ホーチミン市内の束の間の一人旅~まだまだ色々な場所に行ってみたかったがこれで終了。。。

ホーチミン市内を朝からず~っとブラブラ歩きながら廻っていたら、あっという間に夕刻になってしまい、家族との待ち合わせ時間が迫ってきてしまいまだまだ行ってみたい場所は沢山ありましたが、次回本当に一人旅に来た時にまたジックリと訪れる事にします。 そんな事で、ベトナム戦争の終結の舞台「統一会堂(Dinh Thong Nhat)』に行ったら見学時間がすでに終了との事で、やむなく門の外から。    その...

ホーチミン 「ファングーラオ」の路地裏・横丁~続き、ここがベトナムの原点のような。。。

この界隈を歩いていると、小さい頃に見かけた昭和30年~40年代の光景にぶち当たり、なんか懐かしくなってしまい、時間をかけてウロウロしてしまいます。 とかく東南アジアのどこの都市でも見かける佇まいですが、妙にこれが気分を高める感じが湧いてくるのが分ります。   最近はリゾート地でのんびりとゆったりとするのもいいですが、その土地の昔からあるディープな地区を見たりするのが快感になっているよう...

「ファングーラオ」の路地裏・横丁~ここがいかにもベトナムですという光景。。。

「ファングーラオ」の ファングーラオ通り、 ブイビエン通り、デタム通りにそれぞれ繋がる路地裏の細い通りに、ゲストハウス、格安のホテル、安そうな食堂等庶民の生活の臭いが漂っている。           最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。 アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見...

「ファングーラオ」~ホーチミンの「カオサン」と言われている。。。

バンコクで言えば「カオサン地区」に当たるのが、ホーチミンではここ「ファングーラオ界隈」。 ここはインドシナを旅するバックパッカーが必ず集まるエリア。  バックパッカー街は『ファングーラオ(Pham Ngu Lao)』と呼ばれていますが、具体的に言うと三つの通りから構成されています。1. ファングーラオ(Pham Ngu Lao)通り2. ブイビエン(Bui Vien)通り3. デタム(De Tham)通り  カオサン...

ホーチミン「タイピン市場」~こちらは市街地の中心にあるがローカル色が強い市場

「ファングーラオ通り」の一番端にある市場。 ここはあまりガイドブックにも紹介されていないようだが、「ベンタイン市場」と同様に便利な場所にあるけれど、地元の人の生活に欠かせない東南アジアのローカルな雰囲気を醸し出している食品が中心の市場。   この日2件目の市場訪問、駅と市場には自然と足が向いてしまいます。 駅のことはベトナム語で「GA(ガッ)」ですが、市場は「CHO(チョ)」。 &#...

「べンタイン市場」から「サイゴン駅」までの道のり

先に「サイゴン駅」の記事を紹介しましたが、 「ベンタイン市場」から「サイゴン駅」迄は歩いて行きました。  「ホーチミン市内」は、これだけの規模の街にしてはレイル系の乗り物はまだありません。 地下鉄は現在工事中ですが、日本との共同開発で2018年の開通を目指している様。 路線バスはあるにはあるようですが、バンコクで利用するよりもちょっと分りずらく、頻繁に往来している様でもなかったので市街...

「サイゴン駅」(ガッ・サイゴン)~駅前広場には蒸気機関車が。。。

大きな街に行くと、自然に足が向いてしまうのがその街の駅・・・、別に列車に乗る訳でもないのに必ず行ってしまいます。 バンコクの「ファランボーン駅」へは必ずタイに行った時は、寄るようになってしまいました。 「ハノイ」でも早朝に行ってきました。↓↓↓ハノイ 早朝の市街散策~「ハノイ駅」 そして「ホーチミン」でも、ここは旧名の「サイゴン駅」と呼ばれています。   ベトナム語で駅のこと...

ホーチミン「ベンタイン市場」~場内にあふれる2000軒を超えるお店に圧巻!

