FC2ブログ

リアルタイム タイに来ています!

またまた来てしまったタイ・・・、目的は今週末開催されるパタヤマラソン! ただしその後も一週間滞在しますが、何か。。。     ...

八か月ぶりのタイ、バンコクヘ~一応の目的は「パタヤ マラソン」参加でしたが。。。

昨年からいつもタイの情報を記載していますが、ず~っとタイにいた訳ではありません。 ただこの一年の間に3回、タイを訪れたのも事実です。 「プーケットマラソン」、「バンコクマラソン」、そして今回の「パタヤマラソン」とあくまでもマラソンは建前というかタイに行く口実を作るというのが、正直本音なのですが・・・。 今すぐにでも又タイに行きたいというの気持ちは常に持っています。。。  そんな...

成田空港で今唯一「プライオリティーカード」が使えるのは、「KALラウンジ」だけ。。。

すでにタイへの出発の記事を更新したばかりですが、戻って成田空港のラウンジの話題。 飛行機はとてもビジネスクラスとかは乗れませんので、それだけ余裕の予算があれば他に使いますし、何回も行くという選択をします。 その代わりに、「楽天ゴールドカード」の会員になったので(年会費はかかりますが、その分ポイントも増えます)、「プライオリティーパス」がありますのでラウンジが使えるのですが。。。 成田空...

Grand Alpine Hotel(グランド アルパイン ホテル)~ARLの駅そば

バンコクに着いたのが、夕刻だったのでそのままARL(エアポートリンク)に乗って中心街の駅のそばがベストと思い、前回は「ラムカムヘン」の駅そばの「ナサベガスホテル」に宿泊しましたが、今度は「ラチャプラロップ」(終着駅の「パヤタイ」と「マッカサン」の間)の駅のそばのホテルに初日の1泊を予約しました。  ここはあの「プラトゥーナム市場」市場のすぐそばで、サイアム地区までも歩いて行ける距離。  ...

夜の「プラトゥーナム地区」~「サイアム地区」周辺をうろうろ。。。

最初は深夜にバンコク 「スワンナプーム空港」に着く予定だったので、1日目は空港周辺のホテルを予約していましたが、急遽前述した様に夕刻着の便に変更したのでARL(エアポートレールリンク)の「ラーチャプラロップ駅」の近くのホテルに変更しました。 初日ですが、ホテルにチェックインしてからホテルでゆっくりという気分にはなれなく、雨が降ったりやんだりの天候でしたが、夜のバンコクの中心街をうろうろと。 こ...

ARL「ラーチャプラロップ駅」~高架下のタイ国鉄沿線の光景

バンコク到着の2日目の朝、時差の関係もあって旅に出ると早く目覚めてしまい早朝の時間帯は貴重な散策タイムになります。 しかしこの時期は雨季という事もあり、この日はどんよりと曇ってはいたがかなりの確率でこの後雨に見舞われた次第でした。 ホテルの前の通りを行くと直にタイ国鉄の線路にあたります。    この線路沿いをARLの「ラーチャプラロップ駅」に行くとすぐなのですが、さすがに来る時...

ARL「パヤタイ駅」とタイ国鉄「パヤタイ駅」~この差って何故なんでしょうか~。

「パヤタイ駅」は高架線にARL(エアポートレールリンク)とBTS(スカイトレイン)が交差していますが、その下には以前からあるタイ国鉄の駅も存在しています。 このARL,BTS とタイ国鉄の駅光景は日本で言ったら50年のギャプがあるように感じます。 こちらがARL「パヤタイ駅」、ARLの始発駅でBTSとの乗換駅にもなっていて駅、電車の車両共に日本、いやそれ以上の近代的な雰囲気を醸し出しています。  しかし・・...

ピンクのカオマンガイ「ガイトーン・プラトゥーナム」~バンコクに来たらまずはここ!!

