FC2ブログ

「ピピ ベイカリーPhi Phi Bakery」ピピ島での最初と最後の食事はここで!!

ピピ島を離れる船は14時、その前に何か食べておこうと思い海辺のレストランはプーケットからの日帰りツアーの団体でどこもいっぱい。メインの通り「マーケットストリート」にある「ピピ ベーカリー」へ再び。ここは個人のお客さんだけしか入ってないので空いてました。最初の日はテイクアウトだったが、今後は中のテーブルに座ってオーダーを。初日はドーナッツだったが、この時はサラミと野菜のサンドイッチとマンゴスムージー。...

ゲストハウス、バンガローからリゾートホテルまでピピドン島の宿泊場所はよりどり-みどり!!続き

これだけ狭い地区に何件もありますので、オンシーズンでもすべての宿泊場所が満室になるような事はないのでは。。。どのホテルに行くにも車はありませんので、自分で荷物を運ぶかリヤカーを利用するしかありません。まだまだ建築中のホテルも。。。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

ゲストハウス、バンガローからリゾートホテルまでピピドン島の宿泊場所はよりどり-みどり!! 

最近気がつくたのですが、タイトル名が長いのでも入れられるようになった確か以前は字数制限があったような。。。最近「Spotlight」、「facebook」とかにもそのままコピペで出せるし、画像中心の掲載はタイトルでのインパクトがあるので助かります。「ピピ島」の話題から離れられなく、もう少し。宿泊場所の紹介を・・・、何回も言っていますがピピ島に来るなら是非宿泊しなくては、その魅力に味わう事は絶対に出来ない最低2泊、理...

「ローダラムベイ」、ピピドン島での最終日~せめて1週間ぐらい滞在したかった!!続き・・・。

「トンサベイ」から「ローダラムベイ」まで一番距離が短い距離で50M,こんな近くに2つのビーチがあります。やはりビーチにはこの「ロングテールボート」が似合う。ここのビーチは、津波後にかなり広くなったとの事です。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

「ローダラムベイ」、ピピドン島での最終日~せめて1週間ぐらい滞在したかった。

ここのビーチに居ると何もかもすっかり忘れてしまい、あと数日間せめてもう1泊したかったなと後悔。ピピ島2泊ではぜったいに足りない、1週間ぐらいは必要な場所です。暫くは社会復帰出来ないと思いますが、このビーチには2時間ぐらいいましたが1日中いたかった。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

忘れてはならない2004年12月26日 ここピピ島を襲った「TSUNAMI津波」

10年前に大変な惨事になったここピピ島、ここトンサイベイの街並のほとんどが水没して多くの方が亡くなった。観光に来ていて被害にあった方も数多く、中に日本の方も含んでいたとあの当時のニュースで報道されていました。昨年も同時期に「いわて銀河ウルトラマラソン」に参加した後に、三陸の宮古市に一泊して来ましたが、今年も「プーケットマラソン」に参加した後に津波にあった被害地としてのプーケットパトンビーチ、ピピ島を...

午前中の「ローダラムベイ」、ピピドン島での最終日 

早朝の散歩を終えて、一旦ホテルへ戻りシャワーを浴び、朝食を取ってから荷物をまとめてから一旦チェックアウトの手続きをしてから、昼過ぎ頃まで荷物を預けてから再びゆっくりと散策へ。今度は「トンサイベイ」の反対側の「ローダラムベイ」。このビーチ沿いを端から端までゆっくりと。途中干潟に沿って海へ向かったり、砂浜に暫く座ったりしてのんびりと。本当にこのまま時間が止まってくれたらと。。。思う次第でありました。に...

ピピドン島での最終日、早朝から爽やかな晴れ空の下の散策~続き

トンサイベイ沿いに東側を歩いて「ロングビーチ」まで行こうと思ったが、途中で道が途切れてしまいやむなく引き返し。(もしかしたらもう一本違った道があったのかも)今度は桟橋を通り過ぎて西側へ。ここは先は完全に行き止まりで、「モンキービーチ」とかに行くには船でないと行けません。途中には病院もあります。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

ピピドン島での最終日、早朝から爽やかな晴れ空の下の散策

ピピ島の記事がまだしつこく続きますが、いよいよ最終日。と言っても居たのは3日間でしたが、まだまだ画像がありますので。。。まぁそれだけ良かったと言ういう事です。この時期(雨季なので)午前中は曇がちなのですが、この日は早朝から天気が良く晴れていた。こうゆう時にピピレイ島に行きたかったが、午後の船の時間もあるのでトンサイベイの「ヒンコムビーチ」沿いを散歩。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

ピピドン島での夕食~色々あったが最終的に中華とイタリアンに落ち着く 

ピピ島には思っていたより色々なレストラン等食べる処もあり、コンビニもちゃんとあります。1日目の夜はトンサイベイの海沿いにある海鮮中華系タイ料理レストランの、「チャオ・コー(Chao Koh)」。注文したのはパイナップルフライドライス、春巻きにウオーターメロンジュースとミネラルウォーター。さすがに名物だけあってパイナップルフライドライスは旨かった。2日目はイタリアンレストラン、「イタリアーノ」。カルボラーナ、...

