バンコク スワンナプーム国際空港~「カオサン地区」迄の行き方

今回のタイの訪問はまずは「バンコクマラソン」を走る事。すでにバンコクマラソンレポートは、こちらに記述しましたので参考にしてください。⇓ ⇓ ⇓「バンコクマラソン」バンコクに着いたのが金曜日、レースは日曜日。レースのスタート、ゴール地点は「王宮」の前なので、宿泊場所は当然と言っていいほど「カオサン地区」に限定されます。「カオサン」というとバックパッカーの聖地と呼ばれていますが、色々な人種が入り乱れてい...

今年2度目のタイ訪問はLCCではなく、「ナショナルフラッグ・キャリア」で!!

国際線の取扱旅客数はすでにANAがJALを抜いているそうで、日本ではANAが今「ナショナルフラッグ・キャリア」という事になっているのでしょうか。8月に行ったシンガポールは、先に行っている家族に合流する為に仕事が終わってから羽田からのANAの夜便を使いましたが、今回の訪タイはあくまでも個人で行きましたので。それも今年2度目のタイなので、出来る限り安くと・・・。と思うとまず思いつくのが、前回のタイでもプーケット~バ...

バンコク・マラソン~距離の誤差はあったが満足し感謝しています!!

このバンコクマラソン、「スポーツエントリー」のサイトから簡単にもちろん日本語でエントリー出来ました。8/15 まででしたら、エントリー料がフルマラソン 11,000円 ➡ 9,000円ハーフ    9,500円 ➡ 7,500円料金は特別に安くはないが、なによりNETからのエントリーが締め切りとかを気にしないで申込み出来るのが今や海外マラソンの醍醐味。海外のマラソン大会は、「東京マラソン」が外国人枠があるように同じくその国の国...

バンコク・マラソン~仮装をしていたが為に色々な方との出会いが!!

今回のレースでは色々な方と一緒に写真を撮らせてもらったり、色々な国の方と話が出来たりして(ただ会話と言っても言葉が英語だけではないので・・・一言、二言で終ってしまいますが)最初は海外迄来て仮装と悩んだのですが、思い切って仮装して走って良かった。途中日本人にはほとんど合わなかった。(日本から来て走っている方はもっとも早いランナーが多いのでこの辺りの時間帯にはほとんどいなかったのかも)途中ではこんな方...

バンコクマラソン~レースから今のタイの現状が垣間見られる様です!!

「ラマ8世橋」ではランナー皆が写真撮影会の会場ともなっている様子。この光景は日本のマラソンレースでは考えられない事です。地元の方も橋の真中で普段写真を撮る事など出来ない事ですから、ここでも自分はあっちにいったらいこっちに来たりで、レース中でも一番の被写体になった場所でおかげで相当な時間をこの場所で過ごしてしまいました。でもこの時点ですでに周りのランナーは、ほぼ全員が歩きペース。「チャオプラヤ川」を...

バンコク・マラソン~何と絶対におかしいと思っていた距離が6kmも長かった。。。

************************************************************************【AFP=時事】タイ・バンコク(Bangkok)で15日午前中に行われたスタンダード・チャータード・バンコク・マラソン(Standard Chartered Bangkok Marathon)で、ハーフマラソンの距離の計測に誤りがあったことが分かり、大会主催者が謝罪した。参加者は蒸し暑いバンコク市内を数キロ余計に走らされていた。 ハーフマラソンの距離は約21.1キロだが、歩数...

スタンダード・チャータード・バンコク・マラソン 2015  走ってきました!!

スタンダード・チャータード・バンコク・マラソン(STANDARD CHARTERD BANGKOK MARATHON)に11/15(日)に参加して走ってきました。スタンダード・チャータード・バンコク・マラソンは、国際基準を満たした競技であり、世界各都市で行われるマラソンと同様、タイ人および外国人ランナー、ツーリストから親しまれています。という事ですが走り終ってから何か変だと思っていたら、とても考えられないような事実が分ってしまいました。...