バンコクに来てまず最初に何を食べようかと、頭に浮かんだのがこれ・・・。 「カオマンガイ」、やはり「カオマンガイ」と言ったらここしかないピンクのカオマンガイこと「ガイトーン・プラトゥーナム」。 今回の旅で何だかんだと2回訪れてしまいました。 最初の日の夜と、次は早めの朝食代わりに午前中に、やはり何時にいってもここだけは結構お客が入っていて賑わっています。 このカオマンガイ、日本で食べ...

「パヤタイ駅」のすぐそばにあった屋台風フードコート~こうゆう処で食事をしながら旅をしたら。。。

「パヤタイ駅」から「サイアム地区」方面に向かう「パヤタイ通り」の途中にいくつもの屋台が店を出してテントを張っているフードコートがありました。 ここで朝食をと思ったのですが、いくなり最初からはちょっと勇気がなく見て廻るだけ。 このテントの色合いが何とも特徴があり、次回来た時はこの辺にホテルも結構あるようなので是非入ってみたい場所の一つ。。。         ...

BTS「ナショナル・スタジアム駅」~「サイアム駅」の一駅は100メートルしかない!!

BTSシーロムラインの西の終着駅となるのが「ナショナルスタジアム」。 「ナショナルスタジアム」~「サイアム」間に至っては、100メートル程しかありません。 このBTSの1区間はタイ人の「歩き嫌い」を反映して、日本人なら軽く歩いてしまえる程しか離れていない。 結構この一区間をBTSに乗っている方が結構いるという事、ちなみにこの日にARL「ラーチャプラロップ駅」あたりから、BTS「パヤタイ駅」そして「チ...

「エラワンの祠」~バンコク最大のパワースポットと呼ばれている場所!!

エラワンの祠(ほこら)、またはエラワン廟(びょう)と呼ばれる寺院。 こんな街の中心の交差点の角にあり、東京で言ったら銀座数寄屋橋の交差点という場所。  てっきり仏教関係かと思っていたらヒンズー教を祀っている寺院。 そしてバンコクにおいて最大のパワースポットと呼ばれる場所。  ただ昨年2015年8月17日に爆弾テロの標的となり、死者20人、けが人125人(そのうち日本人1人も含む)犠牲者...

「サイアム・パラゴン」、「サイアム・パラゴン」、「セントラル・ワールド」~外側から見ても飽きない

早朝の「サイアム地区」、まだお店はどこもオープンしていないが、「サイアム・ディスカバリー」から「サイアム・パラゴン」、「サイアム・パラゴン」、「セントラル・ワールド」、建物の前にある色々なオブジェを見ているだけで飽きない。 前回来た時にはこんなのはなかったような。。。           最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開...

「センセーブ運河 水上バス」~バンコク庶民の一番便利な足。。。(プラトゥーナム船着き場)

 「センセーブ運河 水上バス」、この交通機関はあまり観光客は利用していません。 自分は今回も2回利用しましたので、前回来た時に利用してから重宝しています。 料金も安く、区間によって9バーツ(約27円)~19バーツ(57円)。  ただ今年の3月に、エンジンからの火災事故があり日本へのニュースでも報道されていました。 60人以上の重軽症者が出て、日本人の学生一人も含まれていた。 原因は...

午前中の「プラトゥーナム」周辺~朝から活気があるお店が。。。

「プラトゥーナム市場」は、衣類とか雑貨類を扱っている店が多いので朝からやっているお店はそんなにありません。 その代わりその周辺の食料品を扱っているお店、屋台が活気が溢れている。      一本裏通りに入るとこんな緑に覆われたレストランもあります。 こうゆうお店は一人の時はまず入らないですが・・・。       高架下の路地に駕籠に入った鶏...

「63 バンコク ブティック ベッド & ブレックファースト」~BTS エカマイ駅の目の前

ホテルを選択する場合、ロケーション(場所)は重要です。 特にバンコクみたいな都市部では、公共の交通機関の駅のそばというのが選ぶ時のポイント。 今回のバンコクでの宿泊場所で、1日目は夕刻の到着だったのでスワンナプームエアポートからARL(エアポートレールリンク)の「ラーチャプラロップ駅」のそばだったが、場所は駅そばだが道がなく遠回りをして辿り着いた。(但し線路沿いに行けがすぐに着きました。) ...

