FC2ブログ

姨捨(うばすて)山伝説

姨捨伝説については『楢山節考』にも取り上げられていましたが、ここ姨捨が舞台の伝説。

-------------------------------------------------------------------------
信濃の国更級の里に一人の若者が住んでいました。
若者は養ってくれた伯母を母のように慕い、大切にしていました。
ところがこの国の殿様は年寄りが大嫌いで、六十歳以上になった者は山奥に捨てよ、とのおふれを出しました。
伯母も七十歳になってしまい、若者は泣く泣く背負って、姨捨山に捨てたのでした。
けれども、後ろ髪がひかれ一人で帰る気になれません。

若者はそっと引き返し、老婆を背負って帰途につきましたが、道がわからなくなってしまいました。
すると老婆は「おまえが道に迷わないように、小枝を折ってあるからそれを目当てに歩きなさい。」と教えてくれましたので、 無事帰ることができました。
そして地下室に隠しておきましたが、殿様に知れてしまいました。
殿様は「もし灰の縄をもってくれば許す。」とのことです。
困った若者が老婆に相談するとすぐ教えてくれました。
それを持っていくと殿様はたいそう感心し、経験のありがたいこと、大切なことがわかり、それから老人を大事にする国振りにかわったということです。

-------------------------------------------------------------------------




















Category: 風景写真
Published on: Sat,  25 2014 11:52
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.