FC2ブログ

磐梯猪苗代ウルトラマラソンまで1週間ですが。

来週の土曜日は、「磐梯猪苗代ウルトラマラソン」があります。考えてみたら最近はレースは月1回ペースですが、爆水ランを除いて6月から3回目のウルトラ。8月はトータル61kmしか走ってなかったのに。このレース今年で3回目なのですが、制限時間が65kmで13時間なので、同時スタートの100kmコースも13時間(なので絶対に100kmは参加したくない)。100kmコース参加するランナー(知り会いも何人かいますが)は、ウルトラランナーの中で...

この夏のランニング時の水分補給で重宝したドリンク 「スイカジュース」、「カルピスオアシス」他

久しぶりのランニングの話題てか、多少グルメか・・・。先週末は多少今迄よりは走り易い陽気になったので、それでも10kmぐらいが限界ですが走れました。夏場の暑い時のランは、家からウオーターボトル又は500mlのペットボトル持参で走りますが、これが5kmもいかないうちにすっかりなくなります。途中での水分補給、自動販売機、コンビニ、最近はコンビニ以外でも場所によってですが、駅以外でもsuicaが使える自販機もあるので、小...

上杉謙信公の菩提寺 「林泉寺」

「林泉寺」は、長尾能景(ながおよしかげ)が開山した。その約40年後、能景の孫でまだ7歳の幼い少年が、林泉寺の門をくぐり、そののち7年間、6代目の住職天室光育のもとで薫陶を受け育てられた。その少年こそがのちの上杉謙信、すなわち長尾虎千代であった・・・・・。...

上杉謙信公の居城 「春日山城」と「春日山神社」

春日山城は、難攻不落の山城とよばれ、とにかく天然の要害。この城を攻めようと思った武将は一人もうなかった。本丸跡の脇には再現された「毘沙門堂」が、謙信は必ず合戦の前に毘沙門堂に篭って精神を統一してから出陣した。...

上杉謙信公の居城 「春日山城」

「春日山城」は上越市中部にある春日山山頂に築かれ、天然の要害を持つ難攻不落の城とされ、長尾為景、長尾晴景、上杉謙信(長尾景虎)、上杉景勝の四代の居城。別名を「鉢ヶ峰城」ともいい「春日山」の名称は、奈良の春日大社に由来する。天守閣とかは残ってないですが、春日山城は自然の地形を活かした郭、空堀、土塁などが無数に築かれており、現在でもその一部を目にすることができる。春日山には散策道があり、自然観察なども...

上杉謙信公と春日山城展 

以前行った時のものですが、歴史上の人物で尊敬している武将はと聞かれると「上杉謙信」と答えています。小さい時に見た大河ドラマ「天と地と」に感銘を受けて、数年前にやっていた「天地人」もしっかりと見ていました。天下という野望はなかったが、「義」を貫いた武将。最後は酒の影響で、脳溢血で49歳で世を去ったがもう少し生きていたら、信長が天下を取れていたか分らなかった。最初「春日山」だけに登って一周するつもりだっ...

雪に埋もれたお地蔵さん??

見た目に涼しそうな画像ですが、これ今週行った仕事の合間に立ち寄った時に撮った画像。雪に埋もれたお地蔵さん・・・。でもここに行って写真撮っていた時は全身汗がグッショリ、太陽がギラギラ状態。これ全部雪でなく塩。後で調べたらこのお地蔵さん、その名も「塩地蔵」と言い、いぼ取りなどに霊験ありと伝えられています。この塩を頂いてイボにつけるとイボがとれるとのこと、あと神経痛にも効果があるよう。お堂内の塩をいただ...

「孤独のグルメ」Season4 文庫本も出ています。

毎週水曜日はこの番組がpm23:58から始まるので、これを見てから寝るので木曜はいつも寝不足です。「孤独のグルメ」Season4 何故か惹かれて見てしまいます。主人公の「井之頭五郎」、どこにでもいるようなキャラなんですが、仕事が外回りでその街に行って、特徴があるお店に寄って好きな物を食べる。この行為が常に「楽しく仕事をする」というのにピッタリで、仕事の活力になっています。そして自分と同じ、お酒が一滴ものめない「...