BTSの一日乗車券を買って、まずは終着駅「ベーリング」から逆戻り「バンチャック」へ

この日はBTSの一日乗車券を購入120バーツ(約360円)して、出来る限り乗ろうと思ったが結局はスクンビット線の終着駅「ベーリン」に行って、その後「バンチャック」、「オンヌット」、「アソーク」で下車、乗車して「エカマイ」に戻っただけ。 でもBTSの乗車運賃は一駅区間で15バーツ(45円)、一番遠い区間で52バーツ(約156円)なので一日に5回以上乗車すればやっと元を取れる感じ。 一日券は決して断然お得という感じ...

BTS「バンチャック」駅で下車して路地裏にてバンコク下町風情を味わう!!

BTS「バンチャック駅」で下車したはいいが、前回の記事で紹介した工場が並んでいる路地に入ってしまったり、ちょうど昼時に来たので思わぬ光景を見ることが出来たが、それ以外の時間帯だったら全く人通りがなく寂しい路地裏だったのではないかと。 今度は手前の路地に入っていくと、なかなかという感じの下町風情を醸し出している露天が連なっている光景を見ることが出来ました。 だだここはよっぽどのもの好きな輩し...

BTS「オンヌット」駅で下車みて眺めた光景~バンコクに住むならここがお薦め!!

と、現地に住む日本人の方が言っておりましたが、なるほど~と思うような感じがします。 交通の便はBTS「オンヌット駅」があります。(ベーリングまで延びる前はここがスクインビット線の終着駅だったそうな) 駅の目の前に大型ショッピングセンター「テスコ・ロータスTESCO LOTUS」があり、少し行ったソイ・オンヌット(Sukhumvit77)沿いに は「BIG C」(以前はカルフールだった)大型スーパーあり、イオン系のマッ...

BTS「オンヌット」駅で下車みて眺めた光景~益々ここに暫くの間居てみたくなった!!

ここ「オンヌット」はバンコクの中心街、「スクインビット」、「サイアム」からも程良い距離でBTSで一本のロケーション。 「ブロンボン」、「エアカマイ」、「トンロー」等日本の企業がある場所からの通勤にはベストな土地柄です。    この通りは本格的なマッサージのお店の通り、「ブロンボン」辺りの如何わしいお店とは違い本格的な「タイマッサージ」、「フットマッサージ」のお店でいずれも一時間150...

バンコク~パタヤへ行くにはやはり「エカマイ東バスターミナル」から直行バスにて!

 またまたタイの記事に逆戻りですが、本来は昨年参加した「バンコクマラソン」に参加して又バンコク周辺をうろうろしようとも思ったのですが、プミポン国王の崩御でマラソン大会も中止になってしまった事もあり先延ばしに。 なので行きたいという思いを込めて、再び7月に行ったタイの旅の続きでまだ案内していなかったパタヤ、サメット島、そしてバンコクの記事を又暫く紹介します。 バンコクからパタヤに安上がり...

「フリッパーハウス ホテル (Flipper House Hotel)」~フレンドリーで充実!!

 パタヤの宿泊は「フリッパーハウス ホテル」。 「パタヤマラソン」のスタート、ゴールにも近くてリーズナブルな料金で宿泊出来るとあって、ここに決めました。 ■ フリッパーハウス ホテル (Flipper House Hotel)213/2 Soi 7, Pattaya, Thailand チェックイン開始時間: 01:00 PMチェックアウト開始時間: 12:00 PMホテルの階数: 8レストランの数: 1客室数: 192 宿泊したのは3泊...

「パタヤビーチ」~来る度にビーチがきれいになっているのは気のせい!?

