FC2ブログ

イタリア旅行  ローマ 「コロッセオ」 5日目

午前中に「バチカン市国」を訪れた後に、「ローマ歴史地区」へ。古代ローマ帝国時代に建設された巨大な円形競技場「コロッセオ」は、英語「コロシアム」の語源。西暦80年頃。ローマ皇帝ヴェスパシアヌスが計画・着工し、息子ティトス皇帝の時代に完成しました。外周527メートル、高さ46.5メートルもの巨大競技場。約5万人もの観客を動員できたとのこと。ローマ帝国時代、ここでは血をすわせるため白い砂が撒かれその上で剣闘士同士...

イタリア旅行  バチカン市国 「サン・ピエトロ大聖堂」 堂内-3 5日目

まだまだ「サン・ピエトロ大聖堂」ですが・・・。再び画像のみ。この「サン・ピエトロ大聖堂」および「バチカン市国」はスイスの用兵によって守られています。...

イタリア旅行  バチカン市国 「サン・ピエトロ大聖堂」 堂内-2 5日目

引き続き「サン・ピエトロ大聖堂」の中。解説一切なし画像のみ。...

イタリア旅行  バチカン市国 「サン・ピエトロ大聖堂」 堂内-1 5日目

「サン・ピエトロ大聖堂」は世界最大級の教会堂建築である。創建は4世紀。聖ペテロの墓の上に建てられたカトリックの総本山、16世紀に法王ユリウス2世により再建されラファエロやミケランジェロが設計に参加した。聖堂の中に入って、ここはフラッシュを炊かなければ写真もOKとの事でしたので、撮りまくりました。以下はすべて画像のみ。...

第1回ちばアクアラインマラソン 「東京湾アクアライン」~「袖ヶ浦市民会館」まで

「アクアライン」内は、もちろん一般の方は入れません。このレース沿道の方の応援が多かったので、仮装で走ればと後悔してたのですが、「アクアライン」に入ってからは、大会のスタッフのみ。このスタッフ、もちろんボランティアでしょうが両脇の沿道に10m間隔に1人が立っています。この日陰がない暑さによっていつ倒れてもおかしくないランナーに備えてか、普通の沿道では応援の方の規制をする為でしょうが、それにしても結構な人...

第1回ちばアクアラインマラソン 「東京湾アクアライン」~「海ほたるPA」

「海ほたる」がだんだん近ずいてきます。「アクアライン」は8km地点で高速道路に乗り、19km地点までの約11kmの距離。海の上なので、当然日陰は全くなく、高速道路上なのでエイドも「海ほたる」までありません。気温はぐんぐん上がる、片道5kmの給水なしは絶対につらい。凍らせたウオーターボトルを2本背負っていたので、チビリチビリ飲みながら進んだので少しは助かったが、何もないと絶対につらい。「海ほたる」がもう少し。こん...

第1回ちばアクアラインマラソン 「木更津金田IC」から「東京湾アクアライン」へ

「高速道路を走る」、これももちろん始めての体験。確か「第二東名」の開通記念でもあったようだが、忘れもしない「東日本大震災」の1週間後に開催予定だった「2度と走れないマラソン大会」エントリーしてたのですが。北関東道の「足利IC」から「大田IC」までの往復を走る予定が中止になってしまい、2度とどころか1度も走ることが出来なかった。その後は、まず高速道路上を走るなんてと全く考えてもなかったが、今回実現させてくれ...

第1回ちばアクアラインマラソン スタート地点から「木更津金田IC」まで

スタート地点へは10時7分以上は過ぎていたと思いますが・・・。遥か後方からでもマイクの音声で必ず分る方、もう何回、何十回とレースでお目にかかってます。この方達が見送ってくれます。「小出監督」は、地元が千葉だが、「千葉ちゃん」は・・・、千葉県でなく京都出身だそうだが、何故かピッタリ合う、その隣の「増田明美さん」は千葉出身。「森田健作知事」かと思ったが、すでに先頭ランナーを見送った後に、「海ほたる」に車...

第1回ちばアクアラインマラソン スタート地点まで

「木更津」までどう行こうかと迷ってましたが、結局はJRを使って「東京駅」からの「京葉線」の快速木更津行きで。そう「大人の休日倶楽部」に入会したので(これはつまり年をとったという証拠にもなるが)「休日パス」が普段2600円のところ会員割引で2000円で買えます。次の「湘南国際」もこれ使っていくのが一番得のよう。8時ちょっと過ぎに「木更津駅」に着いたが、会場まで結構な距離がある。すでにゼッケンも送られて来ていた...

第1回ちばアクアラインマラソン

「アクアラインマラソン」走ってきましたが・・・。結果ですが、第4関門の24.6km地点で制限時間が目の前で過ぎてしまい、無常にも収容されてしまいました。春の「富士五湖ウルトラ」に続いて2回目。悔しいですが、それぞれの関門の制限時間を何も知らず(案内パンフにはちゃんと書いてあったが)、全く見てもいなかったので作戦ミスというか、自業自得というやつですね~。6時間の制限時間しか頭になく、「アクアライン」はゆっく...

