FC2ブログ

「第13回しまなみ海道ウルトラ遠足 100km」来島海峡大橋~ゴール テクスポート今治

「来島海峡大橋」この橋が最後なのですが、全長4km近くあります。

「来島海峡第一大橋」(1570m),「来島海峡第二大橋」(1515m),「来島海峡第三大橋」(960m)
海峡の間の島に架かっている、この3つの橋からなってます。

ここからの日没の夕陽を楽しみにしていたのですが、さすがこの天気では見ることが出来ません。

晴れていればもう30分ぐらい早ければ、ちょうど良い時間帯かと思います。

なので今後このコースを走られる方は、遅くてはもちろんダメですが、早くてもダメです。

ちょうど15時間から16時間かけてという目標の方が、晴れていればこの恩恵に当たる事が出来るようです。

そう思うと必ずもう1回絶対に挑戦したくなります!!

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

橋の下の海峡は、「鳴門海峡」とかと同じに「うず潮」が廻ってました。

ここで摂れた、鯛とかの魚類が名物のよう。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

だんだん視界が悪くなってきたので。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ヘッドライトを、これが必需品。

一昨年「富士五湖ウルトラのチャレンジコース」ですが参加した際に、路面が真っ暗でおまけに目が悪く(レース中はコンタクトをしていますが)、暗くなると足許がおぼつかなくなるので、最後苦労した覚えがありました。(ただ昨年100kmに挑戦した際もヘッドライト持参でいったら途中70kmで収容されてしまい、とうとう使えなかった)

ただヘッドライトだけでも足許だけを照らすに過ぎないので、橋を下りてから市内へ向かう行程はきつかった。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

側道のサイクリングロードを走りますが、対抗から来る車のライトがまぶしいし、高速道路なので結構なスピードできて、通過するたびにこの雨ですので飛沫を浴びます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

4kmず~っとこんな感じなので、前後にランナーがいないと非常に不安な状態になる。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

橋をやっと渡りきると。(この辺からデジカメのバッテリー切れ、後はiphoneからの画像なので、かなりブレまくりなのですがこれしかないので掲載します)

91.9km地点エイド(今治市・来島海峡第三大橋を渡り終えた所)。

スタッフの皆さんが拍手で迎えてくれます。

ここもドリンクのみ戴いて、すぐにスタート。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

95km地点の看板。


あと5kmなのですが、ずっと真っ直ぐですよと言われながらも、矢印が変な角度に曲がっている看板もあり迷う。

そして街中に入り信号も、この後におよんでは「赤信号」は暫しの休憩は出来るが、やはりぎりぎりにはこのロスの時間は大きいのか。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

96.2km地点最後のエイド(伊予銀行の前)

ここでも拍手で迎えられ、あと3.8km。

30分あったのでどうにかkm/8分で走れば大丈夫か。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

これから先は画像ありません(撮る余裕がなかった)

これが最後の最後の誤算でした。

この先は商店街を突っ切って、「今治城」の中を通り、ゴールの「テクスポート今治」に向かいますが、思ったように走れない。

商店街のアーケード、道路の横断、信号、おまけに「今治城」に入った時に階段を見た瞬間に、時間内の完走のゴールシーンが去っていったのを確信しました。

城を出てあと1km,残り時間5分切っている。

これがハーフかフルのレースであれば、km/4分台で走ればギリギリといったところでしょうが、99km走りきった体ではとてもとても。

同じ考えをしたランナーの方も2人いましたので、その方達に付き合いあとはゆっくり歩いてゴール。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

後は最初に報告させてもらった通りです。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ゴールしてから時間もないので、(この会場は21時30分にはクローズしてしまいます)荷物を受け取り、前日受付の時にもらった「模擬券2500円」分を使わなくては思い、着替える前に店舗をぐるり。

すでにゴールされた大半の方が、あちこちのテーブルで祝杯をあげていました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

食べ物もほとんど残っていなかった状態で、この模擬券で手に入れたのが「カレーパン」と又もや「オレンジジュース」。

この後「ハッサクソフト」を貰い、後の残りの模擬券はすべてお土産物に換えてもらいました。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

すでに会場の片ずけが始まっていたので、上だけビチョビチョなので着替えをしてから、さうがにこの状態で、荷物を持ってホテルに行くことは出来ないので、(会場から1km近くの今治港近くのビジネスホテル)タクシーの列に並んで、ホテルまで。

こんな慌しい感じだったので、途中一緒に走った方のゴールとか見届ける事が出来なく、それが心残りです。

ゲートの電光掲示板は、我々がゴールした後にスイッチを止められたようでした。

もし何かのきっかけでこのブログを見られたら、コメント戴けたら有難いのですが音譜

以上で「第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足(とおあし)」のレポート終了します。

又是非と言っても来年行けるかな~、来年は無理だったらその次、必ずもう一度参加して今度は制限時間内(ぎりぎりでも)にゴールします!!

レース前後の旅行記は別にアップしますので、今後参加を予定される方はそちらも参考にしてください。

以上。



Category: しまなみ海道ウルトラ遠足
Published on: Sun,  09 2013 09:18
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

oyanini  

4. Re:お疲れ様でした

>hiroさん
昨年の話を聞いた通り最高のレースでした。絶対に又挑戦します!

2013/06/12 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   

oyanini  

3. Re:無題

>michiさん
コメントありがとうございます。
どうしたかと心配してました、ブログ見てくださったとは感激です!
今出張中で東北に来ていますので、簡単なお返事でスミマセン!これからもブログ,facebookもやってますので見てください。必ず又「しまなみ」挑戦します。

2013/06/12 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   

hiro  

2. お疲れ様でした

しまなみ、お疲れ様でした(^_^)
途中から雨だったんですね。
その中で100km完走おめでとうございます。

昨年同様大会2週間前に、お誘いを頂いたのですが、スケジュールと予算で断念しました。
ブログを拝見して、来年は絶対に走ると決めました(^^)v

2013/06/12 (Wed) 01:46 | EDIT | REPLY |   

michi  

1. 無題

こんにちは。突然のコメントすみません。
入江 美智代と申します。しまなみで、ビブラムで走っており、しばらく並走させていただいてた者です。
あの時は、色々お話しながら一緒に走って下さりありがとうございました。

そして、しまなみ海道ウルトラ遠足
完走おめでとうございます。
ブログを楽しく読ませていただきました。
時間内の完走ではなかったようですが
100km走りきるなんてすごいですね!

私は、あの後かなり膝が痛くなり頑張ったんですが途中で無理だと判断し、最後の橋を渡った所の92kmのエイドでリタイアしました。

来年こそは!!と、リタイアを決めた瞬間からリベンジを誓いました。

またどこかの大会でお会いできたらいいですね。

またブログ、のぞかせてもらいます。

よろしくお願いします。

2013/06/11 (Tue) 10:56 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.