第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 50kmの部 残り3kmからゴールまで

残り3km付近から各電柱に標語が書かれたポスターが貼ってあり、それを読みながらゴールに向かうと、中には笑いをさそうもの、最後の力を与えてくれるものもあり、元気付けられます。「記録より記憶」常に日頃から自分が頭においてレースに臨む言葉。抜いたり抜かれたりしましたが、前方のランナーの方ゴミ袋と長バサミを持ちながら走っていました。さすがにウルトラのレ-スなので、エイドでの紙コップの散乱はなかったが途中の山...

第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 50kmの部 残り15km地点から

残り15km地点、なだらかな下りが続くと湖が見えてきて「鶯宿ダム」が。残り10kmの看板が見えると「鶯宿温泉」。この看板が見える「川長山荘」がこの日の宿なのですが、早く温泉に入って寛ぐことばかり考えていた。ここのスペシャルエイドの名物は「お汁粉」なのだけど、すでに売り切れとの事でしかたないので小さなお餅だけをもらった。酒がだめな甘党にはこれが一番悔いに残った事。「鶯宿温泉」を過ぎるとここが一番きつかった登...

第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 50kmの部 中間点

50kmコースでは25km地点は中間点ですが、100kmコースはここですでに四分の三を通過したので、残りがハーフちょっとという感じなので息を吹き返してペースが上がってきている方が結構います。ゼッケンがNから始まるのが50km,Kからのが100kmそして黄色のゼッケンは100kmを5回以上走っている方に与えられる特別なもの。残り20km地点のトンネルを過ぎたあたりから一気に下り坂になります。所々にエイド以外にも青のポリバケツにひしゃ...

第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 50kmの部 スペシャルエイド

100kmコースでは66.5km地点、50kmコースでは16.5km地点にあたる場所にスペシャルエイドがあります。ここでは100kmランナーは前もって送っておいた着替えをする事が出来るので、皆さんかなりくつろいでいる方がたくさん。50kmコースはまだハーフの距離も走ってないので、ここで時間を費やすと先がまだまだ長いので。かと言ってもエイドが充実しているので、思わず一通り賞味。きゅうり、アスパラに新鮮な野菜を味噌を付けて食べたり...

第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 50kmの部 100kmコース合流地点

最初のエイドは9.6km地点までなかったので、ちょっと間が空いているかなという感じ。だが100kmコースと合流後は5km間隔ごと、そして私設エイドが適度の間隔であっるので飲物の持参はそんなに必要ないと思いますが、一応ボトル1本をバックパックに入れて走りました。途中結構間隔が空いている場所もあったので、後半直に飲みきってしまった。こんなコース誘導員も・・・。この地点が100kmコースとの合流地点、その前まではばらけて...

第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 50kmの部 スタート地点から

「いわて銀河100kmチャレンジマラソン」レースのタイトルが100kmになってますが、あくまでも参加したのは50kmの部。100kmレースはとても14時間以内での完走はとても無理なので、8時間の制限時間の50kmの部にしました。あくまでもウルトラは「完踏」(かんとう)をと思っていますので、周りの景色を見ながら、周りのランナーと話をしながら走るのをモットーにしていますので、その点は充分に満たされたレースです。スタート地点は、...

第10回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 受付 前夜祭 

前夜祭が「北上勤労体育センター」で前日の午後3時から行われるとの事で、受付は午後1時から始まっていたっがそれに合わせて受付をして、前夜祭を少し見てから前泊の地「湯田温泉」に向かう北上線の電車の本数が限られていたので、早々に会場を後にしました。「三陸海鮮ラーメン」、もちろん無料で受付後に引き換え券を貰えます。前夜祭会場でもらえるお弁当(おかずのみでご飯はなし)と缶ビール又はお茶のペットボトル。...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.