春日部大凧マラソンのアフターは・・・「牛島の藤」

レースの後は、皆さんビールで祝杯というのが多いでしょうが、自分の場合は酒が飲めないので、特に走った後は恐らく1口でも飲んだらその場に倒れて動けなくなってしまうでしょう。この日も天気がいいので、会場の公園の処々でシートを敷いて盛り上がっていました。恒例の抽選会のクジを引いて(B賞でタオル、参加賞も含めタオル2枚)から、そのまま帰るのはもったいないので、今回のレースアフターは近くの牛島の藤で有名な「藤花...

第26回春日部大凧マラソン 

「春日部大凧マラソン」密かにエントリーして、密かに走ってきました。今回で6回目「さいたまシティー」と同じ隣の市のレースなので、地元レースと位置ずけておりG.Wは高く、混んでいるので毎年何処も行けないので何故か参加してしまいます。エントリーしたのが3月に入って、来週の「安政遠足」のエントリーのついでに申し込みをしました。エントリー開始からすでに二ヶ月以上も経っているのに、人気がないのか、それとも締め切り...

「第25回春日部大凧マラソン」 ゴールまで一気に!!

まだまだ「偽川内騒動」が続いているようですが、ランナー、応援されている方を楽しませてくれたのですからそれでいいんじゃないですか。レース後に大会の関係者が、「M高史」氏に不謹慎だとか、訴えられてもおかしくないとか言った事に端を発してているのではないでしょうか。「川内優輝」選手は何も思ってなく、次の日はすでに札幌でまたもやハーフのレースに参加して走っているのですから、大会を運営している人がそんな事を言...

「第25回春日部大凧マラソン」 偽川内騒動およびスタートから

**********************************************************************************“偽川内”M高史が騒動謝罪「深くお詫び申し上げます」 4日に行われた埼玉・春日部大凧マラソンで、男子マラソン代表の公務員ランナー・川内優輝選手そっくりの姿で出場し、本人を困惑させた物まねアスリート芸人のM高史が5日、自身のブログで騒動を謝罪した。******************************************************************************...

「第25回春日部大凧マラソン」 スタートまで

「春日部大凧マラソン」走ってきました。「かすみがうら」から2週間、そして1週間後には「安政遠足」、「しまなみ海道100km」はすでに一ヶ月切っているのに、どうも今回走り終わってから、走っている途中も多少ですが左膝に違和感を感じるようになってしまった。帰りも歩いている時はなんともないが、駅とかの特に階段を降りる時に膝に痛みが走る。帰宅後風呂に入って、明日、明後日も休みだからと思い横になっていたらそのまま寝...

第24回春日部大凧マラソン 

「春日部大凧マラソン」走ってきました。昨年は震災の影響で中止でしたので2年ぶり今年で4回目の参加。今思い出したら一番最初に参加した時は、まだ「春日部大凧マラソン」でなく「庄和町大凧マラソン」だったな~と。その時と会場、コースも全く変わらないが走っている人は増えて、年々数が多くなっています。そして今迄の3回は天気が良く、GWでも真夏並みのそれも半端ない暑さでしたが、本日は昨日の大雨に引き続き朝からまだ降...

第22回 春日部大凧マラソン

「春日部大凧マラソン」走ってきました。この大会は、今年で3回目ですが毎年天気が良く、極端に暑くなります。今日もスタート時はそんあでもなかったのですが、ぐんぐん気温が上がってくるのが体感温度で分かります。それにしても参加人数も年々増えて、ハーフが5800人、10kが3100人で全種目合わせると1万人を超えている大会です。埼玉県の中でもこれだけの規模の大会は他にもないのでは。もっともこの時期になると、極端にレース...

第21回春日部大凧マラソン 2

昨日に続き「春日部大凧マラソン」のレポです。このレーススタート時間が、中途半端な10:08です。何故10:00丁度にしないかというのが、後で肯けました。スタートから東武野田線の「南桜井」駅方面に向かい、駅に突き当ると今度は線路沿いを走り、それから他の大会でもないかと思いますが、踏み切りを渡ります。 この時間少なくとも1時間に4本の電車は走っているはずなので、上下線あわせても10~15分に1回は必ず踏み切りで、遮断...

第21回春日部大凧マラソン

昨年は参加出来なかったのですが、2年ぶりの2回目。元々は庄和町の大会で、名物の大凧をメインにして春日部市に合併したので、「春日部大凧マラソン」になりました。いつの間にか「さいたま市」と「春日部市」は隣同志になっています。3KMがきつかった。最後のTIMEロスが響きましたが、何とか2時間は切れ東武野田線で会場近くの駅「南桜井」までは、1本で行けます。参加人数が以前よりも増えて8000人との事です。G.Wにも関わらず、...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.