市場と言えば、生鮮食品を扱うお店がほとんどを占めているのが通常だが、ここ「ベンタイン市場」は、日用雑貨品からお土産物までまさしく「観光市場」化されています。 品物の値段も観光客相手の土産物屋よりは安いが、ローカル市場に比べれば高いようです。  朝は、裏手にある生鮮食品を扱うエリアで、地元の人の大切な台所。 昼間は観光客であふれる。 夜は場外に出現するナイトマーケットと3つの顔を...

ホーチミン「ベンタイン市場」~朝早くから夜遅く迄動きが止まらないベトナム一有名な市場

ベトナムでの最終日は、(翌日朝早い帰国便のフライトだったので)最後ということもあり、家族とは離れ夕食まで待ち合わせ場所と時間を決めて、別行動にて1日一人旅を満喫。 こうゆう時にまず足が向いてしまうのが、タイ バンコクでも同様に市場へ必然的に・・・。  ホーチミンの街中で気軽に行ける市場は、まず「ドンコイ通り」からもそんなに離れていない「ベンタイン市場」。 まず「ホーチミン人民委員会...

「サイゴン・ドメイン・ラグジュアリー・レジデンス」 リゾートホテルにしては料金が格安!!

ホーチミンには3泊しましたが、ダナンからの国内線が遅れに遅れ着いたのが夜遅く、出発は午前中の早い便での帰国だったので、あっという間に日々でした。 3日間の中日に「クチトンネルとメコン川クルーズ」に行き、その次の日はホーチミンの街中をぶらぶらして朝から晩までの行動だったので、ホテルに滞在していたのは寝るだけと後はほんお僅かな時間だけだったので、ホテルライフをあまり楽しむことは出来ませんでした。 ...

「サイゴン川」沿いの新・旧織りなす佇まい。。。

「サイゴン川」沿いには、新しく出来たマンション群、今後建設中の高層建物が目立ちますが、その合間に昔ながらの「ベトナム戦争」の前からあっただろうと思うバラック建ての民家がまだまだ幅を利かせています。         最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。 アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に...

「サイゴン川」で沐浴している人を見たりして、暫し川沿いを散歩。。。

今月6月1日から画像を縮小しなくて良くなったのが、非常に有難い事です。 これを何年待っていたのだろうか。。。 今迄撮った写真を多少加工し、縮小ソフトから一枚一枚サイズを縮小してから貼りつけていましたので、この作業がこれから無くなったという事はスムーズな記事の更新に繋がります。 縮小した画像とオリジナルサイズの画像、同じ大きさでも見た目はやはり違います。 写真を中心に紹介している方にと...

ベトナム ホーチミン 「サイゴン川」に停泊している船の数々。。。

ホーチミンに滞在中は街中でなく、少し外れた「サイゴン川」の畔にあるホテルに滞在していました。 このホテルは街の中心までモーターボートでの送迎がもちろん無料であります。 その他にバンでの送迎もあったが、早朝にこのモーターボートにて家族がまだ寝ている時間に一人で街の中心まで。 そして朝食の時間帯までにまたホテルに戻ってくる、モーターボートでの無料クルーズを満喫。   「サイゴン...

ホーチミン市内を流れる川は「サイゴン川」、「メコン川」ではなかった。。。

「メコン川」と言えば、チベット高原から中国の雲南省、ミヤンマー、タイ、ラオス、カンボジアそしてベトナムを経て「南シナ海」に流れるインドシナ半島を縦断する全長4,000㎞の大河。 カンボジアの首都「プノンペン」を通っているので、少し前まで「メコン川」の河口もホーチミンと思っていました。 「メコン川」の河口の街は「ホーチミン」から少し離れている街「ミトー」です。 「メコン川クルーズ」の様子は、...

ホーチミンの夜・ドンコイ通り~サイゴン・スカイデッキ~ベンタイン ナイトマーケット辺りまで。 

夜の「ドンコイ通り」は、道の真中を走っているバイク、人込みを見なければどこもライトアップされていて雰囲気があります。 特にこの夜のオペラハウスは必見の価値あり。。。    丁度訪れた時期も「チャイニーズ・ニューイャー」の少し前だったので、何処もそれなりのイルミネーションが施されていました。        ホーチミンで一番高い処から夜景をと思い、「...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.