曼珠沙華(まんじゅしゃげ)咲く「巾着田(きんちゃくだ)」へ

今年も行ってきました「巾着田」。何だかんだ言ってこの時期に訪れるのは、3年連続。以前、子供が小さい時は必ず夏にバーベキューを川原でして、川で泳いだりしたのですが、最近全く家族でにキャンプ、バーベキューがなく、皆で川で泳ぐこともないので、親父は一人で出かけたり、「爆水ラン」とかの参加して過去の懐かしさに浸っています。昨年も遅いと感じたのですが、今年はもっと遅く、恐らく来週の3連休あたりが身頃か。係の人...

「堀切菖蒲園」 花菖蒲  続き

花菖蒲、アヤメ、カキツバタという花は一見似たもの同士ですが、その生態にはいくつも違いがあるようで、花菖蒲は湿地や乾地どちらにも適応しているのに対して、アヤメは乾地、カキツバタは低湿地や池沼を好むようです。開花期も花菖蒲は5月下旬~6月、アヤメ5月上~中旬、カキツバタ5月上~下旬と微妙な違いがあり、花の開き方も三英咲のみのアヤメとカキツバタより、六英咲という種類もある花菖蒲はより華やかな印象を持つ花であ...

「堀切菖蒲園」 花菖蒲

1週間前になりますが、「堀切菖蒲園」に行った時の画像です。京成電鉄「堀切菖蒲園駅」から歩いて10分ちょっと。「堀切菖蒲園」は、葛飾区が管理していることもあり入園料が無料。数多くの江戸菖蒲(200種6000株)を鑑賞できるのがの特色のひとつで、今が見頃でした。こんな感じの下町の軒先の小道を通っていくと。「堀切十二支神」、「菖蒲七福神」の像が、巡らなくてもここで済んでしまうような像が。6月いっぱいは「菖蒲まつり」...

富士急行線沿線の風景と大月の「岩殿山」

まだ「富士五湖ウルトラマラソン」引きずっている訳ではないのですが、レース翌日せっかく休みを取ったのに朝からずっ~と雨。富士山も見えないので、朝のうちは温泉でも入って少しゆっくりしていたのですが、「河口湖駅」までの送迎バスに乗せてもらい、そのまま「富士急行線」で「大月」まで向かいました。この「富士急行線」、「フジサン特急」とかの車両もありますが、その他に快速、普通列車に色々な車両があり楽しめます。こ...

見沼代用水西の 「花筏」

日曜に、先週は見沼代用水西から東にかけて花見ランをしてきましたが、今週も又・・・。でもたった1週間であれ程見事に咲いていた桜がほぼ散っていました。桜が散っている光景、桜の花びらの上を走るのも又なかなかおつなものです。そして看板でみかけた「花筏」。さいたま市緑区馬場(ばんば)地区の「見沼代用水西」の流れに木を浮かべて花びらをせき止め、桜だけでなく色とりどりの花びらを流してきれいな縞模様を作っていまし...

桜の風景 「靖国神社」 

「千鳥ケ淵」を見た後、「内堀通り」を渡って向かい側にある「靖国神社」に行って参拝。ここも最盛期は過ぎていましたが、まだまだ見所がありました。桜の開花予想の標本木となっている「靖國の桜」。散った桜も絵になります。...

桜の風景 「千鳥ケ淵緑道」 

平日に、「九段下」で下りて「武道館」方面のなだらかな登り坂を行き、「千鳥ケ淵緑道」を往復して来ました。桜のピークは過ぎていましたが、桜が散っている風景も風情があり、満開が過ぎて散る前の桜というのが何か一番いいような・・・。「九段下」で下り坂を上ると、「金色のたまねぎ」が・・・。「爆風スランプ」の歌にもありますが、学生時代何回この坂を上って「武道館」にコンサート(主に外タレのロックコンサート)に行っ...

桜花見ラン 「見沼代用水東」 沿い

見沼用水沿いの「桜花見ラン」最後のレポですが、しつこくてすみませんが何せ地元で自信を持って紹介できる場所ですので・・・。復路の「見沼代用水東」沿いも「西」に勝らず桜並木が永遠に続いてます。前のレポでも案内した通り、昔は「見沼」という沼があり今はそこは低地になっていますが、「見沼の龍神伝説」もあったくらいで洪水の被害も結構あったようです。下記地図の写真の緑の部分が昔の沼の跡。今は真ん中に「芝川」がそ...

