FC2ブログ

100円で香港迄の航空券を購入したが・・・、やむなく今回の旅は行くことが出来なく断念!!

   たまにはリアルタイムの記事をと思って。(おそらく年に数回しかないと思いますが、但し画像は以前の) ...

「ピースボート オーシャンドリーム」地球一周の旅~これで世界一周というのは如何なのでしょうか?

昨日の記事の続きですが、「パシフィコ横浜」の「モンベル・フレンドリーフェア」に行った帰りに、天気も良かったので海沿いを散歩していました。 「赤レンガ倉庫」から「大桟橋」方面を見ると何やら大型客船が停泊しています。 一瞬「QE2』かと思ったが、そんなに大きくはなく(以前この大桟橋にて見た事があります)、せっかくなので桟橋まで行ってみようと思いました。 近くまでくるとピースボートの「オーシャ...

先週末「モンベル フレンドリーフェア」へ「パシフィコ横浜」へ行って来ましたが・・・。

まだまだタイの旅行情報が続いていますが、ここで少しは日常の話題を・・・。 先週の土曜日の午前中に、「モンベル フレンドリーフェア」へ「パシフィコ横浜」へ行って来ました。 「東京・上野ライン」が出来てから「湘南新宿ライン」より多少早めに、それも乗換なしで「さいたま」から「横浜」まで一本で行けます。  目的はあくまでもアウトレット商品の買い付けですが、「モンベル商品」はアウトドアウェア...

そろそろ徐々にタイモードに突入へ・・・。

最近平日が忙しくてブログ、FBの更新を疎かにしています。FBは、通勤、営業の移動とかでいい写真とかがあったらiphoneからチェックして、直にシェアして、後で大きい画面のpcで見ながら楽しんでいます。写真は撮るのも大事ですが、色々な写真を見る事が上達するコツとの事です。ブログも以前はランニング中心の話題がほとんででしたが、今はほぼ旅をした時に取った写真のみです。ジャンルを「旅、ランニング」から「旅、写真」にし...

世界遺産に 「富岡製糸場」と「絹産業遺産群」

まだ「安政遠足」を引きずっているようですが、レースの前日にせっかく前泊したので行ってきました。GW後の土曜日だったが、さすがに正式決定の前に一目見ようという方ばかりで混んでいた。ユネスコの諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)が「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録つき、登録するよう勧告した旨を発表。6月15日からドーハ(カタール)で開催される第38回世界遺産委員会で、登録が正式に決定され...

本日 夜からラスベガス、モニュメントバレー、グランドキャニオンそしてホノルルへ

本日夜、羽田から家族4人でロサンゼルス経由でラスベガスへ行ってきます。34年前の学生の時に、1人で訪れて今でも目に焼きついて感動したこの景色を、息子達に見せてやりたいので・・・。次男の卒業旅行に親が付いていくという形になりますが。ラスベガス、グランドキャニオンはその後仕事絡みを含めて数回行きましたが、「モニュメントバレー」はそれ以来で、今回はそこのホテルにも宿泊しますので夕陽、朝日に写った光景も見られ...

もう1本待てないものなのか!! 上越、東海道新幹線にて

先週、富山から越後湯沢経由で帰ってきた時、なんと帰りの新幹線始発「MAXたにがわ」の2号車の2階席が完全に1人で高崎まで貸切状態。実はこの5分前に「MAXとき」があって、これは新潟始発でかなり混んでいてもしかしたら座れなかったかも。「たにがわ」は各駅タイプなので大宮着は20分遅くなりますが、この差でゆったりと乗車できるのであれば、何故もう1本待つことが出来ないのか・・・。このMAXの2階の3人掛けシート、リクライニ...

庄内 酒田 酒田市写真展示館(土門拳記念館)

一通り市内の主な見所を見た後に、少し街から離れていますが、「最上川」を越えた川沿いの「飯森山公園」の中に「土門拳記念館」はあります。この日は、生憎行ったら閉館日との事で、周りの建物を首から下げたカメラで撮っていたら、「こんにちは!」と声を掛けられました。いかにも役所勤めという方で、「どちらから?」と聞かれたので「さいたま市からです」と答えたら、「せっかく遠い処からいらして閉館なのは気の毒なので、中...

