日本橋~横浜駅までの旅ラン 多摩川 大師橋~横浜駅東口

「多摩川」を渡る海沿いに一番近い橋は、「大師橋」。今後の旅ランを続けていく上で、(どこまで行けるのか)道は多少間違えても「一級河川」は必ず一番海沿いの橋を渡る事。「大師橋」を渡るとやっと神奈川県川崎市へ。川崎に入って「産業道路」沿いの歩道を進むとこんな感じの両脇に木々が生い茂ったロードがあるので、車の廃棄ガスから少し救われます。この左脇沿いの高速道路の壁沿いに、ホームレスの住居が結構見受けられまし...

日本橋~横浜駅までの旅ラン 竹芝桟橋~多摩川 大師橋

日本橋から横浜まで走ると決めて、幹線道路(東海道、第一京浜など)沿いにだだひたすらというのは面白くないし、見所も限られてしまうので出来る限り海沿いに走り(歩き)、色々な場所を見て写真を撮りながらという目的で進みました。ナビ機能のスマホでも持っていれば分り易かったかもしれないが、持っていないので「グーグル」の地図を見てある程度頭に叩き込んできただけ。ここで再認識したのは、ナビとかもそうだが「グーグル...

日本橋~横浜駅までの旅ラン 仮走 「日本一周ラン」 スタート~竹芝桟橋

旅は効率良く、早く目的地に着くのがいいとは限りません。そこで偶然見た景色、食べた名物、出会った人々、それが心に深く刻まれたりします。旅の面白さはそんな想定外のところから生まれるかもしれません、急ぐと見えないけれど、ゆっくり進むと見えないものが見えてくるのが多く、効率が悪い方をあえて選ぶのが旅の楽しみです。飛行機の場合は格安の乗り継ぎ、経由便、LCC等を使って、列車も新幹線、特急でなくあえて各駅停車、...

いわき市石炭・化石館 『ほるる』 模擬坑道、生活館

外の炭坑跡。「模擬坑道」地下600mに降りる雰囲気をあじわいながら入坑した坑道には、実際と同じ枠が作られ、各ステージに古い時代から現代まで順に石炭の掘り方が再現され、まるで石炭坑道に入ったかのような空間が展開します。(実際はエレベーターが相当下まで下がる演出をしているよう)昔は炭坑の中は温度が高く、男の人はもとより女の人も上半身裸で作業をしていたようです。石炭の原石。「生活館」...

いわき市石炭・化石館 『ほるる』 化石展示室

社員旅行の2日目ですが、「ハワイアンズ」には色々な楽しめるアクティビティー、施設、ショーもあるのですが、あえてホテルのシャトルバスに乗って「JR湯本駅」まで行って、温泉街を散策。その前に駅の反対側にある「いわき市石炭・化石館 『ほるる』」へ。入ってすぐの展示室が化石の展示物。「ニタリクジラ」「マッコウクジラ」「マメンチサウルス」「トリケラトプス」「プリオサウルス」「サーベルタイガー」「エレモテリウム」...

2012 03 23-24  社員旅行 「Hawaiians きずなリゾート」へ。

3/23 金曜の午後から1泊2日で「スパリゾートHawaiians 」へ、社員旅行で行ってきました。この時期だからこそあえて福島へ、と言うことで久々の社員旅行でしたが、金曜の午前中までは仕事をして宴会時間まで多少余裕があって行ける場所。福島県のいわき市、「福島原発」はこの先。高速道路のインターからも近く、予想通り観光バスで13:00に池袋を出発して、途中休憩も挟んで16:00少し過ぎに「常磐道 湯本IC」からすぐの目的地に到...

水門の風景

まだ「板橋Cityマラソン」引っ張っているように思われますが、今回走っていて特に帰路のコースの目安になったのがこの「赤羽岩淵水門」。「荒川」と「隅田川」の分岐点。これが見えたとたんになんかホッとして最後のパワーが出たのは確かです。水門には役割に応じて、河川などの計画的な分流のために設けられる分流水門、湖沼の水位操作や塩害の防止のために設けられる調節水門、高潮による河川の水位上昇を防ぎ氾濫(洪水)を防ぐ...

