FC2ブログ

「チャアム駅」、「フレッシュフードマーケット チャアム」~「チャアムビーチ」に行く前にちょこっと行ってみた!!

      タイではローカルの町を訪れた際は、どんな小さな街でも鉄道の駅とローカル市場があれば、そこを訪れてみます。   ホアヒンから自転車で訪れたチャアムにもビーチだけでなく、駅と市場がしっかりとありました。     「チャアム駅(BAN CHA-AM)」、「フレッシュフードマーケット チャアム」     「チャアム ビーチ」から真っ直ぐ内陸部に行くと、「チャアム駅」に...

「チャアムビーチ」~ホアヒンの北約30kmにあるビーチリゾート、ここにも自転車で。。。

    「ホアヒン」から北に28kmの場所にリゾートホテルを含む街がある、「チャアムビーチ」があります。   「ホアヒン」と比べれば規模は小さいが、ホテルの数もかなりあり、街の中心には市場、ショッピングセンターとかもありますが、ここはビーチを純粋に楽しむリゾート地。     「チャアムビーチ」     ホテルサイトには、「ホアヒン/チャアム」といかにもホアヒン地区の一...

「サナエビーチ」~ホアヒン 「カオ タオ」の南側にある親近感溢れる名前の隠れ家ビーチ!!

   「カオ タオ」のワットがある小高い丘を南下した向こうに、こじんまりとしたビーチがあります。   「サナエ ビーチクラブ」というホテルが一件ビーチの目の前にあるプライベートビーチ。   日本風な名前で、どこか懐かしい親しみのある名前だったので行ってみました。   ホアヒン 「サナエ ビーチ」     ワットから下る散策路もあったが、野犬がいて吠えられたのでぐるっと...

「カオ タオ(Khao Tao)」~ホアヒンから南下した、静かな穴場のこの場所にも是非自転車で。。。

    ホアヒン滞在の3日目に、前日行った「カオタキアップ」からさらに南下した場所にある「カオ タオ」に行ってみました。   タイ語でカオは山、タオは亀、亀に見える小高い丘があり、亀を祀った寺院「ワット カオタオ」もあります。   ホアヒン 「カオ タオ(Khao Tao)」     ホアヒン市街からは17kmあるが、ここへも自転車で。   「カオタキアップ」の先からの綺麗に整...

「ラーチャパック公園(Rajabhakti Park)」~こんな広大な土地にタイの7代王の銅像が一同に勢揃い!!

     タイの歴史上で一番有名な歴代の7大王の銅像が、一同に揃っている場所がここホアヒンにあります。   ラムカンヘン王(スコータイ王朝)、ナレスアン王(アユタヤ王朝)、ナライ王(アユタヤ王朝)、タークシン王(トンブリ王朝)、ラーマ1世(現タイ王朝であるチャクリー王朝の創始者)、ラーマ4世、ラーマ5世の銅像が並んでいる巨大な公園。   敷地の広さは35.52ヘクタール、東京ドーム7...

「ワット カオタキアップ」高台の上から下にある「ワット カオラン トム」へ。。。

    「ワット カオタキアップ」の高台からの「ホアヒンビーチ」の展望が絶対にいいので、階段は少しきついですが是非上に行ってみてください。   ホアヒン 「ワット カオタキアップ」~「ワット カオラン トム」       黄金の大仏の後ろに白いパゴダがそびえ立っている。                       ...

「ワット カオタキアップ」~ホアヒンでは一番メジャーな見どころポイント!!

    ホアヒンで一番メジャーなポイント「ワット カオタキアップ」、この寺院の上から見た「ホアヒンビーチ」の画像が「ホアヒン」の象徴。     ホアヒン 「ワット カオタキアップ」     「ワット カオタキアップ」へホアヒンの中心(ホアヒン駅)から行くには7.2kmあるので、歩くには約1時間30分かかるので、一番安く便利なのはソンテウ。   ホアヒンのナイトマーケット...

「ホアヒン」でまず最初に訪れた場所は~全く予定してなかった山側のワット(寺院)へ!!

    「ホアヒン」なのか「フアヒン」なのか読みかたが色々な資料、サイトとかで違うようですがタイ語の読み方の違いで、どちらでも良いようです。   「ホアヒン」 ワット カオ イティスカット 他        ホアヒン駅から5kmぐらい離れているホテルにチェックインしたら、部屋の窓から日本で言う観音様のようなものが見えたので早速行ってみました。   同じ寺院ではないの...

昨年度の忘備録と現状報告も・・・、そして今年、これからの抱負、目標を。。。

    「明けましておめでとうございます! どうぞ今年も宜しくお願い致します。」   年始は仕事が入ってましたので、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。   今は記事がほとんど旅に関しての事なので、常に海外に居るのかと思われがちですが、決してそうではございません。   世間一般の皆様が休んでいる時に働いて、仕事をされている時に休んで旅に出ています。   フルタイムの...