桜花見ラン 「見沼通船堀」~「見沼代用水東」 東沼神社まで

「見沼通船堀」に着いてから、すぐそばの「芝川」に架かる2月の「芝川ラン」で通った「桜橋」へ。この橋「桜橋」と名が付いていて、2月に来た時に絶対にこの橋と周りの桜のコントラストがすばらしいだろうと思っていましたが、ちょっと肩透かし。この橋の周りの木は桜ではなかったようでした。これが「桜橋」、木製で風情があります。「通船堀」の方が桜が咲いていて。川幅も狭いので、ここの桜は見事。復路は「見沼代用水東」を北...

桜花見ラン 「見沼代用水西」 沿い~「見沼通船堀」まで

「見沼代用水西」は、子供の頃はよく遊びにきては田んぼに引き込まれた水路で、「ザリガニ」を取ったりしてました。その頃からゴミが多かったのですが、最近は頓に少なくなっているのを感じます。これは市の職員の方が清掃をしてくれているから、この桜の時期も気分良く眺める事が出来ます。途中に恐らく用水から採ったであろうゴミの山が積まれている光景を目にしました。この辺の桜並木はちょっとかわいそうな気もしましたが。木...

桜花見ラン 「見沼代用水西」 沿い

しつこく桜の話題が続きますが、土曜日は家周辺の「大宮公園」、「大宮公園第二」周辺を桜を見ながらゆっくりランして、写真を撮りながらブラブラしていました。次に日、日曜は「見沼代用水西」沿いを「宇都宮線」沿いからずっと南下。旧「大宮」、「浦和」を通り、「川口市」の入口の「見沼通船堀」まで。そして帰りは「見沼代用水東」沿いを北上して家まで約38kmを午前中から午後、夕方まで7時間ちょっとかけて廻ってきました。...

桜花見ラン、「大宮公園第二」、「大和田貯水池」

「大宮公園」の「県営大宮球場」、大宮アルディージャのホームグランド「NACKスタジアム」の真ん中の通路を通って「産業道路」の歩道橋を渡り、「はなみずき通り」をまっすぐ行くと「大宮公園第二」があります。お花見のシーズンは「大宮公園」はすごい混雑ですが、こっちはそうでもなくいる方は見るからに近所の家族連れと言う感じ。「大宮公園」のお昼近くに散策道を走っているのは、迷惑でこの時期はマナー違反でしょうが、こち...

桜花見ラン、「大宮公園」 枝垂れ桜、ボート池、

「大宮公園」の桜の画像をもう少し撮ったので、再び。暫くは桜中心の画像が続きますが、飽きずに・・・。「大宮公園」のちょうど真ん中あたりにも結構立派なお「枝垂れ桜」があります。「ソメイヨシノ」より「枝垂れ桜」の方がどこでも人気があるようですが。屋台も最近は、「ちちみ」、「ケバブ」とかが・・・。再び「ボート池」、人が多い場所よりどうしてもこっちの方が落ち着きます。...

桜花見ラン、「大宮公園」 

この時期何が楽しみかと言うと、桜を見ながら桜の木、桜並木の下を走る。これが最高に贅沢な一時です。世間のランナーは、春のこの桜の季節を迎えるとシーズンが終了と言いますが、自分の場合はとんでもない。これからが本格的なランのシーズンインになります。冬場は、たしかにレースは多いのでそれに参加する為の準備として大会前に走り、後はレースだけなので12月~2月は走行距離が200kmいきません。3月になってようやく200km達...

「鴻巣びっくりひな祭り」

「鴻巣パンジーマラソン」のレポが全部終わってない途中ですが、これ本当は昨日UPしなくてはいけなく、何か過ぎてしまうと価値がなくなってしまうので。レース終了後ですが、競技場の向かいにある「鴻巣市役所」に行って「びっくりひな祭り」を見てきました。2月12日から開催されていて丁度この日の3月3日まで。鴻巣市における人形製作は、約380年の歴史があり、鴻巣の貴重な伝統工芸として現在に伝えられておりそこで、歴史あ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.