庄内 酒田 「日和山(ひよりやま)公園」と海向寺(かいこうじ)

日和山公園は、北国廻船の航海安全を祈って常夜燈を建てたことに始まる。日本最古級の木造灯台や千石船の復元モデル、芭蕉の文学碑など見どころが多い。海向寺は、湯殿山信仰の寺で、大日如来を本尊とする。本堂のそばに、厳しい千日修行を仙人沢で積んで、即身仏になった忠海上人と円明海上人の2体が奉安されている。この蔵の中に「即身仏」が、入る事は出来ませんでした。...

庄内 酒田 映画「おくりびと」の舞台

特に下調べはしていかなったのですが、どこかで見た光景の建物があるなと思い、坂道を登りきった処にオーラを感じるように、この建物が建ってました。扉が何とも言えない雰囲気、そして木の看板には「NKエージエント」の文字が。アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」のロケ地。現在は建物を一般公開し、中には当時のセットなどを再現しています。事務所もそのまま、棺桶もちゃんと立掛けてあります。社長の机の向うには、あの...

庄内 酒田の街並みと本間家本邸

酒田の街並みは、昭和それ以前のも残されていて風情があります。それでも昭和51年の「酒田の大火」によって、古い佇まいの家は相当焼けてしまったとの事。新しい中心の商店街は、人通りが少ないがちょっと離れた場所には、まだまだ沢山の古い町並が残ってます。...

庄内 酒田市 「酒田港」

酒田港は、最上川の河口に位置し、古くから「紅花」、「庄内米」などの特産物の集積地として発展を遂げてきた。「山居倉庫」を見た後に港に寄ってから、その後は埠頭沿いに。「飛島」行きの船はちょうど出港したばかり、今度来た時は「飛島」に行ってみたい。...

庄内 酒田市 山居(さんきょ)倉庫

酒田と言えば、この光景をよく駅の構内に貼ってある旅のポスターで見かけます。朝一番で訪問しました。宿泊した駅前のビジネスホテル(ホテルアルファワン酒田)でレンタルサイクルを何と無料で貸してくれました。山居倉庫とは・・・連続ドラマ小説「おしん」の舞台の米倉庫。明治初年の地租改正で農政が混乱したため、酒田米穀取引所の付属倉庫として建てられたのが始まり。この山居倉庫は、舟への積み下ろしの利便性をも兼ね備え...

「八重の桜」大河ドラマ館

ハンサムウーマン八重と会津博 大河ドラマ館では、「傷ついても、前を向く強い志」を、八重のふるさと会津で感じていただくため、八重の不屈の精神が育まれた背景や体験型ゾーンの充実によりドラマの世界観をよりリアルに感じていただける。「鶴ヶ城」の近くにあり1年間のみの施設なので、入場料500円でしたが入ってみました。撮影禁止の展示物が多かったので一部しか紹介できませんが。ドラマはすでに今は、京都が舞台になってあ...

四国八十八ヶ所霊場 第51番札所 「石手寺」

「道後温泉」から歩いて少しの距離で、さすがに四国の霊場の一つとあって「お遍路さん」も見かけたが、四国唯一の大寺院なのでツアーの観光客も結構いました。ただツアーのお客は参道から本堂に参拝して帰っていく方がほとんどだが、ここ「石手寺」は奥に行けば行くほど、ディープで怪しげな雰囲気を醸し出している。あまり下調べをせずに行ったので、さらに裏山のには色々な仏像があったらしいが、「マントラ洞」と題されたその洞...

沼津「千本浜公園」からの富士山ビュー

世界遺産登録で清水の「三保の松原」が旬で盛り上がっていますが、今回の出張でもさすがに行く時間がなかったので、ちょうど「駿河湾」を挟んで「富士山」の反対側からの沼津「千本浜公園」に、仕事が終わってからの18時過ぎに行ってみました。ん~んこの夏の時期は、晴れていてもどこから見ても「富士山」が霞んでしか見えない。一番近くの「富士市」からも昼間はほとんど見えなかった。「富士山ビュー」は、秋から冬そして春まで...

世界遺産 文化遺産 「広島原爆ドーム」

広島県には、別々に登録された名前の世界遺産が2つあります。「厳島神社」と「原爆ドーム」。それも今話題の「富士山」と「三保の松原」より断然近い距離にあり、「宮島口」から路面電車の「広島電鉄」に乗れば、交通手段1本で結ばれている。なので、宮島・厳島神社を見た後は「宮島口」から広電に乗って「原爆ドーム前」で降りる事をお勧めします。確実に1日で2つの世界遺産を見る事が出来るのは、ここだけでは。。。(ただ奈良県...

