FC2ブログ

神秘の光と波のページェント 「アンテロープ・キャニオン」 Ⅰ

今回のツアーでは、通常訪れる「アッパー・アンテロープキャニオン」でなく「ロウアー・アンテロープキャニオン」に訪問。

--------------------------------------------------------------------------

アンテロープ・キャニオンは、周囲の砂岩(ここではナバホ砂岩)の侵食によりできた何百年にも及ぶ地層を形成しており、これは主として鉄砲水のほか、風成の侵食によるものである。

特にモンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの一部である谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。

その後長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は更に広くなり岩の鋭さはより滑らかにされて、岩の「流れる」ような特徴を形作る。

こうして独特の岩の通路が、長い時間をかけ完成された。

「ロウワー・アンテロープキャニオン」

ロウワー・アンテロープ・キャニオンは、アッパー・アンテロープ・キャニオンから数キロ離れた場所に位置する。

鉄製の階段が取り付けられる以前は、キャニオンを訪れるために一定の場所をロープやはしごで登らなくてはならなかった。

階段が設置されている現在も、長く狭い場所も多い上、全体を通して足場が悪いなどアッパー・アンテロープ・キャニオンと比べて散策が困難である。

こうした制限された状態にあるものの、ロウアー・アンテロープ・キャニオンはかなりの数の写真家を惹きつけているが、アッパー・アンテロープ・キャニオンより単なる観光目的で訪れる旅行者は少ない。

以上はWikipedeaのコピペ

--------------------------------------------------------------------------






























Category: 2014 アメリカ グランドサークル ラスベガス ホノルルの旅
Published on: Fri,  25 2014 16:16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.