FC2ブログ

<ホワイト>「ワット ローンクン(Wat Rong Khun)」~ホワイトテンプルと呼ばれている純白の世界が広がる寺院!!

    「チェンラーイ」の象徴で、「チェンラーイ」と言えばこの寺院が挙げられる「ワット ローンクン」。   <ホワイト>を基調とした「ホワイトテンプル」と呼ばれる、仏教や神話をモチーフにデザインした白亜の寺院です。   "Contents" [:contents]     「チェンラーイ」~「ワット ローンクン(Wat Rong Khun)」       www.tranning.site     w...

<ブラック>「バーン ダム ミュージアム(Baandam Museum)」~タイ伝統建築の木彫りの黒い家が点在する美術館!!

    「チェンラーイ」で色彩に特徴がある場所として、寺院ではないのですが「バーン ダム ミュージアム」という<ブラック>を基調とした博物館という位置付けの場所にも行ってきました。   「バーン ダム」というのは、タイ語で「黒い家」という意味。   「チェンラーイ」~「バーン ダム ミュージアム(Baandam Museum)」       www.tranning.site     「ワ...

<ブルー>「ワット ロンスアテン(青碧寺院)Wat Rong Suea Ten」~神秘的な全て青に彩どられた寺院!!

    「チェンラーイ」郊外には特徴がある寺院が3つあります。   それもそれぞれ色をテーマにしたもので、いずれも想像以上に色彩が鋭く絶対に見て見る価値があるもの。   その中で市街からも比較的近い、<ブルー>を基調にした「ワット ローンスアテン」に自転車で行ってきました。     「チェンラーイ」~「ワット ロンスアテン(青碧寺院)Wat Rong Suea Ten」     チ...

「チェンラーイ」の街中の見所ポイントをビーチ~寺院を廻るのに、ホテルの自転車を借りて!!

    「チェンライ」の見所を廻るには、歩いていける範囲内もありますが、有名な寺院は街中から10㎞~15㎞離れている処が多い様で近場は歩いて行こうと思いましたが、3泊したホテルに自転車があったのでレンタルして回ってみる事に。   まずは街中の主な見所から。    目次 [:contents]     「チェンラーイ」~街の中心見所ポイント   こちらの自転車で、ホテルの詳細は後程...

「チェンライ カードルアン市場」~まずは着いた翌朝は必ずここへ、そう市場へ足が向きます。。。

    タイの北部には「チェン」を使った街が多いのですが、「チェン」の意味は、「街」とか「都市」とかいう意味で使用されている。   「チェンマイ」のマイは、新しいという意味、そして「チェンライ」の「ライ」は王という意味で、かつてはタイ北部を統治したランナー王朝最初の都があった場所。   この後に行った「チェンセン」、他にも「チェンコン」、ミヤンマーに「チェントン」、インドには「チ...

「パーイ」から「チェンマイ」へそして「チェンライ」への移動~何だかんだで1日かかった。。。

    「パーイ」から「チェンマイ」に戻るには、行きと同じロットゥー(ミニバス)。   「チェンマイ」のバスターミナル3に着いてから、ターミナル2に移動(向かいにある)。   「チェンマイ」から「チェンライ」までは、ビックバスで見た目もハイデッカーの立派な「グリーンバス」に乗車しました。   「パーイ」~「チェンマイ」~「チェンライ」   目次 [:contents]     ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.