FC2ブログ

「レッド ドット トラフィック」(red dot Traffic)~真っ赤なセキショクの世界!!

チャイナタウンから少し外れた場所に、目に飛びこんでくるという表現がぴつたりの真っ赤な建物があります。 かつてシンガポール交通警察の本部として使われていた建物で、その名も「レッド ドット トラフィック」(red dot Traffic)。 「レッド ドット デザイン ミュージアム」(red dot design museum)、レストラン、カフェ等も中にあり、他は広告代理店やデザイン事務所等のテナントがこのビルに入っています。 ...

トレゾール タヴァーン ホテル(TRESOR TAVERN HOTEL)~まさにホピットサイズ!

シンガポールで最後に宿泊したホテル、家族が帰国してから宿泊をしたので寝るだけなのでとにかく料金が安く、交通機関の便利な処ということで。 トレゾール タヴァーン ホテル(TRESOR TAVERN HOTEL)をチョイス。 今回のシンガポールは、まず最初はここに宿泊し。↓あの「マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル」に宿泊~1泊のみですが・・・。その次はここに。↓シンガポールで宿泊した「大和旅館」、前日の宿泊ホテルとのギャッ...

新加坡佛牙寺龍牙院 The Buddha Tooth Relic Temple and Muse

チャイナタウンの中心部にある巨大な仏教寺院「新加坡佛牙寺龍牙院」。 これもインド寺院同様、絶対に名前を覚える事が出来ないお寺。 外観は「千と千尋の神隠し」の舞台の様な佇まい。 唐王朝時代の建築様式を用い、ミャンマーの寺院で発見された仏陀の歯をおさめるため、2007年5月に建てられたとのことです。         なにやらこれから会食があるのか、単なるお供...

チャイナタウンのど真ん中にあるヒンズー教寺院~「スリ・マリアマン寺院」

インド人街にも仏教寺院があったが、チャイナタウンにもインド系のヒンズー教の寺院が堂々の佇まいにてど真ん中に建っています。 と言うのも19世紀半ばまではこの辺りは、インド人が相当な数住んでいたそう。 ここもインド系寺院の特徴の色々な彫刻物があり、見ていて飽きがきません。 入場料は無料だが、カメラで写真を撮る条件だと3シンガポール$の寄付をします。 ヒンズー教の寺院は土足禁止なので入口で...

シンガポール チャイナタウン~複合民族国家で一番多い、中華系の人々の暮らしぶりが見れる場所!!

インド人街の次はやはりこのシンガポールで80%を占めている中華系の人々が集まる場所といえばここチャイナタウン。 チャイナタウンは中国語で「牛車水」と呼ばれています。 シンガポールがまだ開拓の地として、多くの中国人移民者がここチャイナタウンに流れ着いた時、もちろん水道や電気などの衛生管理は全く整っていなかったそうです。その際、人々は水がくめる井戸から、水を牛車でここまで運んでいたということから...

すみませんリトル・インディア編もう一話、「スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院」とその周辺の仏教寺院

前回、シンガポールのリトル・インディアの記事は最後ですと言ったにも関わらず、すみませんもう一話。 今後もこのパターンは続くかと・・・、撮った写真をすでに忘れています。 自分では体力はまだまだと思ってはいても記憶、思考力等の頭が退化していますので仕事の引退をそそろ考えなくては。。。 なのでブログ、他のSNSにアップするのはあくまでも自分の為にも、形に残しておこうと思いダイアリー感覚です。&#x...

リトルインディア~メイン通りから一本入った裏通りの光景

シンガポール リトルインデイアのこれが最後の案内画像です。 インド人街と言っても一本裏通りに入ると、イスラムの世界もあれば中華風の世界もある家並みが色々ありいつまでいても飽きない。            24時間営業の「ムスタファ・ショッピングセンター」、ここで種類が豊富で安いナッツ類があったので大量に買い込み。  最近ここに来て記事が重複...