 ビーチリゾートに来るとまず最初に何処に行くかと言えば・・・。 それが昼間の時間帯で天気が良ければ、まずはビーチでしょう。 早めにホテルにチェックイン出来たと言え、部屋でゆっくり休むという事は絶対にしません。 事前にアーリーチェックインなど、余計な費用を支払う事等未だかつてしたことがない。 たとえ早めにホテルに着いてチェックイン出来なく、機中泊とかで疲れていて眠くてしょうがなく...

「パタヤビーチ』の幻想的なサンセット~夜の歓楽街へ行く前に一見の価値あり!!

 昼間ビーチ沿い、街中を一通り散策した後に一旦ホテルに戻るがどうしてもホテルの部屋にじっとしていられない性格なので。 なので一人旅の時は、絶対に贅沢な高級ホテルに泊まる必要性が全くありません。 シャワーだけ浴びたら今度はサンセットを見にビーチへ。  やはり海が綺麗になれば必然的に魚も多く集まってくるようで、地元の人達がビーチから網を張っていてその成果がこれ。 タイ風の地引網...

サンセットが終ると「パタヤビーチ」には夜の帳(とばり)が下りる間もなく。。。

 「パタヤビーチ」は、サンセットが終わり夜の帳(とばり)が下りると同時に、これからがここパタヤビーチの本領が発揮される時間帯。 沖に停泊している船が次から次へとネオンを灯してきます。 水上レストランの様ですが、船の上に十字架のネオンが付いているので最初は船上の教会なのかと思ったが、教会にしてはネオンギラギラでそんなはずはないと。。。      「ビーチロード」に...

パタヤ 「ウォーキング・ストリート」は正に「歩くだけの道」になっていた!?

 パタヤの夜の象徴と言えば「ウォーキング・ストリート」、このゲートを潜った先には色々な夜を楽しむお店がひしめきあっています。    色々な案内、ガイドブック、サイトにも夜のパタヤには必ずと言っていいほどこの「ウォーキング・ストリート」の様子が紹介されている。 しかし・・・、今は何と確かに人通りは多いが、通りを歩いている人、写真を撮っている人(自分もそうだが)、だけがゾロゾロ...

「パタヤの夜」~ナイトバザールは今一つ活気がなかったが街角では大道芸人がチラホラ。。。

 「パタヤの夜」と題すると検索エンジンがアッチ系の記事に分類されてしまいますが、ソッチ系に全く興味がない訳ではありませんが。。。 パタヤには、「ウォーキング・ストリート」の他のも「ソイ6」、「ソイブッカオ」等があり、こちらの方は流石に中華系のファミリーとかの団体さんは闊歩してなさそう。  「ゴーゴーバー」とか「バービア」とかはなんせ自分の場合は、酒が飲めないので今一つ馴染めません。 ...

パタヤ 「ビック・ブッタ(Big Buddha Hill Pattaya)」ワットプラヤイ~眺め

 パタヤの街からすぐの場所の小高い丘の上に「ビック・ブッタ」があります。 前回訪問した際は北パタヤの先にある「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」に行って感動したので、今回の訪問時は南にあるパタヤヒルへ。 歩いても行ける距離だったのですが、行きはホテルの直そばから「バイタク」(バイクの後ろに乗る)で行きました。   午前中の訪問だったが、思ったより観光地化されていて人もそれ...

パタヤ 「儒道佛 三聖山」(ワン・サム・シエン)~面白系陳列物の寺院の一つ

 「ビック・ブッタ」の丘100mぐらい手前に、「儒道佛 三聖山」という中華系のお寺があります。 実は「ビック・ブッタ」に行く前にバイタクの運転手から、ここも見所があると先に降してもらい見学、参拝をしてきました。 「三聖山」は、儒教、道教、仏教の3つの宗教を祀った寺院か。    タイにある寺院はこうゆう変わった面白い陳列物を飾ったのが多いので、寺院巡りも楽しい。  &#x...

「パタヤヒル ビューポイント」~の色々な船が停泊しているパタヤ湾の眺望が何とも最高!! 