夜のピピ・ドン島 といっても・・・それなりの雰囲気を醸し出しています。

夜のピピドン島ですが、プーケットのタウン、パトンビーチと比べれば全然たいした事はないのですが・・・。それなりに陽が沈むとビーチ沿いにのバーが、それなりに雰囲気を演出してお店をオープンさせています。ローダラムビーチの砂浜に直接マットを敷いて、寝ころびながら飲み物を飲むのが特徴。夜の中心街の路地裏の様子。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

サンセット 「ピピ ビューポイント」~「ローダラム ベイ」

暫くこの山頂の「ピピ ビューポイント」にいると風が心地よく、登ってきた時に掻いた汗が一気に引きます。ここに居るにはほとんどがファラン(ヨーロッパ系の西洋人)と結構いたのが韓国人。日本人はここでもほぼ見かけませんでした。ゴミとたばこの吸殻を捨てたら、罰金500バーツ(約1,650円)。...

朝に続いて再び「ピピ ビューポイント」に今度はサンセットを見に!!

ワンデークルーズツアーを終えてから、一旦ホテルに戻りシャワーを浴び着替えて再び「ピピ ビューポイント」へ。丁度サンセットの時間に合わせて今度は正規のルートにて。勿論行きはずっ~と登りなので、せっかくシャワーを浴びて着替えたのにすでに全身から汗が噴き出してきています。この時間帯は結構蚊がいますので、虫除けスプレーも忘れずに・・・。ホテルの目の前の芝生の広場では中学生ぐらいの子がサッカーをしていました...

ピピドン島からのワンデーボートクルーズが絶対にお勧め、それにはピピ島に2泊以上!!

ワンデーのスピードボートクルーズの話題がこれで10話目になってしまいましたが。ほとんどの方(日本人観光客)は、ピピ島に来たと言ってもプーケットからのワンデーツアー。ピピ島に泊まったとしても1泊なので、ピピレイ島の半日クルーズがせいぜいでないでしょうか。今回その半日(サンセットツアー、名ばかり)とこのワンデークルーズ両方に参加出来、これが現状という光景もみましたが、ピピ島には最低2泊、もっと余裕があれば...

「バンブー島」ここは上陸したが再び同じ光景が・・・。

「バンブー島」は、正式名は「コ・パイ(パイ島)」珊瑚はあまり見ることが出来ないが、白い砂浜がと青い海のコントラストが何とも言えない場所ですが。行ったこの時間帯に、「ピピレイ島 マヤベイ」で見た光景がここにも。。。午前中に「ピピレイ島」へ行き、「ピピドン島」でお昼を食べてからここ「バンブー島」に寄ってから「プーケット」に帰るワンデータウアーの定番コースで、丁度今回もその時間帯に当たってしまった様です...

「モスキート島」上陸はしなかったが、行く価値充分な島!!

ピピ島とは一つの島ではなく、正確には6つの島からなるピピ諸島で一般的にピピ島というと宿泊施設のあるピピドン島、マヤベイのあるピピレイ島をさす。バンブー島、モスキート島はそんなピピ諸島の中でピピドン島の北側に並んである2つの島。昼食後にまず最初に向かったのが「モスキート島」。ここでは上陸はせずシュノーケリングを楽しんだ。海の中はピピレイ島より綺麗でサンゴも結構あったが、防水デジカメを持たずに入り、おま...

最初はどっかの島かと思ったが、「ピピドン島」の名も知れないビーチに上陸

「ピピレイ島」を離れ、数人のインド人ファミリーを「トンサイベイ」で降し、(このファミリーの半日ツアーが混載だったので、ピピレイ島を午前中に訪問)その後は北上して「モスキート島」、「バンブー島」を目指します。その前にランチタイムで、どっかのビーチによってお弁当が配られます。お弁当はチャーハン、飲み物は自由にクーラーボックスから取り出すことが出来るので、お弁当と水を持ってビーチに上陸。建物があったので...

「ピピレイ島 バイキングケープ」~ここで生活している人もいる

「ピピレイ島」、およそリゾートとはかけ離れてしまった光景も見てしまったが、島自体は自然が残っていて、ほんの一部しか立ち入る事が出来ない島。あのマヤベイの海岸にはどれだけの人数の人がいたのやら、ただ夜になると人が全くいない無人島になります。ただ何人かの人は勝手に住み込んでいる人もいるようですが・・・。この「バイキングケープ」もあきらかに人が生活しているような、洗濯物とか干してあったが。ここはあの高級...