リアルタイム タイにいます!

11/13~ブログ更新をしていませんが、リアルタイムでタイに来ています。バンコクマラソンを走ってその後バンコク周辺をのんびりと旅を。。。FBには報告していたのですが、iphoneからのブログのアップは今一つなので、明日帰国しますので帰りましたら前のを交えてしつこく紹介します!...

チャオプラヤ川の船からの眺め~ワット・アルン~王宮迄

昼間の暑さの中でも船に乗っていると心地よい風が吹いてきて、全く暑さを感じない。そして窓ガラスとかがないので、周りの風景を何も遮るものなく写真を撮る事が出来ます。チャオプラヤ川の水は濁っていますが、この日は天気も良く青空が映えていました。「ワット・アルン」を船上から眺め(今塔は修築中)、王宮の近くの「マハラジ」桟橋まで。少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為に...

チャオプラヤ川の便利な交通機関「チャオプラヤ・エクスプレス」

「ヤワラート」から王宮方面にゆっくりと歩いていこうと思ったが、「チャオプラヤ川」沿いに行くと結構な本数の船が往来していたので船に乗って移動。「ラーチャオン」桟橋から乗船し、「マハラジ」桟橋まで「チャオプラヤ・エクスプレス」で。料金は20BTH(約70円)ぐらいだったと思います。これをなら交通渋滞の心配もせず、目的地にも早めに行けます。そしてなにより周りの景色を楽しむことが出来る。少し前から「ブログ村」の「...

「ヤワラート」タイならではの市場がここに!! 

「ヤワラート」は通りにより、食材・衣料品・雑貨と分かれています。観光客向けの造りでなく「華人の人々の生活の一部」を観光客が見物する、といったような雰囲気。市場で売られている物も「お土産」よりも業務用ではないか、といった量で売られていました。 少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。世界一周をされている方に混じって何と見たら...

チャイナタウン(ヤワラート)金色と赤色の世界がここに!!

チャイナタウンは世界中の主な都市に必ずありますが、どこも共通点があるような感じですがここは「横浜中華街」よりは、完全に香港に近い感じ。このビルから低い位置から飛び出している、独特な看板が物語っている。タイの文化と華人の文化が融合し、独特の雰囲気を漂わすバンコク・チャイナタウン「ヤワラート」。表通りには独特の金色と赤色の色使いの中心のビルが。少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと...

フアランポーン駅からチャイナタウン(ヤワラート)への道のり

フアランポーン駅からチャイナタウン(ヤワラート)へは、バスまたはタクシーで5分ぐらいで行けますが、このぐらいの距離であれば歩いていきます。昼間の正午前の一番熱い時間帯でしたが、ゆっくりと歩いていくと古い街並み、所々に寺院があり見所がある道筋。少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。世界一周をされている方に混じって何と見たら...

駅に集まる色々な人々・・・バンコク フワランポーン(クルンテープ)駅にて

フワランポーンよいう名称はタイから見ての海外からの呼び名で、クルンテープという名称はタイ国内の呼び方という事です。どこの国の大きな都市と駅には色々な人が集まります。そして日本ではまず見かけない、とても駅で運営しているとは思えない方達が勝手になのか分りませんが、色々な商売をしている方がいる。一番端っこの12番ホームでは床屋。飲み物、食べ物、お弁当売り。こっちのホームでは何やTVの撮影。待合室には怪しい派...

フワランポーン(クルンテープ)駅ののんびりとした雰囲気が最高にいい~。

終着駅と言えば日本では「上野駅」ですが、新幹線が東京駅発着になって、上野東京ラインが開通してから、そして寝台列車が続々に廃止される現状ですっかり往年の面影が薄れている。鉄道が好きと言っても、駅の雰囲気が特に好きです。自分の地元はさいたま市なので、小さい時からこれだけは自慢が出来るのが終着駅でないですが「大宮駅」。JRの線路だけで22番線あります。これは「東京駅」、「上野駅」に次いでの多く、横浜、もちろ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.