カリーライス「エチオピア」 野菜カレー 

夏の昼食と言えばカレーでしょう。と言うことで、皆さんも結構記事にしていますが「神田神保町」をカレーの街にした本場「エチオピア」へ。注文したのは「野菜カレー」(\930)。辛さは0倍~70倍まで選べますが、どうしても自信がなく1倍をオーダー。周りの人は平気で10倍、20倍をオーダーしていた。神保町のカレー屋の特徴でもある、蒸かしジャガイモにバター、食後には「マンゴシャーベット」がつきます。量も味も満足、食べてい...

地下鉄のポスターで教えてもらえるもの

今月は特に仕事での出張はないので、この暑さの中日々都内を廻っています。毎日通勤はJRですが、仕事中に必ず乗るのが地下鉄。そこで必然的に見るのが、地下鉄の駅に掲示してあるポスター類。「東京マラソン」これは当然目にして,早くにエントリーしました。2年連続4回目の当選はありえることか・・・。車内マナー、特に今の時期に多い大きな荷物を持った方が多い。確かに網棚とかに載せるのは大変、上げたら上げたで降ろすのが一...

青森駅近くの街並みの光景 「青食センター」

青森駅の周辺、以前来た時はもっと市場が駅の目の前から広がってもっとごちゃごちゃしていたが、駅前はすっかり整備されてしまい駅ビル、駅前の広場になっていました。ただまだ少し離れた場所にまだまだこんな光景が残ったまま。朝、おばさん方が腰を曲げて店の準備をしている様子、まだいつまでも残しておいて欲しい。...

ねぶたの家 「ワ・ラッセ」

青森駅のすぐそばの海側、行った時は館内の有料施設はすでに終わっていて入ることが出来なかったが、少し雰囲気を味わうことが出来た。ただ本場の「ねぶた祭り」、1度見ましたがあの雰囲気をもう一度味わってみたい。...

津軽海峡夏景色 サンセット

出張時に行った「青森」で、仕事が終わってから18時過ぎに青森港周辺をうろうろ。対岸は北海道、学生の時ここから連絡線に乗って何回も北海道に行きました。観光物産館「アスパム」、青函連絡船メモリアル「八甲田丸」、青森駅周辺をちょうど陽が沈む時刻に。*画像が暫くup出来ないかもとの記事があったので、暫く休みますと宣言しましたが今日見てみたら楽々up出きるようになってました。よかった文章より画像で表現するブログで...

画像がup出来ないので、暫くお休み。

先週から画像がなかなかup出来なかったので、PCの調子が悪くなったのか、容量がいっぱいになってしまったのかと思ったら、今日こんな記事が。------------------------------------------------------------------------------「ブログ画像アップロードに関する不具合について」いつもアメーバをご利用いただき、ありがとうございます。ブログ画像がアップロードできない件につきまして、ご迷惑をお掛けしており申し訳ございません...

三島 源兵衛川(げんぺいがわ)水辺の散歩道

先週の日曜は、信州の「依田川」の爆水ランに参加してきましたが、先月こ行ったここ三島の「源兵衛川」は川の上を歩いて散策が出来ます。「水の都・三島」の清流のシンボルである源兵衛川は、市立公園・楽寿園小浜池の湧水を水源として、市街地を通り中郷温水池まで流れる全長1.5kmの農業用水路。ここの散策路から「柿田川湧水群」を見てくれば、丁度良い散策コースです。...

富士山からの湧水「柿田川湧水群」

先月静岡出張の仕事後の金曜日に、「三島」に1泊して土曜日に行ってきた「柿田川湧水群」。マラソン大会の時もそうですが、必ずせっかく行ったので仕事後にも時間があれば、もう1泊してきます。(マラソン大会の場合は、前後も含めて2~3泊余計にということもありますが)流水はほぼ全量が湧水から成り、これは富士山への雨水や雪どけ水が三島溶岩流に浸透し、その先端部から湧き出でたもの。全長は約1.2kmで日本で最も短い一級河...