「ピピレイ島 ローサマベイ」~やはりロングテールボートはこちらから上陸 

「マヤベイ」ではあの状態での混雑ぶりで、とても泳ぐとか、シュノーケリングをする様な状態ではないので「マヤベイ」の反対側の「ローサベイ」へ。ここも昨日来たが、島に上陸する為に泳いだのみでシュノーケリングをしなかったので、今度は少しゆっくりと海の中に入る事が出来た。この時間帯もロングテールボートで来ているツアーは、こちらから船から泳いであの縄梯子を上らなければならないようで。ツアー費が安いものはここの...

「ピピ レイ島 マヤベイ」でもビーチにいる人を見なければ。。。

「マヤベイ」はビーチにいる人とスピードボートの数を見なければ、やはり「ザ・ビーチ」の舞台だけあり絵になります。「ロングテールボート」を入れると雰囲気が全く変わり、特に端の方は人が少なく小魚の大群が泳いでいたりして他のビーチとは違う。午前中だったら早い時間に、午後の少し遅い時間帯がベストなのでは。。。この日の午前中は天気も曇っていたので、午後になって晴れたのでもう一度午後の時間帯に訪れたかった・・・...

再び「ピピ・レイ島 マヤベイ」に行きましたが・・・とんでもない光景が。。。

午前中は混雑していると聞いていたが、ここまですごいとは・・・。前日は「ロングテールボート」でまず裏側の「ローサマベイ」から、泳いで上陸してその前にガイドに20バーツの入島料を渡したが、スピードボートでは直接「マヤベイ」に上陸。スピードボートツアーは、その分料金も高いので料金に含まれているのか取られませんでした。ただ時間帯が悪く、プーケットからのワンデーツアーが丁度着く時間に当たってしまい。これを見れ...

モンキービーチに再び、今度は午前中だったので。。。

前日午後ににロングテールボートで行き、満潮でサルも何匹かしか見かけなかったが、引潮でビーチも形を表していて、結構な数のサルを見かけました。なので「モンキービーチ」は、午前中に行く方がいいのかもしれません。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

スピードボートで行くピピ・ドン島発 ワンデーツアー

前日の午後はサンセットツアー(名ばかり)のロングテールボートツアーに参加しましたが、翌日は今度はスピードボートでの1日ツアーに参加。料金は1200TBH(約4,000円)。再びピピレイ島にも行くが一部に半日ツアーも入っていたので、人数も最初は12人前後。ファラン(西洋人)ヨーロッパ系がほとんどで、後はインド系のカップルとファミリー。日本人は自分一人でした。アジア系の方も全くいないので、勿論ガイドからの案内もすべ...

ジプシー シー ビュー リゾートGypsy Sea View Resort まだ新しくお勧め

「ジプシー シー ビュー バンガロー」としか少し前のガイドブック、情報誌のマップには載ってないが、同じ敷地内に「ジプシー シー ビュー リゾート」として2階建てでまだ新しい建物のリゾートホテルがあります。今回はここに2泊しました。Booking.com(ブッキング ドット コム)から2泊で3,000THBタイバーツ(約9,900円)。1泊5,000円しないで朝食付き、税金・サービス料すべて込の現地払いです。それでもタイ国内では安い部類に...

「ピピ ビューポイント Phi Phi View Point」からの早朝の眺め!!

「ピピビューポイント」の頂上からの眺めは何とも言えず、最高のロケーションを演出しています。ピピという名前のスペルが「phi phi」と「pee pee 」両方使われている。途中早朝にも関わらず、湿気が多く全身汗ダクになった体が頂上での爽やかな風の心地よさで一気に引きますが、水分を持ってこなかったことに後悔。頂上には売店もありますが、まだこの時間はさすがにオープンしていなかった。行かれる方は必ず行かれる方は必ずペ...

「ピピ ビューポイント Phi Phi View Point」に行くのに遠廻りをしてしまった!!

シンガポールの記事が続いていますが、この辺で忘れないうちに「タイ ピピ島」まだ途中でしたので勝手に再開させて頂きます。ピピ島では2日目、タイに入ってからは6日目から。早朝の散歩から「プーケットマラソン」(2日後)の疲れも取れたので、運動再開も兼ねて「ピピビューポイント」に行ってきました。「ピピ島」では一番標高が高い場所。ちょっとしたトレッキングも兼ねてと、そんな大それた場所ではなく通常のルートを取れ...

「トースト・ボックス TOAST BOX」 シンガポールでの朝食はここで!!

家族3人が帰国してからは、正味2日間ですがいつもの一人旅を満喫。正直、ホテルも食事も豪華な処でなく安くて最悪ではしょうがないですが、安くて良い、さらにまあまあこの範囲内では許せるというのであれば、全く問題ありません。一人になってからのホテルには朝食なんかは付いていませんので、外で済ませるのですが今回宿泊したホテルの近くに(2件とも)ショッピングモールがあり,そこに必ずと言っていい程このお店がありました...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.