FC2ブログ

タイの観光バスはメチャクチャ派手すぎ。。。

今回訪れたアユタヤの遺跡の紹介は前回で終了しましたが・・・。 もう少しアユタヤでの話題、遺跡とかの駐車場に停まっていた観光バスが派手な車体のペイント柄が多い!! バス会社はバンコクの会社だと思いますが。 「バットマン」、「キャトウーマン」、「キャプテンアメリカ」等。。。 メーカーは「ボルボ」、「ベンツ」そして「ヒノ」製のもあり、すべてハイデッカーなので内装も豪華ぽい。 日本の観...

「さいたま市立大宮体育館前の枝垂れ桜」~ここは家の近所です。

たまにはリアルタイム画像を・・・。 大宮公園第二の桜はまだ一部しか咲いていなかったが、大宮体育館前の枝垂れ桜は八分咲き。 以前はもっと枝が沢山あったが、年々少なくなっているような。 満開の花だけより花と蕾が混ざっている方が何となく風情があっていい。。。                 ...

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 人は多いけど見る処は沢山あります!

ここは「アユタヤ駅」の東にあり自転車で行くには、車の往来が激しいロータリーを渡らくては行けないので注意が必要。 丁度ここに来た時に「ワット・プーカオ・トーン」にいた中学生の遠足に会ってしまい、アチャーと思ったが何せ敷地が広いので、それ以上の観光客がいてもメチャクチャ混んでいるという感じはしませんでした。 やはり遺跡群の中でパワースポット的なものを感じたのは、人が少なくじっくりと見ることが出...

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 戦火を免れた寺院

ここがアユタヤで訪れた遺跡の中での最後の寺院になります。 ここの仏像は後から建てられたこともあるが、すべてが五体満足にちゃんと首も付いています。 バンコクからのアユタヤへのオプショナルツアーには必ず含まれているよう。 入場料はタイ人は無料だが外国人は20バーツ(約65円)。 1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロン(現スリランカ)に留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院で、...

「ワット・パナンチェーン・ウォラウィハーン」~ アユタヤの金色と赤色の世界 地元の中華系寺院

アユタヤの街中から少し外れた川を渡った、「日本人村」(今回は行きませんでした)の手前に「ワット・パナンチェーン・ウォラウィハーン」と言うとても名前を覚えることの出来ない遺跡でなく寺院があります。 規模は相当大きい敷地に建っていて、駐車場も広くタイ人の信者がひっきりなしにお参りに来ています。 かなりお金が掛かっているなというお寺ですが、入場料は無料。 これだけ大きな寺院なのにここはあまり...

「ワット・プラ・シーサンペット」~世界遺産 アユタヤ遺跡群の中で必見・・・。 

ここはアユタヤ寺院の中で最も重要な遺跡となっている。 アユタヤ遺跡の中では、「ワット プラ マハタート」の次に有名で人気があるので、見学客も多い場所。 夜はライトアップをしているとの事だったが、行けなかったので次回は夜に。。。            少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参...

「ワット・プラ・シーサンペット」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 美しい三つの円錐型の仏塔

前日に入口まで行ったが、ここはじっくりと見たいと思い翌日に。。。 アユタヤ遺跡の中でも一番象徴的な寺院なので、見る価値が充分にあります。 入場料は50 バーツ(約160円)。 アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院で、バンコク王朝におけるエメラルド寺院のような存在。トライローカナート王時代の1448年に建立され、以降はここで宮中儀式が執り行われてきました。寺院のシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、...

「ワット・プーカオ・トーン」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 チキン達

「ワット・プーカオ・トーン」の仏塔の前にニワトリの像が数多くあり、何故チキンと寺院が関係あるのかと思っていたら。 この寺院の手前の広場にある銅像が「ナレースワン王」の記念碑。 ラームカムヘーン、ラーマ5世と並んでタイ三大王の一人と称され軍神・戦神となった伝説の救国の英雄が「キングナレースワン」。 そしてこの王が好んでいたのが闘鶏で、記念堂の周りには軍鶏が沢山奉られているそう。 でも...

「ワット・プーカオ・トーン」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 「黄金の仏塔寺院」

アユタヤ市街の郊外になりますが、午前中に地図を頼りにここ「ワット・プーカオ・トーン」に行ってきました。 「チャオプラヤ川」の橋を渡って真っ直ぐ勧めばよかったのですが、グーグルマップを見ると横道に入った方がいいかと思い左にそれてしまったが、ここが完全なローカルな道でかえって遠周りになってしまった。 丁度行った際に、中学生ぐらいの遠足なにかでバス5~6台が入っていたので暫く待ってから見学。 ...

