サメット島~「ナダム埠頭」の先にある思わず見いってしまう爆乳の銅像はいったい何者なのか!?

 

「ウォンドゥアンビーチ」からソンテウに乗って本来到着予定の「ナダム港」へ。

 

この島での公共の交通機関はこのソンテウ(軽トラックの後の荷台をベンチにしたもの)しかないようです。

 

まず普通の乗用車は見かける事が出来ませんでした。

 

 

 

今回宿泊するホテルは、この港からは一番近い場所なので時間的にもまだ昼前という事で港の様子を見てみる事に。

 

 

この港の埠頭は何処と比べても立派です。

 

バンペー埠頭、さらにパタヤのバリハイ埠頭と比べても立派な建物。

 

 

 

 

いきなりこの銅像が目に入りましたが、あまりにもインパクトが強い。

 

体をみれば女性ですが、顔は野性的な男性顔おまけに牙まである。

 

 

 

 

 

顔から下は思わず見いってしまう程の爆乳の持ち主(顔から下だけだったらタイプです)。

 

これ顔が普通の女性顔だったら、単なるエロの銅像。

 

顔とボディーがアンバランスなので、堂々と目立つ場所に建っている島の玄関口でもある「ナダム港」のシンボルなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「バンペー港」迄は50バーツで一時間おきに船が出ていると確認をして、帰りは間違いなく迷わずこれを使う事を確認して。

 

 

 

 

港の前の広場にもこんな銅像がありました。

 

 

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう2つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

   

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

 

海外、国内の個人旅行、マラソン大会等の航空券、ホテルの手配は下記サイトから検索してみてください。

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category: 2016 タイ バンコク パタヤ サメット島
Published on: Fri,  23 2016 07:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.