2012板橋Cityマラソン(東京・荒川市民マラソン) 35km地点~ゴール

荒川の河川敷を走る時のイメージはどうしても夏場の暑い時期が頭に浮かんできてしまい、いつも給水に苦労しているイメージがあり、レース以外で走っても一切飲物の自動販売機もないので、必ずドリンクを持って行くのですがそれでも足りなかったので、今回「経口補水液」と「アミノ酸ドリンク」500mlを容器に入れて、トレラン用のバックパックを背負って走りました。但し、いずれも一口ずつ飲んだだけでそのままゴールしたので、42....

2012板橋Cityマラソン(東京・荒川市民マラソン) 折り返し地点~35km地点

折り返し地点は、「小松川」であともう少し行くと河口で東京湾と言う場所なので、やはり結構来た。荒川を舞台にした「東京喜多フルマラソン」の同じ場所を2往復するよりは良いかなという感じ。折り返すとハーフ地点に向かうランナーとすれ違いになるが、最後の方かなと思ったらまだまだいるいる向かってくるランナーの多さにビックリです。一部区間で、行きのランナーは下、帰りは上の堤を走る区間がある。ここでは高低の差で、少...

2012板橋Cityマラソン(東京・荒川市民マラソン) スタート~折り返し地点

今回荒川名物の風が吹いていないことが一番幸いでした。荒川は冬の時期は必ず上流(秩父方面)からの風が強く、一昨年はそれに春一番の暴風がかさなって大会が中止になりました。気温も高くなく絶好のコンディションで、記録狙いにはいいのですが何せ来月にウルトラ100kmが控えていて、どっちみち早く走れないので、いかにダメージを少なく走りきるかを目標に。ウルトラでは8分/kmペースで行けがば100km,14時間で完走できるかなど...

2012板橋Cityマラソン(東京・荒川市民マラソン) ~スタートまで

板橋Cityマラソン走ってきました。実はこの大会としては初めての参加。但し、2010年は会場まで行ってから暴風の為に中止。昨年は震災の直後だったので大会としての開催は3年ぶりで、すべて過去2年もエントリーしていたので今度こそはと思い参加しました。当然3年分のエントリー代を払っていますので楽しまなくてはと。AM9時スタートなので1時間ぐらい前まで行けばと思い、家をAM7時すぎに出ました。最寄の駅は「浮間船渡」で、普段...

Number Do (ナンバー・ドゥ) 「RUNの学校」

「Number Do」というランニング雑誌ご存知ですか以前のブログでも紹介しましたが、自分でも気にいっているランニング雑誌です。コンセプトが「ランニングが楽しくなる」というのを第一に置いているので、いかに早く走るか、timeを更新させるかという記事ばっかりの雑誌ではなく、「楽しく走る方法」、「楽しく走っている人」を中心に取材、掲載をしていて、グッツの宣伝もありますが、写真が多く載っていて見やすく読みやすい雑誌...

2012 さいたまシティマラソン 新都心~ゴール

再び「新都心」に入って、今度はショッピングモールの「コクーン」の脇の道路を折り返しして西口方面へ。地下のガードに入る前に、新都心のビル群が。地下道に入っていきますが、普段こんな処絶対に走れないので神秘的です。「さいたま新都心」駅前を通り。「さいたまスパーアリーナ」を一回りして。ゴ~~ル。ゴールゲートがアーチ型でないと何か本当にビックレースというような感じがします。ゴールの周りにも応援の方が沢山いて...

2012 さいたまシティマラソン 自治医大前~天沼通り~新都心

「第二産業道路」を大宮駅まで繋がっている「中央通り」を行くと、「防災センター」の前が第三給水ポイント。以前のコースもここが給水所でした。この辺りは実家に近くで(今住んでいるのは東大宮ですが)、普段から恐らく何百回と走っている場所です。さいたま市立第二東中学校(自分が出たのはもう少し駅よりの東中学校)のブラスバンドの応援。16km地点、以前のレースではいつもこの辺りに両親が立って応援してくれたのですが、...

2012 さいたまシティマラソン 駒場スタジアム~第二産業道路~自治医大前

地元の大会だしこの大会で、ハーフの自己べスト1時間40分9秒(ネットは1時間40分切ったと思いますが)を2008年のレースで出したので、Bゾーンからのスタートだったので今回はちょっと力入れて走ろうかなと思ったが、沿道の応援の方、子供達の応援の多さを見てすっかりその気を無くしました。応援の方には必ずそれに答え、子供達が手を出してくれるのには必ずハイタッチで答え、ず~っと沿道沿いを走ります。必然的に後ろからのラン...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.