 ビックブッタ(ワット・プラヤイ)の反対側の丘が、あの「PATTAYA CITY」の看板で有名な「パタヤヒル」があります。 このパタヤヒルの展望台から見るパタヤ湾の眺望が、何とも言えずに素晴らしく一見の価値が。    パタヤ湾に浮かぶ大小様々な船が絵になっている。 こんなに多くの船が浮かんでいる光景が見れるのもここだけならのもの。 以前はこの沖にアメリカ軍の空母とか軍艦の姿があ...

「パタヤヒル」の展望台の脇にある絶景を見ながらコーヒーが飲めるカフェでのんびりと。。。

 「パタヤヒル」の眺望はすでに紹介しましたが、その展望台の脇にオープン型式のカフェがあります。 最初ワゴン車の中で飲み物を販売している、移動式の屋台カフェかと思って「アイス・ラテ」を注文してから見たら、奥に屋外のテラス風にテーブルと席が用意してあり暫くそこに居座りのんびりしていました。 ここに来る時にすでに汗ビッショリ状態でしたので。 ただ屋外なのでもちろん冷房はないですが、心地よ...

パタヤ 食事はついついセンタン(セントラルフェスティバル・パタヤビーチ)で済ましてしまいました 

 ビーチロード沿いにタイ国内では最もポピュラーなセントラルグループのモール「セントラルフェスティバル」があります。 文字通りビーチロードの丁度真ん中に位置し、通称「センタン」と呼ばれていてパタヤでもランドマーク的な存在として常に多くの人々で賑わっています。 「パタヤマラソン」のスタート、ゴールもこの「センタン」のビーチ沿いの目の前から。 ヒルトンホテルも隣接していて、モールの中に入...

パタヤビーチの夕陽~再び 毎日違うシルエットを見ることが出来ます。。。

 パタヤ滞在中の特に夕刻の時間は、ホテルがオンザビーチではなかったけども比較的ビーチに近い距離にあったので、自然と足が向いてしまいました。 画像中心で。。。 こうゆう記事は文章はいらないと思っています。                 ■暫く前に「グーグル・アドセンス」に申込みをしましたが、下記の返答が返ってきて再度違...

パタヤからサメット島に行く方法~サメット島に船で渡る「バンペー埠頭」まで

 今回はパタヤだけでは満足できなく、かと言って「ラン島」には前回訪問した際に1泊滞在して訪れました。 なので今度はさらに先の「サメット島」に行くことに。 ただ「サメット島」に行くには、バンコクからだとパタヤに行くのと同じく直行の大型路線バスは「エカマエ東バスターミナル」から出ていますが、パタヤからだとありません。 タクシーだと1000バーツ以上かかるようで、あとは公共の路線バスが「ラヨ...

バンペー埠頭から「サメット島」への船に乗ったのは良かったのですが。。。

 ラヨーンにある「バンペー埠頭」から船に乗り一路「サメット島」を目指します。 この日は天気も良いし、暑かったですが船の甲板には心地良い風が吹いてきて最高の船旅です。 埠頭を出た時には、すでに「サメット島」の島影が見えていて、スピードボートに乗船したらあっという間に着いてしまう距離ですが、そんなに急ぐ旅でもないし節約もあるのでのんびりと行きます。       ...

「サメット島」に船で来たのはよいが、島の玄関口の「ナダム埠頭」を通り過ぎてしまった。

 前回の話の続きですが、「バンペー埠頭」から出た船は、サメット島のメインの港でもある「ナダム埠頭」を右手に見ながら通り過ぎてしまった。 今回宿泊し予約も入れている宿が、この「ナダム港」の直脇にあるビラタイプのコテージ。 この画像にも一部建物が写っています。 同じ形の大きさの船が「ナダム港」を今出航したばかり。   この大きさの船が着岸出来る港は、このサメット島にはここ以...

サメット島~「ナダム埠頭」の先にある思わず見いってしまう爆乳の銅像はいったい何者なのか!?