イタリア旅行  バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂 5日目

この日は、ホテルを出てまず最初に訪れたのは、ローマ市内にある小さな国「バチカン市国」。ここがカトリック教会の総本山で、沢山の信者が訪れる「サン・ピエトロ大聖堂」。国全体が「世界遺産」です。午前中それも結構朝早かったのでそれ程の混雑はなかったが、それでも観光客が怒涛のように次から次へと来ます。聖堂の中に入るには、セキュリティーチェックと同時に服装のチェックもあり、ショートパンツとかサンダル履きなどラ...

イタリア旅行  ローマ カンツォーネディナー 4日目

この日の夕食は、カンツォーネを聴きながらのイタリアワイン飲み放題のディナー。下記がイタリア語の「リストランテ」(レストラン)。店の前の道には、こんな小型車が並んでいて、何処も道が狭いのでこんなのが便利なのかも。店に入り着席すると、いきなりアコーディオンが鳴って「カンツォーネ」の始まり。ワイン飲み放題のこうゆう時に、我家はもったいないがコーラとミネラルウォーター。料理は、パスタからメイン、デザートの...

イタリア旅行  ローマ 国立博物館(マッシモ宮)周辺 4日目

「ローマテルミニ駅」、「五百人広場」前の教会。マッシモ宮の一角にある「ディオクレティアヌス帝の浴場跡」。「サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会」。古代からの遺跡だろうが、何とも無造作に置いてあるのが何とも言えない。「共和国広場」。...

ゴイサギ(五位鷺)in 芝川

昼間は林の中でじっとしていて、夕方から川や池へ出かけていって魚を捕る夜行性のサギということですが、たまによく昼間に近くの「芝川」でみかけます。先日も家の近くの橋の上から。...

イタリア旅行  ローマ テルミニ駅構内 4日目

今回の旅行は、家族4人なのでツアーでの参加でしたが、空いた時間、自由時間を利用して少しでも単独行動を。いつも朝早く起きては、主なポイントを見に行くのが楽しみなのですが、今回はほとんど宿泊が郊外ホテルだったので、それも出来ず。ショッピングタイムを利用して、「ナポリ中央駅」に続いて「ローマテルミニ駅」に行ってきました。正面から。反対側から。駅の横は、多少妖しい雰囲気もあるが。構内は明るい雰囲気。ホーム...

イタリア旅行  ローマ テルミニ駅周辺 4日目

ポンペイからハイウェイで、ナポリ郊外を通過して「ローマ」へ。まずローマは、「テルミニ駅」の直そばでバスを降りて、「三越ローマ」に寄ります。ツアーではしかたがないのですが、この場所は比較的中心地で「テルミニ駅」以外にも見所がある場所。ショッピング時間として1時間以上取ってくれたので、他の家族3人はすでにお店でおみやげの品物を物色し始めましたが、ここに1時間もいるのではもったいないと思い、早速1人で周辺を...

イタリア旅行  ポンペイの遺跡(続き) 4日目

「ポンペイの遺跡」、ほぼ午前中目一杯使って歩いたが、まだまだ行けない場所は多数。じっくり廻れば確実に1日かかります。建物の中も、そのまま残っている。公衆浴場と熱浴室、温浴室サウナで超豪華。2000年以上前から「テルメ」は、娯楽、社交場だったようです。上の窓からの光を遮ると、下には人物の顔の彫絵が。街並みに出ると現代とそんなに違わない様な、生活の痕跡が多く見られます。パンを焼いた窯跡。そしてこのシンボル...

イタリア旅行  ポンペイの遺跡 4日目

ナポリのホテルをチェックアウトしてから再び南下して向かったのは「ポンペイの遺跡」。「ポンペイ遺跡」は、古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡。西暦79年8月24日、ナポリ湾を見下ろすベスビオ火山が大噴火すると、南東10キロに位置したポンペイの町は火山灰に埋もれてしまいました。その後、およそ1700年の時を経て始まった本格的な発掘によって、古代都市の様子がまるで時が止まったかのよ...

「真岡鉄道」 SL「もおか号」乗車

「益子駅」からSLに乗車して「下館駅」まで。益子の散策がどうしても時間に限りがあったのが、これに乗る為でした。「C11325」C11型は、昭和7年から昭和20年までに、381両が製造された機関車。 現在真岡線で運行している機関車は「C11325号」。この蒸気機関車は、新潟県北部の水原町(現阿賀野市) から真岡市が、平成8年3月に譲り受けた。「C11325号」は、平成9年5月から真岡駅構内で解体作業をして、フレーム ・車輪などを大宮...

