FC2ブログ

「漫画の国・いしのまき」へ被災後の復興を確認して、是非訪れてみてください。

昨日、月~金曜までの東北各地の出張の後の土曜日のオフを利用して、金曜の夜は仙台に泊まりましたので、本来であれば「仙石線」に乗って「松島」、「瑞巌寺」とか見学に行くのですが、「松島海岸駅」に降りて素通り。

この先の区間がまだ震災の影響で不通になったままなので、「代行バス」が運行されておりそれに乗って「矢本駅」まで。

そこから「石巻駅」までは、路線は電化されてますがこの区間は気動車が運行されてました。

車内とかにも陸羽東線の案内がある「芭蕉ライン」仕様の車両。

「石巻駅」に降りて、時間がそんなになかったので市街一部を廻ったのですが、以前映像とかで見た光景とはすっかり変わってました。

まだ一部が被災の状況を残している場所もありましたが、大半は復興しています。

後は街の活性化を図る為には、多くの人が訪れる事がなにより復興支援になるでしょう。

この街には短時間でも見るべきポイント、箇所がたくさんあります。

「石巻」と言えば、「漫画の街」。

あの「石ノ森章太郎」の出身地で、「石ノ森漫画館」があります。

そして街中に「石ノ森章太郎」の作品のキャラがいたる処に。

我々の世代で一番懐かしいのは何と言っても「サイボーグ009」。

「仮面ライダー」も。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「松島海岸」~「矢本」までのJR代行バス。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「矢本」~「石巻」までの気道車。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「石巻駅前」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「津波襲来」の碑。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「ふれあい復興商店街」。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「北上川」に架かる橋もまだ若干ゆがんだまま。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

「北上川」の中洲に、特徴のある建物が建ってます。

津波が押し寄せて来た時も、この建物は流されなく上にあったのでそのまま無事だったようです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

震災後に暫く休館してましたが、改装をしてリニューアルして再開館してます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


館内は無料で見学出来る展示場もありますが、有料大人800円を支払って「仮面ライダー」、「サイボーグ009」等のシュミレーション展示場へ。

ここは撮影不可だったので、画像なし。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

新たな「サイボーグ009」が公開されるようです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

隣にある「正ハリストス教会」こちらは完全に改装中。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

街の至る処にキャラクター像が。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

サイボーグだけでなく(008をうっかり見過ごしてしまった)、「仮面ライダー」も。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

最後にもう少し時間をかけてと思った次第でした。

「松島」だけでなく、その先の「石巻」へ是非訪れてみてください。


Category: 街中,街並みの写真
Published on: Sun,  16 2013 16:06
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.