓↓


 

にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: 2017 タイ バンコク、パタヤ、クラビ
Published on: Mon,  02 2018 17:53
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

アンコールワット遺跡群 アンコール・ワット

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.