FC2ブログ

「第18回 信州爆水RUN in 依田川 」鉄人コース 下流~上流へ

今年は各地で集中豪雨があったので、水量も多いと思ったっが昨年と比べて水かさも低く、水位が背丈以上もあり水の中の流れが早く、危うく溺れそうになった場所も充分に立てる深さでした。深い処とか流れの速い処もありましたが、あえてそうゆう場所に行かなければ大丈夫。上流からの折り返しは、流れに沿って泳いでくれば楽で速かったが、水位が低く石にゴツゴツ当たりそうで、怖くて泳げなかった。ちなみに、毎年参加している仲間...

「第18回 信州爆水RUN in 依田川 」鉄人コース  スタートから下流へ

このレース全員が必ず「ヘルメット」着用が義務ずけられてます。受付の横にてレンタルしてくれますが、サイズは1サイズということでしたが、微妙に違うようです。昨年は結構キツくてレース後に、頭の両脇が結構痛かったのを思い出しましたので、いくつか試着してから、多少余裕のあるものをチョイス。服装もマラソン大会みたいに、ランシャツ、ランパン姿はさすがに見かけなかった。全身濡れないという事は、絶対にないので濡れて...

「第18回 信州爆水RUN in 依田川」鉄人コース 報告とスタートまで

「信州爆水ラン」、3回目今年も参加して走って、泳いで、滑ってきました。子供の頃、おもいっきりプールに行って遊んで帰ってきた時の疲れに似ており、それに浸ってます。この疲労感は、レースで走った後の感じではない。走ってというのはほとんど川の中なので、川原のゴツゴツした石の上で全体の10%程度。泳いでは、昨年と違い深みはありましたが、全体的に水位が少なく最後は泳ぎたくても泳げなかった。滑っては、これがあらゆる...

第17回信州爆水RUNin依田川 第二折り返し~「依田川」下り~ゴール

上流に向かって行く程に、川の水は澄んで周りの景色も良くなります。この辺までは少し流れは穏やかでしたが。だんだん流れが激しくなります。普通に走行していても体が流される。こんな過酷なコンディションの中でも必ずいるのが仮装ランナー。ゴール後には仮装大賞もあります。白鳥ランナーとすれ違い、我らが白鳥ランナーは・・・。てるてる坊主、この状況での被り物は視界が遮られるので相当厳しそう。そしてスタート前にもいて...

第17回信州爆水RUNin依田川 第一折り返し~「依田川」逆流上り 

「爆水ラン」続きのレポートです。水の中を歩く時の「負荷率」は、平地を歩く時の5倍はあるとのことですので、8kmといえどもフルマラソンに近い活動量が必要と言うことになります。それでも支流の「内村川」から「依田川」を下るのは、水の流れに沿っていくのでまだ楽な方。この日は天気が良く気温もぐんぐん上がってますが、山からの川の水が冷たくて最高に気持ちがいいここで川から上がりますが、上がる時も土手がぬかるんでるの...

第17回信州爆水RUNin依田川 リバーイン 支流「内村川」

大地を駆け抜け、川を濁す水を肌で感じる「ランアバウト・トライアル」。激走・珍走・笑走!これがこのレースのパンフにも明記されているサブテーマ。「鉄人コース」(8km)の他に、「すぐだしてGOコース」(4km)、ファミリーグループコース(3km)もあり。「鉄人コース」と呼ばれる所以は、色々な局面に打ち勝つ以外に「鉄人」のごとく鋼の肉体を誇示しなくてはならないからなのかもしれません。転ぶ、擦れる、ぶつけるは当たり前...

第17回信州爆水RUNin依田川 スタートから

「信州爆水RUNin依田川」、いつもマラソンレースでは走ってきましたとの報告で始まるのですが、今回のこのレースは歩いてきましたというよりもさらに時間をかけて、這ってきました、泳いできました、何回もこけてきました。今更紹介するレースでもないのですが、「依田川」の川の中、河原を一旦下流に向かい、そして上流へ、そして又戻るというコース。今回参加したのが「鉄人レース」。「鉄人レース」と言ってもたった8kmのコース...

第16回信州爆水RUNin依田川 vol.4 「ランアバウト・トライアル」

激走・珍走・笑走!心の中に刻まれた懐かしい川の風景・・・トンボやホタルを追いかけたこと。日が暮れるまで水遊び魚とりをした夏の思い出・・・。人と川の関係を見つめ直し、忘れかけた川の魅力を再発見し親しみ、潤いと触れ合いのあふれる豊かな河川環境の保全と利用をはかることを目的として開催されます。この大会のパンフの標語が何とも心に刻まれる思いです。折り返しランナーとのすれ違い。このテトラポットの上を登り、滝...

第16回信州爆水RUNin依田川 vol.3 「大地を駆け抜け、川を潤す水を肌で感じる」

( 内村川下り~依田川下り~第一折り返し~依田川上る)この辺はまだ支流の「内村川」、こけている方が多数。こんな草むらの中の支流を進む。前日まで雨が多かったようでこの辺の水は、けっこう濁っています。すでに全身浸かって、泳いでいる方も・・・。「ポトゥさん」が常に前にいてサポートしてくれた。「カッパ」この方他の大会でも随分見かけます。ただこの大会にこのきぐるみで参加は、尊敬します。でも視界が相当遮られて...

第16回信州爆水RUNin依田川 vol.2 信州上田到着~スタート入水まで

さて「爆水RUN」昨日はあらすじで、本日からじっくりレポートといきたいのですが、持って走った防水カメラが充電してきたつもりが、やはり水にけっこう濡れたせいか最後の折り返し点でバッテリー切れ。気に入ったレースは何回にも分けてアップするのですが、後2回ぐらいで・・・。場所は信州 長野県上田市、合併する前は丸子町が主催していた大会で今年で16回目なので歴史があるレース。全国津々浦々探しても川の中を走って、泳ぐ...

第16回信州爆水RUNin依田川 vol.1

「第16回信州爆水RUN in 依田川」走ってきましたというより、ひたすら川の中を歩き、泳ぎ、川原のゴツゴツした石、岩の上を進む、8kmのレース。最初は8kmという事で甘く見ていた・・・。とんでもないコースです。「鉄人コース」というのが分かります。トライアスロンのバイクが無いようなもの。さらに川の流れに逆らって進むので足への負荷がハンパではない。おまけにここの処雨が多かったので、水の流れの速さ、川の底の石が滑...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.