FC2ブログ

「クロントゥーイ港」からの下町の光景~バンコク市民のそのままの生活が垣間見える!!

  

f:id:tranning:20171226185303j:plain

 

 

バンコクの市街での下町と言えば色々な場所で見る事が出来るが、ここはその中でも最もディープな世界の下町「クロントゥーイ」。

 

「スポンサード リンク」

 

 

バンコク 「クロントゥーイ港」 

 

 

 

 

バーン・カチャオ」から再び渡し船にて「クロントゥーイ港」に戻り、そこから又どうせなら歩いてMRTの駅迄戻ろうと思い、ゆっくりとその辺の路地裏へ入ったりしながら歩いて。

 

バーン・カチャオ」に行ったことがある方、バンコクに住んでいる方もバイタク、又はバスを利用して中心地まで戻ると思いますが、歩きならではしか見る事が出来ない場所がこの辺りにはたくさんあります。

 

 

f:id:tranning:20171226185815j:plain

 

 

ここは「ワット・クロントゥーイノーイ」という寺院、地元の人しかこないであろうと思いますが、結構立派な寺院です。

 

 

f:id:tranning:20171226185844j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226185909j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226185948j:plain

 

 

港ということで税関もあり、大型船から荷揚げされた荷物を運ぶトラックが行き来している。

 

 

f:id:tranning:20171226190035j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226190105j:plain

 

 

ここは路線バスの車庫、停車場にもなっているのでここからバスに乗ればバンコクの中心に行くことが出来る。

 

来る時もここを目指してくれば終点です。

 

このクーラーがない,窓が開けっぱなしのバスは無料とのことですが、バンコク市街の中心で渋滞にあってバスの中に監禁状態になるより自分は歩いた方がいいと。

 

 

f:id:tranning:20171226190137j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226190709j:plain

 

 

 

 

f:id:tranning:20171226190745j:plain

 

 

ちょっと入った路地裏にはこんな光景が・・・。

 

ここだけは完全に時間が止まった様な、人々、犬を含めマイペースで生活をしている様子が見られます。

 

 

 

f:id:tranning:20171226190821j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226190914j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226190954j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226191109j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226191217j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20171226191314j:plain

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!!

   ↓↓↓

「tranning's diary」


「Tranning World」


tranning5 「旅のフォトコラム」


10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

   

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 


「日本ブログ村」

ご覧になりましたらこちらをクイックしてください!!

↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

Category: 2017 タイ バンコク、パタヤ、クラビ
Published on: Wed,  27 2017 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

クロントゥーイ バーン・カチャオ

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.