世界遺産 「宮島」の鹿と古い街並み

宮島といえばシカというように宮島とシカは切っても切れない縁があります。現在宮島に生息しているシカは、宮島が6000年ほど前に島になる以前から住み着いていた野生動物。シカはあくまで野生動物であり、生息数調整には動物愛護の観点への配慮という難題が付きまとう。宮島町が廿日市市と合併した2005年頃からマスコミ報道が増え、2011年現在でも地元住民・廿日市市は「野生のシカにえさをやらない」「観光客にもシカにえさをやら...

世界遺産 「宮島」 弥山(みせん) 続き

神の島として崇められてきた宮島、 弥山(みせん)はパワースポットがいくつもあることで知られています。弥山本堂。唐から帰国した弘法大師が霊地を求めて宮島へ渡り、お堂を建てて100日間の修行を行った場所。大師が焚いた護摩の火が、1200年途絶えることなく燃え続けている「消えずの火」は、広島市の平和公園の「平和のともしび」の元火ともなっている。この火で沸かした霊水は万病に効くという言い伝えが残っている。悠久の...

世界遺産 「宮島」 弥山(みせん)

巷では世界遺産に登録されたばかりの「富士山」で盛り上がっていますが、「宮島」に行った時の画像がまだまだありますので紹介を。「弥山に登らずして宮島を論ずる勿れ」と言われるように、宮島では「厳島神社」と一体になっています。原始林の豊かな自然は宮島の見どころの一つです。古くから神々が宿る霊山として、近年では厳島神社とともに世界遺産として宮島にそびえる弥山には、今なお残る原始林や奇岩怪石、由緒ある史跡、七...

世界遺産 「宮島」 紅葉谷公園

世界遺産「厳島神社」の構成資産は、厳島神社の建造物群と背後の宮島弥山を含む森林区域。厳島神社の裏側にある「紅葉谷公園」も世界遺産の一部。宮島の名物は紅葉(もみじ)で、名物「もみじまんじゅう」もここのもみじから出来たもの。秋の紅葉(こうよう)の時期は最高にいい感じでしょう。周りを見てもほぼ新緑だったが、一部のもみじが色ずいていた。...

世界遺産 「宮島」 厳島神社  続き

・海上に建ち並ぶ建造物群と背後の自然とが一体となった景観は人類の創造的才能を表す傑作であること。・平安時代の住宅建築様式が神社建築に取り入れられており、同一文化圏内の価値観の交流がうかがわれること。・建造物の多くは創建時のままの姿が保たれ、平安時代から鎌倉時代の建築様式を今に伝えていること。・自然崇拝に基づく建造物群は、日本人独特の精神文化を表した宗教的空間であること。以上 が評価され、1996年...

世界遺産 「宮島」 厳島神社

「しまなみウルトラ遠足」の前々日に訪れた宮島 厳島神社。世界文化遺産として登録されてます。この日は、朝一番の飛行機で「広島空港」に降り立ち、バスでJR「白市駅」までそれから「広島駅」で乗り換えて「宮島口駅」まで。そこからはJR運営のフェリー。フェリーからの光景。宮島の桟橋。...

ひたちなか海浜鉄道湊線 勝田~阿字ヶ浦

ひたちなか市内を走るローカル鉄道。JR勝田駅・阿字ヶ浦駅間14.3kmを結んでいます。走っているのはディーゼルの1両車両。沿線には「那珂湊魚市場」、「アクアワールド大洗」、「ひたち海浜公園」があり結構賑わっているが、ほとんどの観光客が車で訪れているようで今一つ利用者数が少なかった。実は土曜日だというのに行きの「阿字ヶ浦」駅で降りたのは、何と自分1人。「海浜公園」はあれだけ混雑しているのに、もっとこの鉄道を利...

「ひたち海浜公園」から「阿字ヶ浦海岸」さらに「酒列磯前神社」まで

先日紹介した「ネモフィラ」以外にも咲いている花が結構あり、「ひたち海浜公園」は、四季を通して楽しめる場所。その後「阿字ヶ浦」の海岸沿いを散策しながら。「酒列磯前神社」、ここで参拝した後に宝くじを買うと当たる確率が増すとの事です。5億円当選された方が実際いたようです。...

ネモフィラハーモニー 「ひたち海浜公園」

ライトブルーの可憐な花と空と海とが織りなす日本最大のパノラマシーン。先週末の木、金で日立、水戸方面の営業をしてきたので、その後の土曜に「ひたち海浜公園」に行ってきました。目的は“みはらしの丘”3.5haに450万本の「ネモフィラ」の花が青空に向かって広がっている360度見渡す限り青一色の世界を見る為。開花時期が4月中旬~5月中旬ということで、ちょっと遅いかなと思ったがまだまだ。...

