FC2ブログ

第3回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン  番外編

レースレポートは終了させて頂いたのですが、これはあくまでも個人的な趣味の番外編。20kmを過ぎてアスファルトのロードに出てから、レポートにも少し紹介しましたが、この光景が暫く続きます。おそらくランナーの方には、今迄は新緑の風景から一転して、おまけに石灰の埃っぽい空気が充満しているので、違和感、嫌悪感を覚えたのではないでしょうか。昨年からHDR写真に興味を持ってからこうゆう工場の風景を写真に撮るのが、好き...

第3回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン 20km地点~横瀬駅~「羊山公園」ゴール

20km過ぎからはなだらかな下りのロードで、何となく秋の「奥武蔵グリーンライン」を思わせるようなコースなのですが、急激な上り、下りで足に相当なダメージを負っているようで、順調に走る事が出来なく走ったり、歩いたりの繰り返し。途中にはセメント工場が立ち並び、こんな山の中に異様な風景でゆっくり見ながら、そして写真を撮りながら進みました。この山の裏側から登って制覇したと思うと感無量。西武秩父線沿いの道を「横瀬...

第3回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン 「小持山」、「大持山」~「妻坂峠」

「武甲山」山頂からの下り、上りも傾斜がキツかったが、下りもキツく、おまけに前日までの雨でぬかるんでいて滑る、滑る。トレランシューズでも滑るのに、ランニングシューズ履いていた方、途中で結構止まってました。今回この下りで、両方の親指の爪を傷めてしまい、何とか4日目にして筋肉痛は少し残して治まったようだが、爪は時間がかかりそう。次回のレース時はテーピングをしないとダメなようです。「シラジクボAS」、ここに...

第3回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン 「登山口」~「武甲山山頂」

「武甲山」の名前は、小学校の時から必ず埼玉県内の学校の授業では「セメント」の発掘場所ということで出ていましたので、知らない方はいないと思います。常に表側からの山肌が削られた姿しか見ていなかったので、木が生えていない山肌の場所を登るものだと思いこんでました。しかし裏側の「登山口」からの登山道の光景は、全くその予想を覆すほどすばらしい緑の森林、渓谷の風景が続く山道。ここでやっと10km,まだ半分も来ていな...

第3回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン 「琴平ハイキング道」~「登山口」

ウルトラ走っても2日後には筋肉痛が治まるのですが、今回はまだ両方の太股の外側から今度は脹脛までパンパン。おまけに両足の親指の爪が痛くて靴下、靴が履けない状態。会社に行く時に足の指にテーピングをして何とかごまかしています。デスクで暫く座った後に立ち上がる時に、特につらさを感じています。フルマラソン、60km以上走った時よりもダメージが強い。レースレポートですが、スタートして「羊山公園」の外周をほぼ1周して...

第3回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン スタートまで

「武甲山トレイルラン」ほぼ歩きでしたが、走ってきました。トレランは昨年11月の同じ「スポーツエイド・ジャパン」主催の「伊豆ヶ岳トレイルラン」以来ですので半年ちょっとぶり。先月の「安政遠足マラソン」の峠コースで碓氷峠の山の中走り、安政もトレランの唯一の仮装レースと思っていましたが、仮装+チョッピリトレランのコースです。やはり本格的なトレランコースは、山登りです。とても走ってという言葉があてはまりません...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.