陶器の街「益子」 散策

「真岡井頭マラソン」走ってから真岡駅まで送って貰い、このまま真っ直ぐに帰るのはもったいなく、10kmの距離で多少物足りなさもあったので「益子」まで再び「真岡鉄道」に乗って。「真岡駅」の駅舎はSLに模して作られたもの、正面から。駅ののホームにもこんなレトロ風な客車が、つながれてます。「益子駅」。時間が限られていたので、街中を行ける処まで。、つい1週間前に「城内坂ウルトラマラソン」の舞台になった「城内坂交差...

第29回真岡井頭マラソン スタートから一気にゴールまで(10kmコースなので) 

前回スタート待ちの並んでいる時の事を書いたのですが、ランナーの方本人は全く気ずいてなく、走る事に集中しているので特に気にしていないのでしょう。でもどうしてどのレースでもそうなのですが、それもレース直前にトイレの大の個室に、あんなに列を作るのか不思議です。自分もその時が来るかもしれないので、深く考えないでこの辺にしておきますが・・・。「井頭公園」、日本の都市公園100選に入っていて933haの敷地があるとの...

第29回真岡井頭マラソン スタートまでとちょっと

「真岡井頭マラソン」走ってきました。井頭(いがしら)と読みます、今日行って見るまで(いとう)と読むと思っていた。前にも書いたように、本日は過去2年連続で参加した「東京夢舞マラソン」が、うっかりと言うかいつものようにエントリーが遅れてしまい、締め切っていたので、悔しくて同じ日で関東近県で朝家を出て充分間に合うレースと言うことで、「真岡井頭マラソンをエントリーしたのですが・・・。案内状が来る間際まで、...

イタリア旅行  アマルフィ海岸 3日目

ナポリを南下して、カンパーニア州にあるソレントからサレルノまでの全長40キロの海岸線は、コスティエラ・アマルフィターナ(Costiera Amalfitana)と呼ばれ、世界でもっとも美しい海岸線と言われています。海岸線は急カーブが続き、バスも大きいサイズは無理との事で、狭いカーブ手前では派手にクラクションを鳴らして勢いよく走り抜ける。アマルフィの起源は古く、古代ローマ時代までさかのぼります。海に面していた上、海岸線...

イタリア旅行  カプリ島 青の洞窟 3日目

カプリ島は、チレニア海に浮かぶ島の1つで、ナポリの南約30kmに位置する(カプリ島から見て、ちょうどナポリ湾の対岸にナポリがある)。ベスビオ火山やポンペイなどともここから数10km程度しか離れていない。カプリ島の面積は10.36km2(東京都・千代田区とほぼ同等)、島の外周は約17km。島の入口の「マリーナ・グランデ」。そして最大のポイント、青の洞窟(グロッタ・アッズーラ)へは中型のモーターボートで。アズーリというの...

イタリア旅行  ナポリ港~カプリ島 3日目

朝早めにホテルを出発して、「ナポリ港」(べベレッロ港)。ここは、「ヌオヴォ城」の目の前にあります。向うには、赤レンガの倉庫群。まだオープン前だが、かつて「マラドーナ」が所属していた「SSCナポリ」のオフィシャルショップ。この高速船に乗って「カプリ島」に向かいます。港の向うの埠頭には豪華クルーズ船。船の上の海からの「ナポリ港」の全景。後ろには「ヴェスビオ山」が・・・。約1時間で「カプリ島」へ。「カプリ島...

イタリア旅行  ナポリ ポジリポの丘 市街 中央駅 2日目

「ガゼルタ」の街から「ナポリ」市内に入ると、急に都会に入ってきたという雰囲気だが、日曜日とあって街の中は結構閑散としてました。「ポジリボの丘」。ここから「ナポリの街」、「ナポリ港」、「ヴェスビオ火山」が一望。ここからのポイントが「世界3大夜景」の1つ。夜はよっぽど注意しないと来れる場所ではありません。ちなみに世界3大夜景とは・・・、「ナポリ」、「香港」、そして「函館」だそう。それから遅めの昼食、これ...

レイクタウン 「イタリアフェア」

週末に久々に「越谷レイクタウン」へ。10月から6年ぶりに営業セクションに移動になった為に、ビジネス用品のカバンとかを買いに行ってきました。仕事は外回りが増えますので、歩くのはもちろん好きで普段のランニングの成果で、足には自信があるのですが、以前に比べて頭の衰えが目に見えています。こんなイベントが、「イタリアフェア」。イタリアンフード店舗の販売が中心でしたが、一角にこんなコーナーが。「イタリア代表」ア...

奥武蔵自然道を行く 物見山~北向地蔵~五常の滝~武蔵横手駅

「日和田山」からは、下り上りで途中「高指山」があったが、案内標識の矢印がちょっと曖昧で思わず、スルーしてしまった。「駒高地区」、ここにトイレと売店があり、アイスクリームを購入し暫し休憩。「物見山山頂」、ここは今迄「奥武蔵グリーンチャレンジ」で3回来ていたが、頂上にじっくり時間をかけて暫くいたのは始めて。やはり頂上はゆっくりと時間をかけている為の場所です。下りの途中「トレラン」のグループに追い抜かれ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.