地獄谷温泉 「野猿公苑」

地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザルの保護および観察を行っている野猿公園。冬場に温泉にサルが浸かる国際的な観光地。英語圏では“Snow Monkey Mountain”とも呼ばれる。(by Wikipedia)ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、温泉に入るサルとして、広く世界中の人々に愛されています。外国人が選ぶ日本の観光スポットのベスト5に入ってい...

地獄谷温泉 秘湯の宿「後楽館」と「地獄谷噴泉」

地獄谷と言っても先月行った九州別府の続きでなく、先週行ってきた新潟出張にプラスしてプライベートを「湯田中温泉」1泊した後に行って来た時のもの。宿泊したホテルに大きい荷物を預けて、湯田中温泉から渋温泉さらに山の中の道を歩いてきました。距離にすると往復10kmちょっと、トレッキングにはちょうど良い感じ。まずは秘境温泉の1つの地獄谷温泉に。車でもこれますが、駐車料金が500円かかり同じ道を戻らなくてはなりません...

「川越八幡神宮」 足の安全祈願と足腰のお守りを!

昨年行けなかったので、今年は行って足腰の安全祈願をしてきました。川越八幡宮の境内には相撲稲荷神社(民部稲荷神社)があり、足腰を強くするという御利益から多くのスポーツ選手が参拝に来ているそうです。また、御神木の縁結びイチョウは雌雄の木がくっついているため、縁結びのシンボルとして有名だそうです。ここの宮司さんもランナーとの事。足腰と縁結び、両方ご利益がある神社ですので、行くしかないですよ~。川越の中心...

大阪の街並み散策 「梅田界隈」「大阪天満宮」

大阪街並み案内最後になりますが、「大阪駅梅田界隈」。「曽根崎お初天神通り商店街」。「お初天神 露天神社」ご存知、「曽根崎心中」の舞台。堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当神社の「天神の森」にて情死した事件をもとに、近松門左衛門が劇化したもの。日本一長い商店街「天神橋筋商店街」。「大阪天満宮」の目の前にある「繁昌亭」。「大阪天満宮」夜は入口が閉まっていたので、朝参拝に行きま...

大阪の街並み散策 「十三の夜」につられて・・・、夕方でしたが。

まだしつこく大阪の話題を引きずっておりますが。大阪マラソンの前日ですが、あの必殺仕事人の故「藤田まこと」さんが歌っていた「十三の夜」の最初のフレーズがどうしても頭に思い浮かび。「梅田離れて中津を過ぎりゃ思い出捨てた十三よ女一人で生きていく 娘ちゃん娘ちゃん十三の娘ちゃん 」「十三」どんな街なのか、阪急電鉄も乗ってみたかったのでちょこっとですが、行ってきました。歌の歌詞通り、阪急「梅田」から「中津」...

大阪の街並み散策 「大阪歴史博物館」「中之島地区」

「大阪城天守閣券」+「大阪歴史博物館」のセット券が900円でしたが、お徳だったので大阪城を見た後に、近くの「大阪歴史博物館」常設展だけですが、見に行きました。古代難波宮~昭和の初期(戦前)の大阪の街を再現している展示室を廻ります。最上階からの「大阪城」の眺めがいいとの事、確かにここならではの光景だが窓ガラス越しなので、カメラだとどうしても窓の内部も写ってしまう。地下鉄「淀屋橋」で降りて、「土佐堀川」...

大阪の街並み散策 「大阪城」内濠、天守閣

「大阪城ホール」側の「青屋門」から「極楽橋」を渡り「天守閣」へ。ちょうど行った時は「太閤秀吉展」が開催されてました。特別展「秀吉の城」。残念ながら展示室はほとんど撮影が不可。「天守閣」の上からの眺望。「EXPO70」の時のタイムカプセル。「大阪市立博物館」「桜門」から「豊国神社」へ。お~っ仮装ランナーかと思ったら、ボランティアでゴミを拾っている「真田幸村」の鎧を着た方、ご苦労さまです。どっちかと言うと城...