 「ウォンドゥアンビーチ」からソンテウに乗って本来到着予定の「ナダム港」へ。 この島での公共の交通機関はこのソンテウ(軽トラックの後の荷台をベンチにしたもの)しかないようです。 まず普通の乗用車は見かける事が出来ませんでした。   今回宿泊するホテルは、この港からは一番近い場所なので時間的にもまだ昼前という事で港の様子を見てみる事に。  この港の埠頭は何処と比べても...

「ナダム港」~「サイケオビーチ」までのサメット島唯一のメイン通り

 宿泊するホテル(ビラタイプのコテージ)にまだチェックインが出来る時間でなかったので、荷物を預けてから「サイケオビーチ」までゆっくりと散策。 と言っても一本道で、ここが島唯一のメイン通り。 カフェ、レストラン、ゲストハウス、雑貨等のお土産物、レンタバイク、コンビニ等この通りだけにあります。              何故か通りを挟...

「サイケオビーチ」~サメット島で一番賑やかで人も多いが・・・昼よりは。。。

 サメット島のビーチと言えばこの「サイケオビーチ」ですが、ビーチ迄行くのに人の流れは多かったが、ビーチ自体がとにかく広いのでゴチャゴチャ感はありませんでした。 波静かな遠浅の海ですので、家族連れで遊ぶにはここが一番。 最初に訪れるビーチとして押さえておきたい場所。 但し夕方から夜にかけての方が人が集まってくるので、どちらかと言うと夜のビーチ。       ...

サメット島での移動方法は~主なビーチを廻るのに色々考えましたがこれにしました。

 サメット島、島にはあちこちにビーチがありますのでせっかく来て今回は2泊し、正味3日間ありますので出来る限りくまなく廻ろうと思いその手段でなく足を使うので足段を考えました。 ビーチでのんびりというのもいいのですが、自分の場合同じ場所に一時間いるのが限度。 同じ場所にず~っと居られない性格なので・・・。    サメット島での島内の移動方法  島の唯一の交通機関は「ソンテウ(...

サメット島ビーチ探索 北端「アオノイナー、アオクランビーチ」にまず行ってみた!

  ホテルのチェックイン時間の前に、まずはサメット島の北端を目指して。 ホテルは、と言ってもロッジタイプのビラだが(こちらは後で紹介します)「ナダン埠頭」のすぐそばなので、北の方は自転車を使ってもすぐに行ける場所。 こちらのビーチは見渡す限りほとんど人を見ることがなかった。 穴場のビーチです。         人が少ないがちゃんと宿泊施設があ...

「サンライズ ビィラ Sunrise Villas 」~ナダン埠頭から一番近く部屋の目前が海!!

  サメット島での宿泊場所は、「ナダン埠頭」から一番近いホテルにしました。 港から近いホテルに予約したにも関わらず、先日報告したように船が遥か先のビーチに着いてしまったのですから、笑い話にもなりません。 ホテルと言っても一部屋一部屋がそれぞれ別々に建っているコテージタイプのヴィラ。 ヴィラと言ってもそんな立派なものでなく、バンガロータイプ。     ■サンラ...

サメット島 人魚伝説 「アオ パイ ビーチ」ここにも上半身おっぱい露わな人魚像が・・・。

    サメット島は、人魚伝説があるそうです。  その人魚伝説のあらすじは、 ある日、男が海辺で笛を吹いていると鬼に誘拐され島へ連れて行かれる、 島に着くと鬼が美しい女性へと姿を変え恋が芽生える、 数年後、男と鬼の間に子供が生まれる、 ある日、男が島の海辺で笛を吹いていると、海から美しい人魚が現れ恋をする、鬼、怒る。 逃亡先まで追いかけてきた鬼を、人魚の家族達と男...

サメット島最南端「KOH SAMED END VIEW POINT」目指して、自転車を漕ぐ!!