「マスジッド・アブドゥル・ガフール」~リトルインディアにあるイスラム寺院とその周辺の街並

月と星のモチーフが配われた、黄色と緑が鮮やかな美しい外装は、ムーア式と南インド式が融合した独自のデザインがその特徴とのこと。 午前9時から中に入れる様だったが、朝のこの時間はまだ入る事が出来ませんでした。   キリスト教の教会もあり、この一画は色々な世界が入り混じっています。         最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブ...

MRTリトル・インディア駅 直結の「テッカセンター(KKマーケット)」

ここシンガポールにも東南アジアのどこの都市にも必ずある市場があります。 シンガポールには市場というのはもうないかと思っていたら、さすがにアジアのど真ん中の都市で、大型ショッピングセンター、スーパーマーケット、コンビニに押されてはいますがここ「リトル・インディア」にはまだしっかりと根ずいている。 「テッカセンター」と言い、通称はKKマーケットの名前で通っているよう。 ⅠFのホーカーズ(フー...

シンガポール 「リトルインディア」~ 早朝のインド人街の光景

普段は早く起きられないのですが、必ず旅に出ると朝早く目覚めてしまいます。 ホテルとかで起きて一番最初に確認するのが外の天気、雨とかであれば暫く寝ていますが、晴れていれば昼間より涼しいので、この時間帯に散歩をします。 早朝の時間帯はどこも静かで、人の数も少ないので街角の光景は絶好の被写体。。。           最近ここに来て記事が重複しますが、...

リトルインディア 「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」の見てて飽きない彫刻像

リトルインディアを早朝散歩していると、何と6時前から門が開いていて中に入れるヒンドゥー教の寺院、「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」がメインの「セラングーン・ロード」に面して建っています。  寺院の開門時間。早朝の5時30分から12時15分と、16時から21時までで昼間の時間帯は閉っているとのこと。 6時前だというのに中にはもちろんインド系の方の参拝が後を絶たない。 誰でも入れる様ですが、靴を脱い...

シンガポール インド人街~リトルインディアの夜明け

早朝の便で帰国する家族をホテル前で、タクシーに乗せて見送りここシンガポールでも正味2日間の一人旅が始まりました。(もっとも仕事の都合で家族は先に来ていて、2日前の早朝のホテルで合流したのですが) まだ暗い時間だったが、このまま部屋に戻って寝るのはもったいないのでホテル周辺の「インド人街」をうろうろ。  この時間帯に歩いているのはほぼインド系の方ばかり、一部のショッピングセンター、コンビニ...

「トースト・ボックス TOAST BOX」 シンガポールでの朝食はここで!!

家族3人が帰国してからは、正味2日間ですがいつもの一人旅を満喫。正直、ホテルも食事も豪華な処でなく安くて最悪ではしょうがないですが、安くて良い、さらにまあまあこの範囲内では許せるというのであれば、全く問題ありません。一人になってからのホテルには朝食なんかは付いていませんので、外で済ませるのですが今回宿泊したホテルの近くに(2件とも)ショッピングモールがあり,そこに必ずと言っていい程このお店がありました...

シンガポールで宿泊した「大和旅館」、前日の宿泊ホテルとのギャップが。。。

自分にとってはシンガポール2泊目でしたが、家族はすでに3泊しているので4泊目。その日は「シンガポール動物園」に行って「ナイトサファリ」を見て帰ってくるので、夜遅く翌朝は朝便で帰るので、(自分は2日後に帰国)寝るだけという事で1泊4人で1万円、1人2,500円のホテル。何と名前は「大和旅館 タエ ホエホテル」(TAI HOE HOTEL)。シングルベッドが3台。エキストラベッドを有料で勧められたが、ベッド3台を並べると4人寝る...

「ナイトサファリ」より「シンガポール ズー」の方がお勧め!!

「シンガポール動物園」を一通り廻ってから、「ナイトサファリ」のエリアに移動してオープンを待ち。(19時から)「ナイトサファリ」は以前来た時も見て、さすがにこっちは日本に知れわたっているだけあり、日本人の数が圧倒的に多い。それまでは手前の「ボンゴバーガー」でショーをみながら、ハンバガーの食事。その後入場してまずは「トラム」に乗って周り、その後夜の散策道を歩いてみたが「シンガポールズー」の方が圧倒的に迫...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.