アユタヤの「チャオプラヤ川」沿いに郊外へ・・・。

タイの真ん中を我物顔で流れている「チャオプラヤ川」。 この川がタイの人々の生活の中心と言っても過言ではなく、数年前の洪水の影響はアユタヤでも相当あったよう。 ただバンコク市内を流れているのと、ここアユタヤでは同じ川なのかと思う程川幅の違いもあるが、流れもゆっくりでのんびりとしている。 なのでバンコクの「チャオプラヤ・エクスプレス」のようなものはない。      ...

「ワット・チャイ・ワタナラーム」~アンコールワット似の世界遺産 アユタヤ遺跡パワースポット!!

まだ「アンコールワット」には行ったことがないのですが、ここの何十倍の規模でしょうが。 こうゆう遺跡を訪れる際には、観光客があまりいない時間帯に行くのに限ります。 この遺跡の前に暫く立っているだけでも心が癒され、体内に力が吸収される様な感じを実際に体験が出来るこここそが「パワースポット」という感じ。 「パワースポット」というは日本中、世界中にあると言われて今迄それらしき処に行ってもあまり...

「ワット・チャイ・ワタナラーム」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 アンコールワットに似ていると言われて

アユタヤでの2日目、午前中に昨日見ることが出来なかった少し離れている遺跡を先に行ってからと思い、まずは「チャオプラヤ川」の川向こうにある「ワット・チャイ・ワタナラーム」へ。 1日目に続いて自転車にて、途中ですでに汗が全身から吹き出てきてビッショリの状態。 でも川沿いにくると風が心地よく、少し汗が引いてきます。 「ワット・チャイ・ワタナラーム」1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった...

夜のアユタヤ駅と駅前の様子~ローカルの駅にしては屋台とかが出ていてそれなりに賑わっています

「アユタヤ駅」、夜になると駅は静かになり、ホームには「チェンマイ」行きの寝台列車が丁度出発する処、この寝台列車こちらではブルートレインでなくパープルトレイン。 絶対に今度はこれに乗ってチェンマイへ。。。(いつになるか・・・)       夕食は屋台でと思ったが、又再び渡し船に乗って街中に行ってみたらやっている店が少なくめんどくさくなり、この日はケンタッキーでチキンサ...

アユタヤ遺跡に映えるサンセットは幻想的な光景。。。

暗くなってからの自転車は少し怖かったので、一旦ホテルに戻り今度は歩いて夜の街をブラブラしようと思ったが、途中の「ワット プラトーン」辺りのサンセットが幻想的だったので暫く眺めていました。          少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。 世界一周をされている方に混じって...

「ワット・ローカヤ・スター」の巨大寝釈迦仏の顔が何とも言えぬ穏やかな表情で。。。

アユタヤの西方にうっそうと生い茂る広大な草原に悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏がありここが「ワット・ローカヤ・スター」。 まわりには寺院も本堂もなく真っ青な空、澄みきった空気のもと、長い手足をゆったりと伸ばし、静かな笑みを浮かべているかのように横たわっている寝釈迦仏。 バンコクの「ワット・ポー」のとは違い建物の中ではないので、仏像の所々は黒くくすんでいますが、何ともいえない優し...

「ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット」の金箔の仏像と「ワット・プラシー・サンペット」は外観から

「ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット」はラーマティボディ2世により作られた、タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂。 ここは入場料がないこともあり、地元の人を含め参拝者があなり多くいました。 中に入るには靴を脱がなくてはなりませんが、見事な金箔の仏像です。        この隣には「ワット・プラシー・サンペット」がありますが、ここはゆっくり...

「ワット プララーム」~世界遺産 アユタヤ遺跡群 巨大な仏塔があり静かな寺院

「ワット プララーム」はクメール様式の巨大な仏塔がシンボルで、周囲を水堀に囲まれていて近くの「ワット プラ シー サンペット」等他の遺跡に比べて観光客の姿もまばらなのでゆっくりと見学が出来る。 仏塔の前には首を切られた仏像一体が、静かに佇んでいます。 ここも入場料は50バーツ(約160円)。                少し前から「...

アユタヤ歴史公園~「エレファント キャンプ」でのエレファントライドツアーが出来る。

「アユタヤ歴史公園」とは、先に紹介した「ワット マハタート」、「ワット ラチャブラナ」等を含む遺跡群と旧アユタヤ王宮跡を含んだ一帯を指す公園。 この公園の中は緑豊かな緑地帯の中にいくつもの遺跡が点在しています。 今回自転車でこの周辺を廻りましたが、ゆっくりと時間をかけて歩きながら巡るのもいいかなと。。。 そしてこの公園内の指定されたコースを象に乗りながら見れる「エレファント キャンプ」...