「ホアヒン駅」~バンコクから列車で到着したら、そこがホアヒンの見どころポイントのひとつ!!

      バンコクから列車で降り立った駅、「ホアヒン駅」。   ここはただ列車が発着するだけの駅だけでなく、ホアヒンでの主要な観光見どころポイント。   有名な王室専用の駅舎があり、通常の駅舎、駅の表示看板もすべて普通の駅と違った様子。   ホアヒン  タイ国鉄 「ホアヒン駅」       この駅にはすべての列車が停車しますが、昼間は1時間~2時間に1本ぐ...

ホアヒン駅へ 「SPECIAL EXPRESS NO.43」(スプリンター特急)にてバンコク ファランポーン駅から乗車!!

    バンコクからホアヒンへの移動の方法は、絶対に列車での鉄道の旅をお勧めします!!   バンコク ファランポーン駅からは「SPECIAL EXPRESS TRAIN NO.43」(スプリンター特急)に乘ってホアヒンへ。   08;05出発して11:26到着、3時間20分の列車の旅。     バンコク 「 ファランポーン駅」~「ホアヒン駅」       実はこの「SPECIAL EXPRESS TRA...

以前の「上野駅」にそっくりなバンコク「ファランポーン駅」の一日~この光景もあと何年後には。。。

     バンコク「ファランポーン駅」、ここにはもう何回来たか分からない程。   ここに来るとバンコクにやって来たと感じます。   この駅は何十年前から来ているような感じを受けるのは、そう以前(新幹線が通る前の昭和の頃)の「上野駅」を思い出す。   あの当時の「上野駅」は、寝台列車、特急、急行、各駅停車、通勤電車、色々な電車が発着していて、学生の時行く度にワクワクして「上野...

「ファランボーン駅」から運河沿いに行くと、こんな場所にディープな円形型の建物周辺にローカル市場があった!!

    バンコクは何度来ても新しい発見があります。   同じ場所でもその時、その時によって全く違う光景を見る事が出来ます。   そして今回も「ファランボーン駅」から「パドゥン・クルン・カセーム運河」沿いに歩いていくと、「タイ国鉄本社」をさらに衣料品中心の「ボーベー市場」の先にくだもの、野菜類を中心としたローカル市場を見つけました。   バンコク 「 ボーベー市場」~円形...

バンコク ファランボーン駅の駅前ホテル~「ザ クルンカセーム シークルン ホテル(The Krungkasem Srikrung Hotel)」

   今回の旅で最初の宿は、バンコク ファランボーン駅目の前、横の運河を挟んだ向いに佇んでいる老舗ホテル。   少し古いというのは事実だが、ローケーション、料金、ファシリティーが抜群のホテル。     バンコク 「ザ クルンカセーム シークルン ホテル(The Krungkasem Srikrung Hotel) 」         ■ ザ クルンカセーム シークルン ホテル(The Krung...

「真夏のクリスマス」~Thailandの街角はクリスマスデコレーションに溢れていた!!

   タイは今、雨季が終了し乾季に入っています。   すでに先週帰国しましたが、朝晩は多少涼しいものの昼間は陽が上がると、気温は30度を越えますので日本で言えば真夏の気候。   ただこの時期はタイでももちろん12月で、クリスマスシーズン真っ盛り。   街中には南国風のクリスマスデコレーションがあちらこちらに。。。     南国タイ 「真夏のクリスマス」デコレーション  ...

「ドンムアン空港」からバンコク市内へのアクセスは~やはりこれしかないでしょう!!そう鉄道。。。

   ドンムアン空港からバンコク市内までのアクセスは???   一番メジャーな移動方法は・・・、やはりバスかと思います。   A1~A4バスまで、カオサン地区とかシーロム地区へ行くバスとかがあり増えてはいますが、30バーツから50バーツ。(約100円~170円)   ただ鉄道だったら、5バーツ(普通)~20バーツ(快速)(約17円~68円)で、バンコクのファランボーン駅まで行けます。    ...

「エア・アジア(AIR ASIA)」~赤の落とし穴に思わずはまったが、「Now Everyone Can Fly」!! 

    タイの21日間の旅から無事に帰って来ました、3週間の旅はあっという間で、やはり最低でも一ヶ月は必要だと思ってます。   今年行った「カンボジア」、「韓国」の旅の記録も途中ですが、タイは今年3回目ですので、あくまでも初めての場所は別ですが、最新のこれはという情報を日付けは無視して案内していきたいと思います。   「エア・アジア(AIR ASIA)」 東京 成田空港~バンコク ドンムア...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.