FC2ブログ

トルコ旅行記 2011 03 26 9日目 仁川国際空港~ソウル市内

なんでトルコ旅行なのにソウルと言うと、今回は往復とも大韓航空(KOREAN AIR)でソウル(仁川空港)乗り継ぎだったので、行き帰りと寄りました。行きは乗り継ぎに1時間20分しかなかったので、ゲートからゲートで忙しなかったですが、帰りは何と12:25に着いて、成田へのフライトは18:40発、6時間以上ありました。空港でゆっくりという案も出たのですが、もったいないとのことで一旦入国してソウル市内へ。ソウルまで約9時間40分でし...

トルコ旅行記 2011 03 25 8日目 イスタンブール4

この日のお昼は「オリエントエキスプレス」レストラン。イスタンブール、ヨーロッパ側の終着「シルケジ」駅。「オリエントエキスプレス」の記録した写真とかが店内に飾ってありました。内装も古き良き時代そのまま。ドルマ料理。「シルケジ」駅正面。長距離列車は止まってなかったが、中距離と通勤電車。ホームも6番線ぐらいで、アジア側の「ハイダルパジャ」駅より小じんまりしてます。再び「エジプシャンバザール」の近くへ。金...

トルコ旅行記 2011 03 25 8日目 イスタンブール3

すでに5ヶ月が経っていて、来週は夏の家族旅行と言うのに実はまだ「トルコ旅行記」が完成していませんでした。最終日で、夜イスタンブールを発つ日です。この日は午前中は自由行動、他のツアーの方は「ボスボラス海峡クルーズ」とかのオプショナルツアーに行ってましたが、我家はあえて自由行動を選択。でも半日自由行動と言うのは、中途半端でホテルも中心から離れている「新市街」のはずれだったので限られてしまいます。朝靄の...

トルコ旅行記 2011 03 24 7日目 イスタンブール 2

街角や観光地の屋台や立ち売りで見かける、ゴマ付きパンの「スィミット」。かじりながら歩いている人結構見かけました。これも名物の100%の絞りたての「ざくろ」のジュース。この日の午後からは「トプカプ宮殿」へ。入口の「皇帝の門」の前には自動小銃を持った兵士が。15世紀にイスタンブール(当時はコンスタンチノーブル)を征服したメフメット2世が建設し、歴代のスルタン(オスマン帝国の皇帝)が増築しながら約400年にわたっ...

トルコ旅行記 2011 03 24 7日目 イスタンブール

夜行列車「アンカラエキスプレス」では、心地よく熟睡出来途中一度も起きずに早めの5時前に起床。食堂車が1両のみなので朝食の時間が交代制ということで、5時30分の朝食。指定された食堂車に行くと、ツアーメンバー我々含めて3テーブル12名しか来ていなく、後は食事放棄との事で、食事の内容も完全にセットされたメニューで、コーヒー又はティーが付くだけでした。イスタンブール到着は8時過ぎなので暫し気分は、「世界の車窓」に...

トルコ旅行記 2011 03 23 6日目 カッパドキア~アンカラ 2

午後からは、カッパドキア最後の見学地。セルベ(パシャバー)はシメジのような岩やキノコがつながったような岩が点在する谷間。キノコ岩の中に妖精が妖精が住んでいると言われる「妖精の煙突」。山や岩にこもって信仰生活を送ることを提唱した古代の修道士、聖シメオンが使ったという岩がある「修道士の岩」。ここではラクダにも乗れますが、乗っている人見かけなかった。「アヴァノス」の街の陶器工場。実演作業を見せてもらいな...

トルコ旅行記 2011 03 23 6日目 カッパドキア~アンカラ 1

洞窟ホテルの目覚めはさわやかです。この日は、出発はゆっくりだったがただホテルにじっとしているのはもったいないので、まずギョロメの街を散策、それから「ギョロメ博物館」方面にゆっくりと。後からツアーの「東京マラソン」走った年配の方(最後までお歳聞かなかったのですが、恐らく70歳は超えていたと思いますが)颯爽と走って行きました。2日目の海沿いのホテルでも走っていたそうで、一緒にと誘われましたが今回は一眼レ...

トルコ旅行記 2011 03 22 5日目 コンヤ~カッパドキア 2

引続きカッパドキア、ユルギュップ地区 「スリーシスターズ(3人娘の岩)」。 「カイマクルの地下都市」蜂の巣のように地価へ延びる地下都市。紀元前400年頃にはすでに町が出来ていて、その後地下都市には約2万人ものキリスト教徒が迫害を逃れて隠れ住んでいたそう。地下都市の入口、地下8階(深さ55m)まであるそうだが、見学出来るのは地下4階まで。「ウチヒサール」。「ギョレメパノラマ」。「ギョレメ」の街並。この日の宿泊...