大阪の街並み散策 「大阪城」外濠

大阪の話題がまだしつこく続いてますが、まだ1日分ありましたので。。。「大阪マラソン」レース前日は、スタート地点の下見を兼ねて「大阪城」に行ってきました。ホテルのある「南森町」から地下鉄谷町線に乗り「天満橋」で降りてから、スタート地点の「大阪府庁前」に行くのが一番いいのですが、これは先頭スタートのAゾーンからの早いランナーの方のみで、荷物を預けるのを考えると「森ノ宮」か「大阪ビジネスパーク」がいいよう...

大阪のディープな街並み、商店街を歩く 「新世界、通天閣」周辺

動物公園前に再び戻り、今度は「環状線」内に入って「新世界」界隈から「通天閣」へ。急にここからは、反対側では絶対にいなかった観光客ポイ人が大勢。東京とかでは、以前はあったのを覚えているが、将棋、囲碁が出来るお店。前にもこの界隈は家族で来た事があるが、こんに店の外に吊る下げている物、派手な看板はこんなにはなかったような。名物串かつの「だるま」、相変わらず雨でも傘差して並んでいますが、以前はここのお店し...

大阪のディープな街並み、商店街を歩く 「西成地区」

祝日の早朝の「道頓堀」、昨日夜の人ごみがウソのような雰囲気。「法善寺横丁」。午前中、大阪でもっとも庶民的で「昭和の大阪」に巡りあえそうな場所に行ってきました。地下鉄御堂筋線「動物園前駅」で降りて、まずは「今池」方面の商店街のアーケード進み。商店街は、まだ早い時間なのかシャッターが下りた店舗がほとんど。その間をオジチャン、オバチャンがママチャリを我物顔で、漕いで往来してます。昔こんな路地裏の光景、良...

大阪の街並み散策 「道頓堀」、「なんば」さらに「大阪港」

夜の「道頓堀」、「心斎橋」、連休・週末の前日だったので人出が多かった。「心斎橋筋」のアーケードを北に向かって歩くが、いつまで経ってもアーケードが途切れなく、「船場」まで。帰りは「本町」から地下鉄に乗って、再び「心斎橋」へ。「道頓堀」界隈を歩きながら「なんば」方面に。地下鉄の1日フリー券を買ったので、港の夜景夜景を期待して「大阪港」へ。ここは「天保山マーケットプレイス」、「大阪海遊館」がある場所。...

大阪の街並み散策 「仁徳天皇陵古墳」

「天王寺駅」で色々な電車を見ていると、どうしても乗りたくなって目についた「阪和線」の快速に乗って、「三国ヶ丘駅」で降りてから、小学校、中学校の時から歴史の教科書に載っていていつか必ず行って確かめたいと思っていた「仁徳天皇陵」 へ。エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓の一つといわれ、上から見ると円と四角を合体させた前方後円墳という日本独自の形で、5世紀中ごろに約20年をかけ...

大阪の街並み散策 和宗総本山 「四天王寺」

「天王寺公園・動物園」を見てから、結構近くにある「四天王寺」へ。推古天皇元年(593年)に聖徳太子が建立した日本仏法最初の官寺。南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式である「四天王寺式伽藍配置」がとられており、日本では最も古い建築様式。そして偶然訪れた日が21日だったので、境内には色々な縁日の露店が出ていました。その後「天王寺駅」へ。...

大阪の街並み散策 「天王寺動物園」

「天王寺駅」を降りて、目に入ったのが「天王寺公園」。それも徳川家康、真田幸村の死闘の場所、「茶臼山」を見てみたいと思い、「天王寺公園」の入場料を販売機で買おうと思ったら、「天王寺動物園」とのセット券の方がお徳に見えたので、購入して公園を一回りしてから「動物園」へ。入ってすぐ右側にある「コアラ舎」、この中は撮影禁止なので外観のみ。アジアの熱帯雨林の中にある「ゾウ園」。「シロクマ」。この日は幼稚園の遠...

大阪の街並み散策 「天王寺公園」

「大阪マラソン」レポートがやっと終了しましたが、今回大阪に行ったのはもちろん走る事が目的ですが、それ以外には「浪速の街」を堪能する事。それも大阪らしいディープな場所に行ってみたいのが目的でした。11/21(水)の深夜に「さいたま新都心」を出発、3連休だったので1日有休をもらって4連休にして大阪に向かいました。深夜バスって初めて乗ったのですが、以外に混んでいてたまたま隣は空席だったので多少はゆったり出来たが...