「サンマルクカフェ」 フラッペいろいろ

いゃ~毎日暑い日が続きます。営業の外回りはつらい、汗ビッショリ。今までの真夏のランの効果は多少なりとの出ていますが、飲物だけではさすがにダメ。そこでつい寄ってしまいます。「サンマルクカフェ」、暑い日は迷わずこれをオーダーします。あっ、これもちろん1度に食べたものではないですよ~。ただもうすぐ全種類、食破達成しそう。ちょっと前だったら恥ずかしくて頼めなかったが、最近羞恥心がすっかりなくなって堂々と。...

「第18回 信州爆水RUN in 依田川 」鉄人コース 下流~上流へ

今年は各地で集中豪雨があったので、水量も多いと思ったっが昨年と比べて水かさも低く、水位が背丈以上もあり水の中の流れが早く、危うく溺れそうになった場所も充分に立てる深さでした。深い処とか流れの速い処もありましたが、あえてそうゆう場所に行かなければ大丈夫。上流からの折り返しは、流れに沿って泳いでくれば楽で速かったが、水位が低く石にゴツゴツ当たりそうで、怖くて泳げなかった。ちなみに、毎年参加している仲間...

「第18回 信州爆水RUN in 依田川 」鉄人コース  スタートから下流へ

このレース全員が必ず「ヘルメット」着用が義務ずけられてます。受付の横にてレンタルしてくれますが、サイズは1サイズということでしたが、微妙に違うようです。昨年は結構キツくてレース後に、頭の両脇が結構痛かったのを思い出しましたので、いくつか試着してから、多少余裕のあるものをチョイス。服装もマラソン大会みたいに、ランシャツ、ランパン姿はさすがに見かけなかった。全身濡れないという事は、絶対にないので濡れて...

「第18回 信州爆水RUN in 依田川」鉄人コース 報告とスタートまで

「信州爆水ラン」、3回目今年も参加して走って、泳いで、滑ってきました。子供の頃、おもいっきりプールに行って遊んで帰ってきた時の疲れに似ており、それに浸ってます。この疲労感は、レースで走った後の感じではない。走ってというのはほとんど川の中なので、川原のゴツゴツした石の上で全体の10%程度。泳いでは、昨年と違い深みはありましたが、全体的に水位が少なく最後は泳ぎたくても泳げなかった。滑っては、これがあらゆる...

弘前城(鷹岡城)

弘前城は「津軽氏」4万7千石の居城。歴史の大舞台にはあまり出てこないが、「弘前城」といえば桜が有名。城内には2600本の桜の木が植えられていて、開花が遅いので丁度ゴールデンウィークの頃が毎年見頃。うっそうと茂った木々がこの時期でもすばらしいが、やはり桜の時期に一度来てみたいものです。...

弘南鉄道 大鰐(おおわに)線

6月に出張に行った際に乗ったが、噂ではあと何年かで廃線になるのではないかと言われていますが、何とか持続してほしい鉄道です。他に「JR弘前駅」から「黒石」までの「弘南線」もあり2路線。以前は「黒石線」というのもあったが、今は廃止。今回は仕事の関係で「弘前大学」に行った時に乗車しましたが、時間があったら「黒石」少しはなれた「五所川原」からの「津軽鉄道」に乗ってみたい。「弘前大学」。弘前市内には城以外にも歴...

「第20回奥武蔵ウルトラマラソン」 高山ASから再び高山ASまで

折り返しの「丸山AS」に行かないと見ることが出来ないと思っていた、「ビキニ水着美女」がこの「高山AS」にもいた。早速ドリンク、食べ物を貰う前に頭から水を掛けて貰う。何とも言えない気持ちの良さで、スッカリ回復したが時間が差し迫っている為に「帰りはもう寄れないね」と言うと「そんなこと言わずにガンバッテ戻って来てください」と言われると、本当に単純なのか鼻の下を長くして、張り切ってしまうオヤジでした。「デビル...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.