「ワット マハタート」~世界遺産 アユタヤの遺跡群 菩提樹の中にすっぽり埋まった仏像の頭-Ⅱ

当時の仏像の頭部には金箔が貼られていたので、ビルマ軍が頭部のみを持ち去ってしまったためほとんどの仏像は頭の無い無残な状態で放置されているそうです。 今、タイとミヤンマーを比べれば国としては経済発展しているタイが断然有利かと思いますが、当時は圧倒的ビルマ軍の方が強かったようです。 何体かの仏像は首が残っているのもあるのですが、「ワット マハタート』は菩提樹の仏像の頭以外にも沢山見所があります...

「ワット マハタート」~世界遺産 アユタヤの遺跡群 菩提樹の中にすっぽり埋まった仏像の頭

アユタヤの遺跡の中でも一番有名な遺跡、「ワットマハタート」。 ワット・マハタートは、1767年にビルマ(現ミャンマー)の軍隊による攻撃により廃墟となってしまい、ビルマ軍が切って落とした仏頭が、長い年月の間にこの菩提樹に取り込まれるように埋れたとのこと。 アユタヤが紹介されている資料には、この仏頭が必ずメインに載っています。 マハタートとはお釈迦様の遺骨や遺灰の意味があるそうで、バンコク、ス...

世界遺産 アユタヤの遺跡群 「ワット ラチャブラナ」~破壊された仏像群 Ⅱ

アユタヤ8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院が「ワット ラチャブラナ」 。 仏像の首が攻めこんできたビルマ軍によってことごとく切られた跡が残されています。                    少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさ...

世界遺産 アユタヤの遺跡群 「ワット ラチャブラナ」~破壊された仏像群

「パーサック川」の渡し船に自転車ごと乗船してから、メイン通りを突き進み「アユタヤ歴史公園」方面に行くとまず最初に着くのが、左に有名な「ワット マハタート」がありますが最初に訪問したのは右側にある「ワット ラチャブラナ」。 入ってすぐの建物は改装中。              少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年...

アユタヤの遺跡群に行くには、 パーサック川を渡し船にて乗船します!!

アユタヤ駅側から市街地、遺跡群がある処に行くには川を渡らなくてはなりません。 アユタヤの中心は、周りが「チャオプラヤ川」そして支流の「パーサック川」が流れている中州の「アユタヤ島」にあります。 川には橋がいくつか架かっていますが、極端に少ない。 なのでいくつかの場所に「渡し船」が。。。 自転車ならそのまま載せることも出来ますが、その分倍の料金。 通常運賃は5バーツ(約16円)、自...

アユタヤの観光は手段は~色々ありますが少しでも自分の足を使うレンタサイクルに。。。

「アユタヤ駅」に着いて、駅近くの「アユタヤ・リバーサイドホテル」にチェックインした後は・・・。 午後の早い時間帯で、いつもホテルでゆっくりと出来ない性質なので基本部屋に荷物を置いた後は直に外出します。 なのでホテルで追加料金を払ってまでアーリーチェックイン、レイトチェックアウトとかする気が知れません。 アユタヤの観光には、トゥクトゥク、バイタク、レンタルバイク、レンタルサイクル等。 ...

アユタヤでの宿泊は、パーサック川沿い その名も「アユタヤ・リバーサイドホテル」

アユタヤで宿泊したのは、チャオプラヤ川の支流「パーサック川」沿いに建つ「アユタヤ・リバーサイドホテル」。 アユタヤ駅から近くで、歩いてすぐにいけます。 今回は、「アップルワールド」のサイトからの予約で、1泊税金、サービス料、朝食も込で3,130円。 ここのサイトは、前にも案内をしたように必ず税金、サービス料が込になっています。 中心街に行くには川を渡らなければなりませんが、すぐ近くに常に...

「アユタヤ駅」に到着~のどかなローカル色に浸された駅

「ドン・ムアン空港駅」を過ぎてバンコクを離れた辺りから列車は今迄ゆっくりと走っていたのに、急にスピードを上げますが、やはり各駅停車で駅ごとに停まります。    「アユタヤ」の手前の「バン・パイン駅」。    「アユタヤ」にはほぼ定刻の時間に到着、タイの国鉄は遅れると聞いていたのに拍子抜け。 もう少し「世界の車窓」からの雰囲気に浸りたかったが。。。 さすがに世...

バンコク「ファランボーン駅」から「アユタヤ駅」迄 ~世界の車窓からの気分に浸って。。。

「アユタヤ』へ向かう普通列車は、遅れもせずほぼ定刻に出発。 「ファランボーン駅」のプラットホームをゆっくりと離れると、沿線には鉄道の車両基地があり色々な種類の列車を眺めながら走る事が出来ます。 特に窓が開くタイプの車両ですので、車窓を眺めながら行くのは最高。 思わず「世界の車窓から」のメロディーが過ぎります。  展示してあるSL、長距離の寝台列車とかも停車しています。  ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.