「真岡鉄道」 SL「もおか号」乗車

「益子駅」からSLに乗車して「下館駅」まで。益子の散策がどうしても時間に限りがあったのが、これに乗る為でした。「C11325」C11型は、昭和7年から昭和20年までに、381両が製造された機関車。 現在真岡線で運行している機関車は「C11325号」。この蒸気機関車は、新潟県北部の水原町(現阿賀野市) から真岡市が、平成8年3月に譲り受けた。「C11325号」は、平成9年5月から真岡駅構内で解体作業をして、フレーム ・車輪などを大宮...

陶器の街「益子」 散策

「真岡井頭マラソン」走ってから真岡駅まで送って貰い、このまま真っ直ぐに帰るのはもったいなく、10kmの距離で多少物足りなさもあったので「益子」まで再び「真岡鉄道」に乗って。「真岡駅」の駅舎はSLに模して作られたもの、正面から。駅ののホームにもこんなレトロ風な客車が、つながれてます。「益子駅」。時間が限られていたので、街中を行ける処まで。、つい1週間前に「城内坂ウルトラマラソン」の舞台になった「城内坂交差...

蔵の街 「喜多方」 散策 続き

「喜多方」へ来た方は、必ず「ラーメン」。netで調べた一押しの店がなかなか見つからなく(控えてもこなく、名前すら薄ら覚え)。駅に「喜多方老麺会」という案内パンフがあったが、どうもこうゆう会にも参加していない穴場のお店らしい。諦めて、「喜多方ラーメン」と言えば一番知名度がある「坂内(ばんない)食堂」へ。この坂内食堂のチェーン店は、家の近くにもあり何回か行った事はあるのですが、さほど頻繁に足を運ぼうと思...

蔵の街 「喜多方」 散策

「蔵の街」と検索すると、地元の隣の市「川越」、「栃木」等が出てくるが、その次に出てくるのが「喜多方」。「喜多方」はもっとも「ラーメンの街」のほうが知名度があるようです。「猪苗代ウルトラマラソン」の前日に、家を早く出て「喜多方」を訪れました。でも乗り継ぎルートだったので到着は、10時30分ごろでしたが。この「猪苗代ウルトラマラソン」関係の3日間の話題だけで、2週間目に突入(引っ張りすぎ)。マラソンレポの一...

海外旅行用品グッツの必需品!!

今週末からの旅の準備をそろそろと思って、ウェア関係を揃えていたらさすがに夏物ばかりだと荷物も多くなく、あっという間にパッキング終了。むしろウェア以外の物にあれは必要か、持っていった方がいいのかと悩んでいます。2007年の「ホノルルマラソン」の時以来、海外旅行には必ず持っていく必需品くこれですが何だと思いますかランニング用のウォーターボトル、歯ブラシでもない「携帯ウォシュレット」。。。海外に行くとホテル...

今週末から暫し旅に出てきます・・・。

世間一般の方は、今週は「お盆休み」の方がほとんどでしょうが、こちらは「カレンダー通り」と良く言うように通常の勤務です。休みに関わる時の仕事をしていますので、しょうがないのですが。その変わり来週は、月~金までの5日間休みを取っています。土、日の2回を入れて計9日間。家族4人で今年は、「イタリア」に行ってきます。家族で行く時は、ツアーに参加した方が、個人旅行だと「やれあそこには行きたくない」、「これでない...

上野東照宮 

「牡丹苑」だけ紹介したので今度は東照宮を。1616年、2月4日、お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受け、そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営しました。1646年には正式に東照宮の宮号を授けられ,1651年に三代将軍・徳川家光公が大規模に造営替えをしたものが、現存する社殿との事。だた社殿は現在改...

六義園(りくぎえん) 枝垂れ桜と大名庭園のライトアップ 続き

「六義園」は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園。花火のように咲く「第二のしだれ桜」。桜だけでなく庭園もライトアップされてました。三脚使用不可で、夜の写真は撮るのが難しく半分近くがぶれたり、ぼやけてしまいました。四季折々色々な花が咲いているようで、又秋の紅葉の時期にライトアップがあるそうなので、その頃を狙って・・・。...

六義園(りくぎえん) 枝垂れ桜と大名庭園のライトアップ

18時に仕事を終えてから、「池袋」からなら直なので山手線に乗って「駒込」で降りて「六義園(りくぎえん)」にライトアップされた桜を見に行ってきました。「六義園」の存在は知っていたのですが、今まで入った事もなく、たまたまライトアップされた「枝垂れ桜」の写真を見て、何だ仕事場からも直近くでないかと思い。サイトで確認するとライトアップで夜間入場出来るのは、今年は3月22日~4月5日まで。いやぁ~終わっていると一...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.