トルコ旅行記 2011 03 22 5日目 コンヤ~カッパドキア 1

この日は今回のトルコ旅行のハイライトの「カッパドキア」へ。「コンヤ」から「カッパドキア」まで230km,でもこの日が今回の旅行での最少移動距離。朝のホテル前の広場の風景、ここにも真ん中には国旗が掲揚されています。ホテルの朝食にはこんな感じの蜂蜜も・・・。この日はゆっくりと8:30ホテル出発、途中の「スルタンハン」という街にある「キャラバンサライ(隊商宿)に寄りました。「キャラバン(Karavan)= 商人」、「サラ...

トルコ旅行記 2011 03 21 4日目 パムッカレ~コンヤ 2

パムッカレ観光後、約410kmの行程をバスで「コンヤ」の街を目指して。車窓は牧草地帯がどこまでも。遥か向こうの山々にはまだまだ雪景色が。途中のドライブイン兼レストランで昼食。入口の前でおばあさんと孫という感じですが、この日多少寒いという感じだったのですが、何か厚着しすぎでいまにも転がってきそうな、ロシアのマトリョーシカを彷彿させるかわいい女の子。今日の昼食はトルコ風ピザ(ピデ)レストランの前の駐車場の...

トルコ旅行記 2011 03 21 4日目 パムッカレ~コンヤ 1

「サーマル コロッセオ」で朝を迎えて朝食前にホテルの敷地を散策。昨日暗くなってからのチェックインでしたので、残念なことに外の露天風呂に入ることが出来ず、元々そんなに温度も高くなさそうなので、今の季節は外は無理かも。お湯も日本の温泉のように、濁り湯、透明などがあります。ホテルを出発してすぐの「パムッカレ」の観光へ。一瞬何かスキー場に来たという雰囲気。上の入口から入場、こんな立派な建物まで出来ている。...

トルコ旅行記 2011 03 20 3日目 エイドレミッド~エフェソス~パムッカレ 2

午後は、「セルチュク」街からまずは「アルテミス神殿跡」。古代世界の7不思議のひとつでギリシャ神話の狩猟の女神「アルテミス」が祀られている神殿。今では湿地に1本の円柱だけがぽつんと立っていて、てっ辺に何と「こうのとり」のペアが巣を作っています。その後、バスで少し山側へ向かい「エフェソス都市遺跡」へ。エフェスは紀元前1500~1000年ごろから6世紀ごろまで栄えた古代の港町。南側入口から入りました。ローマ時代の...

トルコ旅行記 2011 03 20 3日目 エイドレミッド~エフェソス~パムッカレ 1

朝散歩に出たかったがあいにくの雨で、この日は部屋でゆっくりと。朝食のバッフェレストラン会場に行くと、ここもチーズ、ドライフルーツ、パンの種類が豊富です。思わず又、朝がらこれだけガッツリと。とにかくパンはどこも美味しくて、ご飯がなくても全く飽きずに朝、昼、晩しっかりと食べました。この日は早めのam7:30にホテルを出発。3日目は行程中、最長の移動距離約490km。途中のドライブインで、今回イスタンブールからアン...

トルコ旅行記 2011 03 19 2日目 イスタンブール~トロイ~エイドレミッド 2

フェリーで「ラープセキ」の港に着くと、そのままバスに乗車のまま出発。ここからアジア側に上陸ですが、沿道の風景はあまり変らず。「チャナッカレ」の町を通り、エーゲ海が少し見え始めるとあまり天気は良くないのですが、多少風景が開け明るくなります。今回のツアーでの最初の見学地「トロイの遺跡」。ブラピ主演の映画「トロイ」で有名になった場所で、その時に登場した「木馬」もシンボルとして立っています。今から3000年前...

トルコ旅行記 2011 03 19 2日目 イスタンブール~トロイ~エイドレミッド 1

時差の関係かam4:30に目覚め、特に旅に出ると朝は強い。ホテルの立地条件がいいだけに、何か少しでも廻りを見ておかないと思いまだ暗い5:00過ぎに昨晩同様近くを散策、シルケジ駅、ガラダ橋を渡って新市街まで行って折り返し、本当は軽くランニングと思ったのですが、地理もいまひとつ把握してないし、一眼レフカメラを首から下げているとやはり無理。オリエント急行の終着シルケジ駅。この時間はさすがに構内にはいれなかった。ト...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.