FC2ブログ

「第25回春日部大凧マラソン」 偽川内騒動およびスタートから

**********************************************************************************

“偽川内”M高史が騒動謝罪「深くお詫び申し上げます」 

4日に行われた埼玉・春日部大凧マラソンで、男子マラソン代表の公務員ランナー・川内優輝選手そっくりの姿で出場し、本人を困惑させた物まねアスリート芸人のM高史が5日、自身のブログで騒動を謝罪した。

**********************************************************************************

と言う記事を見て、同じアメブロをしているので覗いてみましたが、コメントがすごい。

http://ameblo.jp/monomane-athlete-mikami/entry-11523821183.html

誹謗中傷のコメントは、おそらくランナーの方でなく普段マラソンとかやっている方が、書いているのではないのでしょうか。

同じアメブロランナーとしては、立派なそれも今大会のレースで本物の川内選手の次に注目された、同じ仮装ランナーとしてエールを送ります。

お互いに何回も会っているので、川内選手はそんなに気にしていないのでは。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn


本物の「川内優輝選手」は約5500人の「超ごぼう抜き」で1時間10分超の10番目にゴール(タイムは非公開)とのことでした。

恐らく抜かれたのも気が付かず、あの道路いっぱいに広がったランナーをごぼう抜きとはすごい。

このコースは、スタート直後と残り5kmは普通の2車線道路だが他は狭い道路。

江戸川沿いの堤は横に3人並んだら追い抜けないほどの道で、あの状況でどんどん追い抜くとは多少危険もあったのでは。

実業団所属の選手だったら、こんなことは絶対にやらないでしょう。


以前実業団の選手との違いを書いていた記事があったが、実業団の選手はメインが学生の頃から「駅伝」主体で、それを目的に監督、コーチもやはり一企業の看板が架かっているので駅伝に集中させ、マラソンの練習は普段ほとんどさせていないとの事。

マラソンと駅伝は明らかに違い、今の日本人のトップランナーはほとんど駅伝の練習しかしてないので、マラソンでは世界に太刀打ち出来なくなってしまった。

との記事を見てその通りだと思いました。

川内選手みたいに、実業団に所属しないで色々な国内、海外のレースに参加しながら普段の練習に当てている、こうゆう方を他のトップランナーの方も見習ってほしいものです。


さて「春日部大凧マラソン」レポですが、スタート時間は相変わらず中途ハンパな10時7分。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

東武野田線の「南桜井駅」前を通って。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

東武野田線の踏み切りを渡ります。

ちょうどここを通った時は電車が通り過ぎていました。

トップランナーが、踏み切りに引っかからないようにスタート時間を10時7分にしているようです。

なので恐らく1時間30分前後で走っている方が当たってしまったのでは。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

ここからがこのレースの特徴の3車線走行、おそらく他の大会ではないのでしょう。

下は単に折り返し地点から戻ってくるが、上に走っているランナーは戻ってから更に「江戸川」沿いの堤を走るので、ここのポイントでは3方向からのランナーが一度に見れます。

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

TRANNING  旅とランニングのコラムcolumn

続きます・・・・・・。
Category: 春日部大凧マラソン
Published on: Sun,  05 2013 17:42
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.