「第20回奥武蔵ウルトラマラソン」 高山ASから再び高山ASまで

折り返しの「丸山AS」に行かないと見ることが出来ないと思っていた、「ビキニ水着美女」がこの「高山AS」にもいた。早速ドリンク、食べ物を貰う前に頭から水を掛けて貰う。何とも言えない気持ちの良さで、スッカリ回復したが時間が差し迫っている為に「帰りはもう寄れないね」と言うと「そんなこと言わずにガンバッテ戻って来てください」と言われると、本当に単純なのか鼻の下を長くして、張り切ってしまうオヤジでした。「デビル...

「第20回奥武蔵ウルトラマラソン」 グリーンラインに入るまで

3年前とは違う鎌北湖からの迂回の20kmコース、ここで力を蓄えてと思ったがその逆だった。今年は例年に比べると涼しいという見解が多かったが、普段週末の夕刻になってしか走らない自分にとってはやはり過酷。いきなり砂利道の登りから下ると、アスファルトの登り、上りは歩かないと後でエライ目にあうことを前回大会で体験していて、慎重になりすぎたのが裏目だった。周りにランナーがいなくなってしまい、きずいた時はもう遅かっ...

「第20回奥武蔵ウルトラマラソン」 スタートから

今回は47.6kmで終了してしまったので、コースレポはさらっといきます。コースの雰囲気、様子は前回参加の17回大会、又は「グリーンチャレンジ」、「トレニックワールド越生」を参考にしてください。スタート前ですが、この大会5回目という「グリーンゼッケン」(10回以上参加の方)を目指している「ウルトラおばさん」と話している時に、すでにリタイアの時のことを確認していた。それだけでもネガティブ発言だったな~と。「収容...

「第20回奥武蔵ウルトラマラソン」 久々に我家に戻ったみたいなレースでした!!

「オクムウルトラ」ですが、結果は先に報告したように47.6kmにて収容という形になりましたが、フル以上の距離なので一応ウルトラはこなしたこという事にします。そう思わないとこれから、9月初めにも毎年恒例の「猪苗代ウルトラ」が待っていますので。結果はともかく、唯一地元の埼玉で開催されるウルトラレース、そして「スポーツエイド」主催の大会は昨年の「年の瀬」以来なので、久々に我家に戻ってきた感じでした。心のこもっ...

第20回奥武蔵ウルトラマラソン まずは結果報告

「オクムウルトラマラソン」78km,結果からですが、46.6km地点「大野AS」にてtime out終了になってしまいました。今年に入ってから、最近の走り込みの少なさが招いたのが、序実に表れた結果でした。この大会募集要項を良く読まずに、3年前にエントリーしてしまい(100kmレース又はそれに順ずるレースを経験されている方)フルしか走ったことがなかったのに、77kmを制限時間少し前に完走出来た時は、ウルトラ初体験で勢いというのが...

第17回奥武蔵ウルトラマラソン vol.4 「エイド編」

奥武蔵ウルトラマラソンの最後のレポートになりますが、今回は「エイド編」コースが77kmましてこの真夏の中を走るのですから、常に水分補給は絶対に必要です。最初はまだかまだかと思う処にやっとありましたが、その後は平均して3kmごとに設置をしてくれていました。このエイドのおかげで77km完走出来たたと思っています。「スポーツエイド」さんの主催レースは、本当にエイドが充実しています。ドリンク類も水、スポーツドリンク...

第17回奥武蔵ウルトラマラソン vol.3 「仮装ランナー、出会った方々編」 

前回は、コースレポートでしたが今回は、ランナーの特集ですあくまでも画像中心です。この77km、この真夏の暑さの中仮装ランナーの方、結構いらっしゃたのにはビックリですやはり何と言ってもこのペアが一番目立っていました。デビル&ガッチャごん (issaさん&どらごんさん) 今日は伴走の方と 最初は近くを同じペースで走っていたのですが、どんどん先に・・・。 これはすでに折り返し地点手前ですれ違った時です。必ずカメラ...

第17回奥武蔵ウルトラマラソン vol.2 コース編

「奥武蔵ウルトラマラソン」のレポートです。まずはコース編ですが、スタート、ゴールは「毛呂山総合公園」。さいたま県民の森「野外活動センター」の折り返し77KM。スタート時間はAM07:00、受付は06:40までなので、どうやって行くか迷いました。「大宮」からの川越線で間に合う電車はありません。かといって車で行くには、77K走った後には絶対に運転できない。川越駅から東武東上線で坂戸経由で東毛呂駅まででしたら、何とか間に...

第17回奥武蔵ウルトラマラソン

「奥武蔵ウルトラマラソン」どうにかと言うか、とにかく完走できましたゴールしたのは12時間後の19:00 7分前。きつかったが、楽しく走る?歩くことも出来ました。前半は、ちょっとゆっくりすぎるかなというペース。というよりほとんど登りで、まともに走ることが出来ませんでした。折り返し地点46kmですでに14:00の制限時間ぎりぎり、それから後半は常に時間との戦いでしたので、timeを気にしないでゆっくりとは、前半で後半はもっ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.