   サメット島は、南北に縦長の島で全長は5kmほど。 下記の地図はこちらの情報サイトを引用させて頂きましたので、こちらのサイトも是非参考にしてください。↓↓↓http://www.cool-bangkok.com/   5kmといえば、普段ランニングをしている距離なので行動範囲としては問題がない。 歩いてもと思うが、やはり時間との兼ね合いがあるので3日間レンタルした自転車をフルに活用します。 &#...

サメット島 「サンセットビュー・ポイント」からタイ本土を望む。。。

   サメット島の最南端の手前に行く右側に、突然開けた海が見える景色のポイントがあります。 サンセットを見る事が出来る「Tay Koh Sun Set View Point」。      ここにはソンテウも来ていて、何人か乗車していますのでさすがにチャーター料金は取られないでしょう。      ここは結構人も来ていてはいましたが、海はビーチとかはなく泳げる場所...

サメット島 南部 隠れ家ビーチ 「アオ・ケウ Ao Kew」、「アオ・ワイAo Wai」

    サメット島最南端の手前の東側には、いくつもの隠れ家的なビーチがあります。 宿泊施設もあるようで、ただここまで「ナダン埠頭」からでは荷物を持ってアクセスは悪い様なので、スピードボードを使って海からでないと厳しそう。     あえて説明とかはなしで、自分も詳しくは分からないのであとは画像のみで。。。         &#...

サメット島 中部 いくつもある隠れ家ビーチ 「アオ ティアン Ao Thien ビーチ」

    隠れ家ビーチがいくつも存在するなんてのはいんちき臭いですが、あくまでもサメット島のメインの「サイケオビーチ」、「ウォンドアンビーチ」に比べると人の数が少なく、のんびりとしたビーチがいくつかあるので・・・。 そんな中でここの「アオ・ティアンビーチ」もお勧め。 宿泊施設はバンガロータイプの「ホライゾン リゾート」というのがありました。    場所は、「ウ...

サメット島 「サイケオビーチ」~昼間より夜の方が賑やかなビーチ!!

    「サイケオビーチ」は前回サメット島の中でも一番広く、人もそれなりに集まって来るメインのビーチ。 昼間はビーチライフを楽しみに、他のビーチよりはの人が多くエンジョイしているのですが、夜になるとさらにあきらかに昼より人が多く集まってきます。 その目的は、ビーチ沿いのオープンテラスで夕食を摂り、その後のファイアーダンスショウを見る為。。。      ...

サメット島 「サンライズ ヴィラ」からのサンライズをかろうじて見る事が。。。

   サメット島では前に紹介した様に、「ナダン港」のすぐそばの「サンライズ ヴィラ」に宿泊しました。 この宿は名前の通りサンライズが見えて、目の前が海で向かい側にはタイ本土のラヨーン地区の山々が見えますので、さぞ期待が持てると思ったのですが・・・。 早朝目覚めたら雨・・・、それも結構激しく降っているスコール上のもの。 対岸は霞んで見えなく、視界も最悪の状態。 結局午前中...

サメット島の「ビック・ブッタ」の表情が何とも庶民的で心を癒してくれます。。。

   サメット島の「ビックブッダ」  このサメット島にもビックブッダを発見しました。 ガイドブック、サイトを探してもどこにも載ってないが、サメット島での2日目「アイランドホッピングボートツアー」を前日に申し込んでいて、スタートが11時だったが天候悪化の為にスタートが1時間遅れるとの事で、「サイケオビーチ」の手前を自転車でうろついていたら、偶然発見。     ...

サメット島 「アイランドホッピングツアー」~スピードボートにて6島巡りへ。。。

     サメット島 「アイランドホッピングツアー」 サメット島での2日目は、前日に通りのゲストハウスのカウンターでツアーの申し込みをしておきました。 1DAY ツアー  600バーツ(約1900円) スピードボート、昼食、スノーケリングセット付き SHAIR BURY 社 PROGRAM A 6 ISLANDS AM11:00~PM16:30 迄     宿泊している宿でも申し込みが出来た事を後で知る...

Designed by Akira.

Copyright © 旅のフォトコラム ~旅の記録を画像中心で!! All Rights Reserved.